美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2007_1207 570
神楽坂のビストロ・ド・バーブに友人夫婦とディナーに行ったのは12月のことです。実は、これは品川のOutbackで無料ランチをたらふく食べた数時間後のお話なのです…。おそろしやー。

2007_1207 558
死ぬほどOutbackで飲み食いした後、重いお土産(ワインボトル2本、アメリカンなお菓子、ナイフ2本などなど)を持って街をさまよう。がんばってお腹を空かせなくては!と新宿にひとまずは出て、家電量販店に入って練り歩くものの、満腹すぎてすぐ疲れるのでした。もう帰って眠りたいねぇと悲しくなりながら、市ヶ谷のマックでお茶を飲んで時間をつぶす。そして予約の時間にお店に到着したものの、この辺りから意識がだんだん遠のいていくのでありました。
これはアミューズの豚軟骨入り煮こごり?リエット?なんだかそんな感じのもの。

2007_1207 559
このお店は、友人の一押しということで来るのを楽しみにしていたのに残念なコンディションでしたが、3,900円のディナーコースは前菜・メインとたくさんのチョイスから選べるので目移りしてなかなか決められないのだ。そしてどのメニューも野菜を多用するのが特徴的。これは女性には嬉しいお料理だと思います。私が選んだのはホタテの温かい前菜だったかなぁ。

2007_1207 561
これは私の連れが注文したメインだったかなぁ。お昼にリブだステーキだと食べた割には、あっさりと「あ!フォアグラがある!ぼくこれね。」と決めていた。フォアグラとか白子とかこってりしたものを好む割に痩せているから憎らしい。

2007_1207 562
これは友人のチョイス。オマール海老だったかな?前菜もお野菜がたっぷりだけど、メインにも野菜がたっぷりなのです。てっぺんのポテトチップスももちろんお店で手作りされた肉厚なもの。美味しかったなー。

2007_1207 563
こちらは友人夫のチョイスで、牛肉の赤ワイン煮込み。マッシュドポテトとお肉がどばーーん。
これを見ると「なんだ、野菜ないじゃない?」と思われるでしょうが、メインのお皿に野菜が盛り込まれないお料理の場合は温野菜盛り合わせが別皿で出されます。これがまたすごいボリュームなの。

2007_1207 565
これは私のチョイス。海老を包んだ若鶏のローストだったかな。海老と鶏肉という取り合わせが珍しくてこれにしてみましたが、しかしこれが、不思議と中華味なのでびっくり。

2007_1207 566
チキンの背中をナイフで開くと、こんな感じで海老が入っておるのです。八角系のスパイスを使っているのでしょうか。正直ちょっといまいちでした。野菜は美味しかったです。

2007_1207 567
デザートは、心惹かれるものがなく考えあぐねる。友人はキャラメルタルト。

2007_1207 568
残り三人はマロンのパフェだったかな。パフェと冠するデザートですが、バニラアイスに栗片と生クリームを混ぜ込んだもので、ちょっと脂っぽかったかなぁ。

全体的に小ぢんまりしていて居心地が良いお店でしたが、なにせコンディションが悪すぎた。お腹がいっぱいでいかに食べきるか(結局メインは少し食べ残してしまった!)で疲れしまった感じ。正直、食後は自分で撮ったこの写真も見たくなくて更新が延び延びになってしまったというわけでした。あほか。。。
このお店、ランチの評判がいいみたいなので今度はランチに行ってみたいな。

■ ビストロ・ド・バーブ
新宿区納戸町15-9 武石ビル1F
スポンサーサイト
2007_1207 579
新宿ってなぜだか美味しいお店が少ない地帯。歌舞伎町を抜けてエスニックや中華・韓国料理に行くならば美味しいものにありつけるけれど、こぢんまりとしたビストロだとかイタリアンってーとなかなか難しい。とはいえ、新宿御苑まで行きますと、ル・ビストロ・ダ・コテや、このお店セ’ラヴィー・ナガノもあるのですよ。美味しくて、雰囲気が良くて、安いというのはお店選びで重要な点だと思いますが、このお店のランチを食べてとーっても満足しました。
ちなみにこのお店に行ったのは、昨年の12月初旬であります。

