美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2008_0401 387
夜のパビリオン。こちらは普通のパン屋さんのカフェなんだけど、なんだか素敵。

2008_0401 377
こちらはグラウンドフロアの飲食店。

2008_0401 378
この先にもレストラン&バーがたくさん連なっています。ああ、楽しそう。

2008_0401 382
突き当りまで行くと、ツインタワーが見られます。雲とツインタワー、幻想的。

2008_0401 390
こちらはLot10とスンガイワンのある交差点の方面。Regentホテルの通りはパビリオンができてから人通りもあってだいぶ賑やかになりました。
スポンサーサイト
2008_0401 259
そういえばマラッカでニョニャ料理をまだ食べていなかったよ!ということで、ニョニャ料理の店に入ることに。しかしまたしてもメチャクチャなスタイルの店内インテリア。
ニョニャ料理を出すなら、もうちっとニョニャ風にしてもよさそうなものを…。

2008_0401 260
ジャングル・・・?
まぁとりあえずビールを飲んで一息つこう。

2008_0401 258
食べたかったポーピアもすでに品切れだったので、ニョニャ風ミーゴレンを。どこら辺がニョニャ風?

2008_0401 261
こちらはニョニャラクサ。ココナッツミルクがたっぷりなのですね、たぶん。
写真はないけれど、サンバルカンコンも食べました。これはとっても美味でした。
2008_0401 242
夜のジョンカーストリートを歩いていたら、人だかりが目に付いた。覗いてみるとなんと、寿司屋台が出ているではないの!

2008_0401 243
持ち帰り用で握ってもらっている人もいるし、通りにしつらえられたテーブルで握りを食べている人もいるし、そのまま寿司屋台のカウンターで立ち食いしている人もいる。お茶を立ち飲みしている人もいますよ。うわー、なんて粋なんでしょう。昔の東京のお寿司もこんな雰囲気だったのかなあ。

2008_0401 245
握る職人さん、ちゃんと立派な包丁でマグロなどのネタを切っていたし、包丁さばきや扱い方がお上手でした。すごいなあ、日本の寿司文化。ここまで来ると立派ですなあ。
2008_0401 326
日々新しい建物がニョキニョキ建つ最近のKL。パビリオンはKLの繁華街Bukit Bintangにできた最新のショッピングスポット。ウェスティンホテルやJWマリオットの向かいにはその昔小学校があったのですが、そこが閉校になり、数年後このような大規模ショッピングセンターができたのであります。小学校があった時代が懐かしいなぁ。

2008_0401 328
ParksonやTangsなどのデパートも充実してます。JWマリオットとリッツカールトンに付随したスターヒルセンターが超高級路線なのに対して、ここは上の下という感じ?中がLot10で、庶民のショッピングセンターがSungai Wangでしょうか。スンガイワンが一番楽しい買い物どころというのが正直な感想です。

2008_0401 319
ショッピングセンターにお約束のフードコートは、このパビリオンにもありまして、Food Republicといいます。こんな感じで真新しくてきれいな空間が心地よい。

2008_0401 320
Food Republicはパビリオンの地下2階だったかな?ワンフロア全部が飲食店などが詰まった食のパラダイス!従来のフードコート同様いろんなブースがありつつ、レストランなども入っています。クリスタルジェイドもありますねー。

2008_0401 321
ローカルにも人気なMadam Kwan'sもありますねぇ。

2008_0401 322
トニーローマも!でも豚のスペアリブは出ないわけだし、何が出るのかしら??

