美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ある日の夕飯
中華正月は大晦日の夕飯が重視されるので、元旦に当たる一日の夕食はすでに質素なものになります。そんな元旦の夕食を知人の家で頂きました。

発菜元旦は発菜と呼ばれる長いままの野菜のスープを飲みます。縁起がいいからなのですが、切らずにそのままダラーンと入っているので食べにくいこと。
中華系の家で食事をしていると、スープはテーブルの真ん中において、みんなでシェアするので、最後のほうになると椀の底にご飯粒が沈んでいたりします。orz
韓国料理のチゲなんかもスプーンでシェアして食べますが、思えば日本の食事にはこういう文化はないので、シェア文化に慣れたとはいえ時々「おえっ」と思うこともありますねぇ。
スポンサーサイト
ココナッツ餅

もったりココナッツ餅こちらもお正月ということで、知り合いから頂いたお菓子。Gula Melakaと呼ばれる黒糖とココナツミルクともち米の素敵なハーモニー♪とにかく重たいお菓子です。800gほどあるので、もてあまし気味。どうしよう…。
ネンガオ

ネンガオ正月に欠かせないネンガオ。日本で言うところの鏡餅みたいなものと言えるのかな。甘いもち米の液状のものを型に入れて出来上がり。出来立てはプニプニしていて、ういろうみたいなのですが、そのまま祭壇などに飾って、カチカチに固まった頃に切って油で揚げて食べます。
揚げ菓子
これも正月菓子の一種。
小麦粉系のお菓子です。金属製の型をドロドロ状態の生地に浸けて、そのまま高温の油の中に型を入れます。しばらくすると型から生地がふわりと外れて、このような面白い形に揚がります。生地には胡麻などが入っていて、甘くて香ばしいサクサクのお菓子。
イモフライ
旧正月は沢山のお客さんが家を訪れるので、数種類のお菓子を用意するのが慣わしです。
伝統的な干し梅系やポークジャーキー、落花生、クッキーなどが中心かな。ポークジャーキーはアメリカで売っているようなビーフジャーキーとは違って、ジューシーで味がしっかり付いているタイプ。ちょっと甘めだけど慣れると病みつきになります。こちらでは店頭でパンにはさんだジャーキーサンドなども売ってます。

昔はお正月前に女性たちが一生懸命お菓子類を準備しましたが、最近は買ってすますことがおおいそうです。
イモフライ正月用のお菓子を準備するよ、と聞いて友人の家に行って来ました。これは何かの芋の一種を5mmほどにスライスして、キッチンペーパーで水分を拭き取ってから油で揚げただけのお菓子。食感は厚切りのポテトチップスのよう。味はじゃが芋より濃厚なので揚げた後は塩も振らずにそのまま保存して食べます。今回2kgを切って揚げたのでトータル3時間は掛かったかな。一種類のお菓子を用意するのに3時間も掛かるのだから、やはり正月菓子は買って済まそうとなっても仕方がないのかもしれませんね。
MH
マレーシアへ戻る飛行機の機内食。飛行機は今まで乗ってきた中でナンバーワンに輝くような乗客率の低さでした。先日の大雪で麻痺した空港は、その翌日も乗客をさばけなかったようで、大混乱に陥ったそうです(空港に向かう電車の中で、航空会社の地上職員さん同士の会話を盗み聞きしました)。というわけで私が出発した日も大変なことになっているかもしれない、とその職員さんたちは話していましたが、ふたを開けてみればガラ空きのマレーシア航空なのでした。やっぱりマイナーなのね。

MHアイス人が少ない割には希望したビーフの機内食が終わってしまって食べられなかったので、蒸したスズキ(和風)を食べることに。これがまぁ美味しかったこと!和風と言われましたが、卵の白身あんかけのようなソースに蒸してもなおジューシーなスズキと野菜、そしてむっちり日本米というコンビネーションはなかなかなのでありました。食後はハーゲンダッツのアイスを。

MHスナック到着前に出される軽食は、ポテトサラダをはさんだロールパンにオレンジジュース、チープな味が懐かしいイチゴゼリー、キットカット、森永のムーンライトビスケットというなんだか血糖値がどばーっと上がりそうな甘いミール。マレーシアに着いたら食べなさいな、と母が愛情たっぷりのおにぎりを持たせてくれたのでゼリーだけ食べました。深夜、母のおにぎりをちゃーんと食べました。美味しかった。

