美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2009_221 598
Jalan Imbiの新峰肉骨茶の斜め向かいにある蘇記炒粉で生蝦麺を食べる。このお店は60年以上営業を続ける人気店。エビは大きくてぷりぷりしているし、カリカリの揚げ麺に生姜の効いたあんかけが絶妙。さやいんげんもシャキシャキとした歯ごたえで、とても美味しい♪
このお店は、他にも牛肉河や紙包鶏(ペーパーチキン)などが名物のようなので、次回また食べに行ってみよう。

2009_221 602
ゴーゴー音がするほどの強火で餡などを炒めています。この強火が美味しさの秘訣なんだろうな。

■ 大樹頭蘇記炒粉
14 Medan Imbi
55100 Kuala Lumpur
スポンサーサイト
2009_221 932
オタオタを食べたフードコートでは、ほかにもいろいろ食べました。
茄子やしし唐などに魚のすり身を挟んで揚げた醸豆腐(ヨントウフ)やフィッシュボールなどを具にできる麺の店。麺も好みに合わせて、卵入りのmeeやビーフン、平打ち麺など種類が豊富です。

2009_221 944
さて友人が頼んだのは醸豆腐や揚げた湯葉(これがサクサクとした歯ごたえで美味しいのだ~!)をトッピングしたラクサ。上には辛いチリソースもかけてもらって。
私もこれにすればよかったなあ。そんな私が頼んだものは、また後ほど。
2009_221 564
相変わらずKLにいたら一度は食べたくなるチャイナタウンの板麺。この日もスープかドライかでしばらく迷ったけれど、定番のドライにしました。
具は、豚ひき肉、椎茸、きくらげ、イカンビリスなどの極めてシンプルなものなんだけど、手打ち麺のモチモチ感と相まって相変わらず美味しい!

お店がある通りはこんな雰囲気

過去記事
・ 板麺pan mee 2005年9月20日
2009_221 646
mee suah supを食べる。
mee suahは、麺線と書きますが、素麺のことです。友人が手作りした米酒をスープに使っているので、いい香りがしました。具は鶏肉と、揚げた針生姜、ふんわりした煎り卵、ふっくら干し椎茸。
チャイニーズが使う乾燥食材(シイタケ、ホタテ、アワビ等)って日本産だけど、日本で食べるものより数段美味しいんだよなあ。この干し椎茸もふっくらしていて、とても美味でした。
2009_221 813
アサリがたっぷり入ったラクサ。
ラクサは地域によっていろいろあるけれど、これはココナッツミルクたっぷりのカレーラクサ。揚げがスープをたっぷり吸って、じゅわーーっと美味しいんだなあ。
麺は黄色い卵麺のmeeで注文するのが私の定番。ビーフンとのミックスも好きです。
ラクサと一緒に飲んだのは、桔子酸梅というレモン・梅ジュース。右端にちょこっと映っています。
2009_221 479
ビーフボール好きの同行者が「食べたい!」ということで、おやつにチャイナタウン近くの頌記で牛肉丸麺を食べることに。
ここの名物は、牛肉丸がたっぷり入ったスープがついた混ぜそばです。

2009_221 480
牛肉丸がほらこんなにいっぱい。
むっちむちの牛肉丸に、たっぷりチリソースをつけて頂きます。

2009_221 481
固めに茹であげた細めんに、八丁味噌で味付けしたかのような濃厚味の肉餡をのせて、茹でた青菜をトッピングされただけのシンプルな混ぜそば。
久しぶりに食べました。美味しいなあ。こちらにもチリをかけて頂きます。
一食の量が(若干)少ないマレーシア。食べ歩きにはもってこいです。

過去記事
・ 頌記 牛肉丸麺 2007年3月23日

■ 頌記 牛肉丸麺
No 3 Jalan Silang, KL, Malaysia
2008_0401 323
さてFood Republicで何を食べようか考え、こちらのThye Hongの蝦麺にしました。

2008_0401 315
こちらのThye Hongはシンガポールでアワードウィニングな蝦麺、福建麺などのストールだそうで、満を持してマレーシアに上陸した模様。
なんだかカワユイ麦わら帽子をかぶった店員さんが中華鍋をガンガン振って炒めています。この帽子とのんびりした雰囲気、きっといわゆるプランテーションスタイルとかいうやつなのでしょうか。

2008_0401 314
麺をサーブする容器も竹製?の可愛いもの。

2008_0401 316
じゃーーん、これが蝦麺(Fried Prawn Noodle)。ひとつRM7.00(=\210円)+タックス。結構お高めですねぇ。こういうフードコートは町場の屋台と違って税金が5%が課されるのです。

2008_0401 318
横から。サンバルとライムと一緒に食べるとウマ!
でも、私はやっぱりマレーシアで食べる蝦麺のほうが好きかなぁ。福建麺もシンガポールとマレーシアでだいぶ違うのですねぇ。この米でできた麺よりも卵麺を福建醤油で炒めた福建麺のほうが美味しいのでした。
ちーと残念。

■ 泰豊 Thye Hong
Food Repblic Lot 1.41.00, Level 1, Pavilion Kuala Lumpur,
168 Bukit Bintang, 51500 K.L.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。