2007_1207 578
ランチは1,260円~。温かい・冷たいスープと前菜、メイン、パン、コーヒー・紅茶で1,260円ってすごいなぁ。
私はこの日はサツマイモのスープだった温かいスープとズワイガニと赤ピーマンのプリンの前菜を。細長プレートに前菜(左)とスープ(右)、サラダが一緒に並んでとてもかわいい。本当はアナゴのなんとか(失念!)が食べたかったのですが、出遅れたため終了していました。残念。ズワイガニと赤ピーマンのプリンは赤ピーマンの酸味が利いたさっぱりしたもので、ゼリーとテリーヌの中間(どちらかというとゼリー寄り)みたいなお味。さつまいものスープも甘くて美味。

2007_1207 580
こちらは同席した人のチョイス。前菜はサーモンの何かだったかなぁ。

2007_1207 581
私のメインはビーフ。モモ肉だったかなぁ。しっかりとした味付けでちょっと喉が渇くような味付けだったけれど、付け合わせのポテトグラタンやパンと一緒に食べたらちょうど良い感じ。

2007_1207 582
こちらはお魚。白身魚の上にクリームソースが。切り身がとても大きくてボリューミ―。すごいなあ。
メニュー等すっかり忘れてしまったので、ぐるなびのメニューを見たけれど、12月のラインナップとはだいぶ変ったみたい。また行きたいなあ~。

2007_1207 583
地下一階にあるお店はとても狭くて、でもその空間は居心地の良いほどよい狭さでした。が、最近の都会ってとってもどぶ臭いと思うのですが、このお店もその弊害に悩まされているであろうどぶ臭さがほのかにあって(特にお手洗いがどぶ臭いのだ)ちょっと残念。でもこれはお店の問題というよりは、都市特有の問題だから仕方がないか。そういえば先日ラジオを聴いていたら、フランスでは地下にあるフレンチレストランはミシュランガイドには載らないと料理研究家が言ってました。評価対象にならないそうです。ミシュランガイドってどうなの??と猜疑心一杯の私ですが(ラーメンやそばを軽んじているところが、相容れないのだ!)、この点は確かになあと思ったり。

2007_1207 584
でもランチでこのお値段だし、穴倉のような空間は、たとえ地下だったとしても居心地が良いのでそんなに悪くはないと思うのでした。グラスワインを昼間から飲んで、なんだかポカポカして気持ちが良かったなあ。

セ’ラヴィー ナガノ
新宿区新宿2-8-10 日進ビルB1
CIMG0085.jpg
六本木ヒルズのジョエル・ロブションに行ったのは確か10月のことだったか・・・。そういえば、巷でうわさのミシュランで東京のジョエル・ロブションの3つのレストランすべてが星を取っていましたが、こちらも2つ星だそうで。ほえーーー。そうなんだ?そうなのかなぁ・・・。
この日は2,900円のランチ。最初のアミューズは薄切りバゲッド&リエット。これ、美味しいー!昼間からビールを片手にリエットをぺろり。幸せだなあ。

CIMG0086.jpg
そしてうれしいパン食べ放題!
ここのミニバゲッド、大好き♪それからブリオッシュが、バターたっぷりで罪悪感が沸きつつも2・5個食べましたー。

CIMG0087.jpg
パンが入っているバスケットって、IKEAのストックホルムとかいうシリーズのかごに似てるよなーなんて思いながら、キッチンを眺める。ロティサリーでクルクル美味しそうにローストされてるチキンが美味しそうだなあ。

CIMG0088.jpg
私はブルーチーズ(だったと思うけど)が入ったラビオリ入りコンソメスープ。サワークリームを添えてもらいました。可もなく不可もなく。

CIMG0089.jpg
同行者のチョイス。これは何だったのでしょうか?
口にしてないのでよく分かりませんが、冷たいポタージュにサーモンが浮いたものだったかしらん?

CIMG0090.jpg
私のメインはウズラ(だったかなぁ・・・)のロースト。フィンガーボールまで出てきたけれど、フォークとナイフで簡単にきれいに食べられるやわらかーいお肉でした。でもあまり記憶に残らない凡庸な味だったような。

CIMG0091.jpg
これは同行者のチョイスのお魚。これは一口頂いたのですが香ばしくて美味しかった!パプリカのソースだったかなー。
なんだか記憶があいまいでなんのレビューにもなりませんが、とりあえず「これ食べた!」という記録として♪
でもオープン当時に食べたときはもうちょっと華やかで美味しかったように記憶しているんだけどなあ。来るたびに「こんなだったっけ?」と思ったりもするけれど、六本木ヒルズらしい華やかなレストランだと思います。

■ ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
CIMG0252.jpg

煮こみやなりたにまた再び行ってしまいました。実際には前回が8月半ばの訪問だったのですが、今回は10月の下旬ごろの訪問です。
予約のための電話を2週間以上前にしたら「今は予約は2週間前に受けているんですよ~!」とのこと。そういうわけなら、ときっかり2週間前の夕方18時半頃にお店に電話するともうカウンターは予約でいっぱいとのこと!すごいなぁ。たった1時間やそこら出遅れたらもうカウンターは満席だなんて!
というわけで、店内のカウンターが辛うじて眺められる横のテーブルを予約しました。今回はちょっとしたお祝い事があったので、連れと一緒に「飲むぞー!」と張り切っての襲撃。
一杯目はエビスの生で。

CIMG0254.jpg

とりあえずでエスカルゴ。はじめに出してくれるフランスパンでガーリックバターのソースをしっかり拭ってきれいに食べます(笑)。

CIMG0256.jpg

お次は砂肝のサラダ。今回はパスしてもいいかな?とも思ったのですが、連れが初訪問なのでとりあえず注文してみました。心なしか前回よりもボリュームが多くて一生懸命食べたのだけれども、完食できず。。。無念。

CIMG0260.jpg

ビールの後は白ワインに。辛口さっぱりという好みを伝えて選んでもらいました。

CIMG0258.jpg

こちらは連れチョイスのフォアグラのパイ包み(1500円)。バターでソテーされたインゲンが山盛りっ。

CIMG0259.jpg

大きなパイ包みをナイフで切ると、ソテーされた玉ねぎとフォアグラ、あと鶏肉か何かのお肉がたっぷり詰まっています。ほほい!
これ、玉ねぎがたっぷり入っているのでフォアグラの濃厚さが緩和されて美味しかったなー。連れはこれとエスカルゴがとても美味しかった!とご満悦。

CIMG0265.jpg

さて食べすぎ気味ですが、最後に牛ハラミのステーキ(1800円)。提供されるまで時間がかかるお店なのでこの段階ですでに2時間弱が経過していたかなぁ。

CIMG0266.jpg

これもすごいボリューム。マスタードをたっぷり塗りつけて豪快に食べました。

CIMG0268.jpg

そして結局ワインは二本目へ突入。今度は赤。一人一本飲んでいる計算に…。飲みすぎっ。

CIMG0269.jpg

しっかりワインを飲みきって、最後はカプチーノと洋ナシのソルベで終了。
なんだかんだとこういうスタイルの洋食が我々にはしっくり来るなぁと思いました。また行こうぞよ。

*過去記事 【代々木】煮こみやなりた 071017

■ 煮込みやなりた
渋谷区千駄ヶ谷5-20-19
2352.jpg

代々木にある予約の取れないワインバー煮込みやなりたへ。もともと席が少ないということもあるのでしょうが、料理の豪快さ、値ごろ感、居心地のよさなどから連日盛況のビストロ。なりたさんというシェフとじゅんさんというソムリエ兼サービス係のお二人で切り盛りしている素敵なお店です。
さて争奪戦激しいカウンターに座って、何を飲もうか考えますか。
写真中央に見えるのは、タジンの蓋です。

2350.jpg

このお店、予約時にお酒を飲めるかどうか聞かれるのですが、お料理のボリューム満点度とお値段からして、お酒を飲まないと申し訳ない感じ。二人でワインのボトル1本がミニマムな線かなあ。ドリンクメニューはとにかくワイン!それからエビスのドラフトがある程度でソフトドリンク類はないので、全く飲めないという人は行けないような雰囲気です。
さて、エスカルゴ(700円)を注文し、スパークリングワインで乾杯。
ここのバゲットがモチモチしていて美味しいのだ。エスカルゴのガーリックバターをたっぷりつけていただきます。

2348.jpg

さて来ましたっ!砂肝のサラダ(1000円)。厚切りのベーコンとふわふわで臭みもクセもまったくない砂肝ちゃんがたっぷり。胡桃もチャンキーで美味。
二人でシェアするには大盛りすぎるサラダ。ドレッシングもシンプルでとっても美味しいのだけど、4人ぐらいでシェアするのがちょうど良いんだなあ。

2349.jpg

サラダを豪快に食べ進みながらスパークリングワインをグビグビと。
カウンターでサクサクと作られている料理を見ながら、友人とバカ話で盛り上がる。

2351.jpg

そしてメイン登場!これは羊のナヴァラン(1500円?)だったかな。メニューを見ながら「ナヴァランってなんだろ?」と友人とぼそぼそ話していたら、シェフがすかさず「煮込みです!」と教えてくれました(笑)。忙しそうでもちゃーんとお客さんの会話が聞こえる距離のカウンターって大好き♪
そして看板が煮込みやだけのことはあって、この羊の煮込み、すんごく柔らかくて美味しかった。お芋もホコホコだけどに崩れてなくてパーフェクト!