ある日の夕食
ある日の夕飯。カボチャを煮てバーミックスでつぶして、牛乳を加えて軽く調味しただけのシンプル・ヘルシーカボチャスープを作ったので、ついでに夕食を作ることに。

ふろふき大根昆布が大量にあったので、大根をことこと煮てふろふき大根に。柚子味噌をのせて。大根って昆布と相性がとっても良いのですね。おでんの大根も大好きだけど、ふろふき大根も大好き。柚子味噌みたいな甘塩っぱい味が好きだからかな。他にはカキフライも作成。
北海道土産のタラバ蟹があったので、それも食す。思わず豪華な夕餉へと。

柚子じゃこご飯私の十八番、柚子胡椒とジャコのピリ辛ご飯。上沼恵美子の料理番組で何年か前に見てから良く作るのだけど、これ周囲には評判が良いご飯です。セロリをみじん切りにして、バターで炒めて(バターってところで驚いてしまいそうですが、これが結構美味しいのです!)、そこにジャコと輪切りの唐辛子、柚子胡椒、しょうゆ(私はポン酢を使う)を入れて全てに火を通してから、炊き上がったご飯に混ぜるだけ。これがとても美味しいのです。
竹の子 ふぐ刺し
八重洲にある、豊後の味が楽しめる「竹の子」へ連れて行ってもらいました。ふぐ!

竹の子 ビール竹の子 辛子蓮根
生ビールで乾杯。モンドセレクションで金賞を受賞したあのプレミアムモルツ生です。お客さんの評判は半々に分かれるそうですが、私はサッパリしててフルーティな感じがするので結構好き♪九州といったら辛子レンコン。

竹の子 関さば・関鰺竹の子 茶碗蒸し
関さば、関アジのお刺身。スーパー美味!
ふぐ入りの茶碗蒸しも美味。茶碗蒸し、久方ぶりに頂きました。

竹の子 ふぐの唐揚げ竹の子 カボス酒
ふぐのから揚げってジューシーで鶏のから揚げより好きかも。しかし贅沢よのぅ。美味しかったのは食べ物だけにあらず。大分名産のカボスを使ったカボス酒もさっぱりしてて美味しかった!

竹の子 てっちり竹の子 お漬物
ふぐといったら、最後はてっちり。今回はすぐにふぐの身を食べずによーく出汁が出るように我慢してゆっくり食べたので、最後の雑炊が美味しかったなぁ。

竹の子 雑炊竹の子 胡麻アイス
最後の胡麻アイスはちょっと微妙でした。

竹の子
中央区日本橋3-2-16 マスヤビル
egg tart
アンドリューのエッグタルト。関西を中心に日本で展開していたマカオ発のお店。じわじわ関東にも出店しているようです。

egg tartHPを読んでいて知ったのですが、「マカオにあるロードストーズベーカリーの英国人、アンドリュー・W・ストウ氏によって開発されたお菓子なのです。卵とタルトの微妙な配合から生みだされたこの素敵なお菓子は、アジアで飲茶のデザートとして昔から親しまれている「タンタ」やポルトガルで古くから食べられていたお菓子「パスティス・デ・ナタ」とは全く異なるものなのです。」とのこと。このタイプのエッグタルトってアンドリューさんの発明だったのですね~。私はどちらかというと、焦げ目がついたこのタイプのほうが好きです。


アンドリューのエッグタルト 羽田ビッグバード店
大田区羽田空港3-3-2 第一ターミナルビルB1
刀削麺
秋葉原のヨドバシカメラに行く用事があったので、8階のレストラン街で食事しました。どのお店も混んでてすごい盛況ぶり。その中で一番空いていた刀削麺の店へ入ってみました。私が食べたのはタンタン麺。かねがね食べてみたいと思っていた刀削麺です。美味しさへの興味もさることながら、塊になったドーを持って、そのままグラグラ沸いたお湯に削り入れてゆく方法で作られる麺ですが、こういう茹で方だと最初に削り入った麺と最後のほうに入った麺の湯で具合がバラバラになっちゃうんじゃないのかなあとずっと不思議に思っていたのです。

