美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2009_221 1557
飛行機に乗る直前に購入してきた冷凍ロティチャナイと冷凍ダールカリー。

2009_221 1558
弱火のフライパンでじっくり焼いたら、パリパリサクサク!クロワッサンのようでもあり、若干屋台のロティチャナイとは違ったけれど、これも美味しい!
今回はあまりインド系の食事を食べる機会がなかったので、それが残念だったけれど、これでちょっと満たされた!また日本が寒い季節に帰国する時には冷凍食品を買ってこよう。
スポンサーサイト
2009_221 643
ロジャ食べる?と聞かれて、二つ返事で待ち構えていたら、どうもいつも様子が違う。ロジャと言えば、パイナップルやキュウリなどを甘塩っぱいソースで和えて食べるマレーシア式サラダのような食べ物ですが、これは普通の麺じゃない??

2009_221 644
これはpasemborとも呼ばれるインド系のロジャのようで、私がいつも食べていた中華系ロジャとは全くの別物。
具は、黄色い卵麺のmee7割、ゆで卵、厚揚げ豆腐、茹でジャガイモ、キュウリ、もやし、揚げたインドパンなどなど。それに甘辛いピーナッツソースをたっぷりかけて食べます。見かけはちょっと派手派手しいけれど、食事としてあり!な美味しさです。
特に揚げたインドパンが、外側クリスピーで中がモチモチで、とっても美味♪茹でジャガイモが具になるというのも、マレーシアでは珍しい感じでしたが、芋好きとしては嬉しい。
2009_221 257
ぺナンに到着した前日は、インド系の大祭タイプーサムがあった日でした。KLのバトゥケイブの儀礼の様子は見たことがありますが、ペナンもインド系が多い地域なので大規模な屋台がたくさん出ていて、一度見てみたいなあと思います。
映画館もバナナの葉で飾り付けられていました。

2009_221 258
こんな感じ。
インド映画専門の映画館オデオン。

2009_221 415
さてお腹が減ってきたので、ナシカンダーでも食べましょう。

2009_221 414
今回はこちらのお店で。

2009_221 413
二人でひとつをシェアすることに。
ブリヤニにインゲンの炒め物、鶏のから揚げ、マトンカレー、チキンカレーなどをトッピング。
ぐちゃぐちゃに見えますが、本当に美味しかったなあ。また食べたいよ~。連れは「チキンが美味しい!」ともう1ピースお代わりしてました。

2009_221 409
店を出たら見かけたシール。すごい論の展開の仕方!気になってこのURLをチェックしてみたら、不思議な無料衛星放送のサイトへたどり着きましたが、新しい宗教かなにか??
ちょっと不思議すぎて(怖いとも言う)あれなので、深く追求をするのはやめておきたいと思います(笑)。

■ Nasi Kandar Yasmeen
177 Jalan Penang
10000 Penang
2008_0401 163
サパータイムアゲイン!

2008_0401 162
夜食を食べるときはインド系のお店に行くことが多いかも。
さてタンドーリが置かれたこのお店で食べた夜食は…

2008_0401 161
タンドーリチキン。かなり無造作な感じ。

2008_0401 160
お供にはもちろんナン。タンドーリで焼いているそばからいい香りが店中に充満します。朝の食パントーストを思い起こさせるようなイーストの香り。
2008_0401 098
マレーシアに来たら一度は食べたいロティチャナイ。ロティチャナイとカレー2種で15円。

2008_0401 096
ロティチャナイを食べるときはテタレが飲みたくなります。
テタレを注文したのに、テススが来た。
(注)テタレ(teh tarik)とは、濃く淹れた紅茶に練乳を加えたものを、よく混ぜるために二つの容器に曲芸のように入れ替えながら空気を入れて滑らかにする技術を用いた飲み物。なんて説明をすると大仰ですなー。いろんな理由があって紅茶液を高いところから低い所へ注ぐようですが、その様子はなかなか圧巻。目にも楽しいです。
一方テスス(teh susu)はカップに練乳を入れて、そこに濃い紅茶液を注いだもの。テーブルで各自混ぜて飲むのであります。

2008_0401 101
こちらは右がトーサイ(tosai)、左がロティトゥルール(Roti Telor)。
トーサイはインド式酸っぱいクレープ風のもの。これ付けだれがにんにくたっぷりのなにかがついてきて、美味しいんだなあ。ロティトゥルールは、広げたロティチャナイの生地に卵を入れて包み焼いたもの。

2008_0401 104
「久し振りだからこれも食べたいでしょう?」と導かれるままに注文したのがロティティシュー。ティッシュペイパーのようにうすーくパリパリに焼いたものです。
練乳とはちみつとグラニュー糖・クラッシュドピーナツをまぶしてあるのでデザート風味。うまいんだなー。甘いんだけど、これもカレーを付けたりして食べますのよ。
Nasi Briyani dan Kari ayam
ペナン島は「マレーシアのグルメ首都」と良く評されるのですが、バランスよく色んなものが交じり合っていて色んなものが食べられる雰囲気が、確かにグルメ首都かな~?という感じ。
インド系の料理店も大きなものからオーセンティックなもの、古びた路地裏の伝統的なお店など、色んなタイプのお店があってペナンに行くとこういうお店をはしごするのが楽しいのです。10年以上前に東南アジアをマレー鉄道で旅行したときに出会った思い出深いインド料理屋は今でも健在で、通りがかるたびに懐かしい青春の頃を思い出します。
はてさて、そんな懐かしい雰囲気一杯のペナンのメイン通りでNasi Kandarの店で食事を。
私はブリヤニライスに、羊のカレーと鶏肉のカレーを。好きなおかずやカレーを好きな分だけご飯に掛けてもらうNasi Kandar、大好き!

Nasi Briyani dan Kari Sotong
こちらはブリヤニライスにイカのカレーと、イカのフリッター、野菜を乗せてもらったプレート。飲み物はTeh Susu Ais(アイスミルクティ)とTeh Limau Ais(アイスレモンティ)。
イカのフリッターは作り置きで冷めているんだけど、サクサクした食感はちゃんと残っていて美味!

Roti Tissue
デザートにはRoti Tissueを。Roti Canaiと同じ生地を薄ーく伸ばして鉄板でパリパリに焼き上げ、蜂蜜とピーナッツ、バターを塗ったもの。

Roti Tissue
テーブルに持ってきてもらうとあまりに仰々しくて笑っちゃいます。
縦に長くて横置きにするとはみ出ちゃうので、お皿を三枚持ってきてそれを並べてやっと横置きにする仰々しさ(笑)。

Roti Tissue
Roti Canaiと同じ生地とはいえ、食感も味も全然異なるもの。Rotiのバリエーションはお店により異なりますが、多い店だと10種類ほどあったりします。甘いデザート系のものから卵やサーディン、タマネギの入った食事系のものまで幅広くてまるでクレープみたい!
Mamak style Nasi Goreng
インド系ムスリムの屋台でナシゴレンをブンクス(持ち帰り用に包む)。宿でタイガービールとともに流し込む。ぷはーーー。
しかしチリをたっぷり足してもらったにも関わらず、あまりパンチのない味で美味しくなかったなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。