2353.jpg

赤ワインにスイッチして羊を食べていたら、結構なボリュームなのにあっさり食べ終わってしまったのでもう一品お肉をということで鴨のコンフィ(1500円?)。
フリットが山盛りで、瓶ごとどーんと出されるマスタードと鴨が絶妙。あー美味しかったな。
アットホームさと、豪快さがとても気に入ったのでまた来よう!と胸に誓った夏の日なのでありました。(そう、これも夏のお話でした。しかしそろそろやっと秋の話題になります!)

■ 煮込みやなりた
渋谷区千駄ヶ谷5-20-19
20070919171842.jpg
これもだいぶ前に行ったお店の写真です。
新宿御苑前にあるフレンチビストロのル・ビストロ・ダ・コテで友人とランチをしたのですが、ここ1500円でボリュームたっぷり!
私は前菜にアナゴをフライにしたもの。洋風天婦羅ぽい感じで食感が良くサクサクで美味でした。酸味のきいたソースも絶妙で。

20070919171853.jpg
メインはラムのソテー。もうちっと気の利いた名前が付いていたように思うのですが、すっかり記憶の闇へ。柔らかいラムは癖もなく食べやすかったです。付け合わせのお芋もポテトグラタンだったので嬉し♪

20070919171902.jpg
デザートはクレープシュゼットをチョイス。
前菜、メイン、デザートはそれぞれ5・6個のメニューから選べるようになっていたように記憶しております。デザートと一緒にコーヒーも出て1500円なのだから、お得感いっぱいでした。

モリモリと出していただけるバゲットに、たしか100円の鴨のリエットをたっぷり塗りながら、昼からワインを飲んでゆっくり食事ができて、このお店、とても気に入りました。
人気があるようで、ランチはオープンの12時と同時に予約席が一杯になっていたので予約は必須だと思います。

ル・ビストロ・ダ・コテ
新宿区新宿1-6-11 永井ビル1F
トロカデロ 肉
バースデーパーティーで下北沢のフレンチビストロへ。商店街の中に突如出現する庶民的おフランス空間は、下北沢っぽ~い!

トロカデロお店の1階は狭いけれど数席の客席があって、2階はちょっと大きめなテーブルとバーが。3階は上がっていませんがこれまたバーになっているみたい。下北沢だのに外国人率が非常に高いお店でした。
お店のほうもフレンチタイムで、待てども待てども最初のお料理が出てこなくてちょっとイライラしてしまいました。
ワインをあけて20人で乾杯。そして歓談していたら、やっと一皿目が登場!みんなのテンションが一気に上がって笑えた~。
フレンチビストロなので、とてもシンプルな前菜(?)だったんだけど、これがワインにとてもあって美味しかった。写真だと暗くてよく見えませんが、サラダにカマンベールチーズがトロッと溶けた温かいバゲットの一皿でした。

トロカデロ 魚そしてまただいぶ間があいて(笑)、メイン。
魚組みと子牛組みに分かれて、魚が余っていたので魚のプレートをゲット。お子様プレートみたいな、機内食みたいな、面白い料理でした。ムール貝、海老、サーモンなど食べやすい魚介類とピラフのコンビネーション、美味しかったな。
同伴した連れは子羊にしていたけれど、こっちはビーフストロガノフみたいだったな。

トロカデロ アップルパイ最後はパイ。自家製のクラスとは素朴な味がしました。かみ締めるとじわじわ味わい深くなる味でした。
しかし体調不良のため、パイはあまり食べられず。ざんねーん。
今思えば、デザートと一緒にコーヒーとかも出てこなかったなあ。サービスはあまりいいとは言えなかったけれど、でも給仕の男性たちはチャーミングで雰囲気は良かったな。
普通に食事しに行ってみたいな♪


トロカデロ
世田谷区北沢3-30-3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。