2008_0401 312
こんなドーナツ屋もありましたよ。

2008_0401 325
なんでもインドネシア発のドーナツ屋さんで、今のところシンガポールとマレーシアにチェーン展開しているみたい。この他にもMidvallyに新しくできたThe Curveというショッピングエリアにも、Big Apple Donuts& Coffeeなんてお店ができていました。
こちらのブログにそこのドーナツの写真がありましたが、まさにクリスピークリームそっくし。でもドリアン風味ドーナツなども並んでいて、そこは東南アジアスタイル!
さすがにマレーシアに来てまでドーナツは食べたくないし、並ぶ時間ももったいないのでウォッチングに終始しました。他にもフランスのパン屋さんPaulもできるそうで、世界の食のブームって似たり寄ったりになってきちゃってつまらないなぁと思ったり。
お手軽なフードコートもいいけれど、やはり現地色豊かなお店でそこにしかないものを食べるほうが楽しいし美味しいよなあ。
2008_0401 066
また更新が途絶えましたが、マレーシアの記事は続きます。
ちなみに、北京に行ってきました。
さて、夜市(Pasar Malam)へ。ここはタマネギ、にんにく、じゃが芋、生姜、乾燥唐辛子、などの乾燥系(?)野菜を売るセクション。

2008_0401 067
こちらは葉物野菜。左側はカンコンかな?

2008_0401 069
手前から撮っているので、なんだか野菜が見にくいですなー。何の野菜だったのだか・・・。

2008_0401 068
こちらはさつまいもの葉だったかな?

2008_0401 070
これはキャロットケーキをザーサイとニンニク、卵、ネギ、もやしで炒めて濃い口醤油で味付けするものを売ってる屋台。

2008_0401 071
肝心の料理の完成写真がないのですが、これはチャークイティアオっぽい感じのお料理です。

2008_0401 077
お菓子屋さん屋台で買ってきたクエニョニャ(ニョニャ風お菓子)。
この青い色素を使ってもち米を着色するのがニョニャ風なのだそうだ。青は花から抽出した天然の色素とのこと。昔デーリーポータルの記事で、食べ物に青色色素を混ぜる青色実験というのがあったけれど、その記事では食欲が失せてダイエットになるとか何とかということになっていたけれど、その対極を行くクエニョニャ。もう堂々と青。潔く青なのだ。もちろん食欲は失せることはなく、美味しく頂きました。
お味はもっちりもち米を甘くココナツ風味に味付けしてあって、上部にはココナツフレークに黒砂糖をしっとりしみこませたものが添えてあって美味。油っこくていい加減に作った和菓子みたいな味といえば想像つくかなぁ。
Jacob's
朝ごはんの定番、Jacob'sの野菜クラッカー。
これ、ちょっとおつまみにもいいのではないか?という味(ネギの味もしっかり効いていて美味!)なのです。ちょっとほの甘い中にネギやらなんだか不明な野菜の味がします。
中華社会ではこの手のクラッカーが百花繚乱状態なので、いろんな種類がありますが私はダノンのJacob'sのこの野菜クラッカーが一番好きです。
パサールマラム
マレーシアではどんな場所でも週に最低一回はPasar Malamという夜市が立ちます。
マレーシアはご存知の通りインド人、中国人、マレー人が混在する多民族国家で、独立以後はマレー語をベースとしたマレーシア語が国語としての立場を確立しますが、各民族の言語(中国の各方言、タミル語やヒンドゥー語など)が今でも生活レベルでは使われている多言語環境でもあります。そんなマレーシアで各民族が日常的なコミュニケーションを取る場所が市場。文法を無視して簡易的に使われるリンガ・フランカのことをバザール・マレー(市場のマレー語)といいますが、確かに市場では日常ではあまり接点がない各民族が買い物という行為を通じて、顔を突き合わせています。その様子がなんともダイナミックかつ大らかで、楽しい。
パサール・マラムでは、鮮魚、精肉、果物野菜、菓子類、生麺などの食材のほかにも衣類、おもちゃ、工具類、アクセサリー、食べ物など幅広い商品が売られています。本当に賑やかで楽しいお祭りみたいな空間です。外国人旅行客が見て楽しいのはやっぱり色鮮やかな現地の野菜や果物、それから庶民的な食べ物なのでは?南国ならではの珍しい果物も非常に安く売られています。好きな数だけ買うことができるので、試してみたい果物を食べる良いチャンス!
市場
↑はPasar Tani(農産品を売る朝市の風景)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。