刀削麺
もっちりした食感の麺を食べてみてわかりました。あまり腰とか関係ない類の麺なのですね~。すいとんチックというか。もちもちしていて最初は美味しく食べていたのですが、量が半端でない。多すぎて食べられませんでした。そして途中で飽きちゃいます。やはり空いているお店にはそれなりの理由があったのか?刀削麺荘のほかの店舗では、小皿料理があったり、刀削麺のサイズも選べたりするみたいで、きっとこうやって食べたら美味しいんだろうなあ。秋葉原のようなさっと入ってさっと食べるという食文化が根強い街では、どんぶりやラーメンのような単品メニューが普通のようで、この店もでかいどんぶりにどーーんと入った刀削麺ばかりでした。それから油っぽいのでもっと大量にパクチーを入れてもらえたらありがたかったかしらん。

刀削麺荘 ヨドバシAkiba店
千代田区神田花岡町1-1ヨドバシAkiba8階
ディンタイフォン
また~?と思われてしまいそうな鼎泰豐へ行きました。今度は新宿タカシマヤのお店。ここに来ることが一番多いです。

ディンタイフォンディンタイフォン
海老炒飯、久しぶりに食べました。ここの海老ってぷりぷり具合は美味しいのだけど、海老の旨みが無いんだよなぁ。

ディンタイフォン連れはチャーシュー麺のセットにしてました。しょうゆの味が濃厚なサッパリタイプで美味しい。
そういえば、恵比寿に京鼎樓が出来たというではないか!行きたいよー。日本って世界の色々なものが食べられてすごいなあ。帰国したら行ってみたいです。




*過去記事 小龍包ランチ@シンガポール

■ 鼎泰豐
渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ10階
中村屋ルパ
新宿中村屋本店の二階にあるレストラン、ルパには子供のころ母によく連れて行ってもらいました。祖母が歌舞伎町で育ったので、母も若いときには祖母によく連れて行かれていたのでしょうね。中村屋は当時としてはハイカラで、中村屋がスポンサーになって世界旅行をしていた夫婦が世界各地で出会った珍しい食べ物、美味しい食べ物を持ち帰り、中村屋が商品化していたそうです。中国でであったのが月餅。ロシアで出会ったのがボルシチという具合に。そういう壮大な歴史を知ると、一見ハチャメチャに見える商品ラインアップにもロマンを感じるこの単純な感性!ちなみにこの夫婦の奥様、黒光(こっこう)さんは外国語に堪能で、いろんな国に行く夫に付いて行っては優秀な通訳として活躍したそうです。中村屋にインドカリーがあるのも、中村屋がインドの革命家の青年をかくまっていたことに端を発します。その後青年は中村屋の娘と結婚して、政治的初心は置いておいて、祖国の味を伝えることに専心するのです。面白いなあ。

昔ちびまるこちゃんの実写ドラマかなんかがあった様に記憶しているのですが(さくらももこの半自伝ドラマかも)、鷲尾いさ子(現中村トオル夫人)が煎餅屋に嫁いだインド人の嫁の役で、煎餅屋が長年大事に使ってきた釜で、「お世話になった皆さんに食べてもらいたいのっ!」と張り切ってタンドーリチキンを焼いてしまって、長年使ってきた大事な釜がヨーグルトと香辛料の臭いが染み付いてしまい、お義父さんを激怒させてしまうみたいなエピソードがあったのですが、中村屋も当時はカレーにボルシチ、月餅と「一体お前さんは何をしているんだね?」と旧体制に叱責されたんだろうな。でもモダーンなものを取り入れていく攻めの姿勢は面白い。

というわけで、昔から大好きなナポリターノを注文。土鍋に入った熱々のトマトスープ麺なんだけど、麺は幅広の中華卵麺。これは乾麺を茹でて使っているので独特の食感。スープはトマト味でアサリやオニオン、マッシュルームがポコポコと入っています。イタリアンなのか中華なのか判別が付きにくいこれぞ中村屋!な一品。
中村屋ルパ連れはスープカレーを食べておりました。これ、何かのテレビで韓流タレント、パク・ヨンハが美味しいと紹介していたみたいで、壁にはサイン入りのメニューが掲げてありました。北海道名物のスープカレーが中村屋にも登場。もう本当になんでもあり。カレーにはヨーグルトを入れて食べるそうです。
とりあえず韓流な一般人の連れは、食後しばらく経つと「もたれる…」といってました。極度の胃弱。文豪かい!

新宿中村屋本店 ルパ
新宿区新宿3-26-13
2005_0223_143448AA.jpg
青山の糖朝の手前にあるランス ヤナギタテの柳舘氏がオープンさせたカフェスタイルのレストラン。軽食中心ながらどれも手が込んでいて美味しいので気に入っているお店。

一つのものを頼んでもシェアすることを前提にサーブしてくれるのが嬉しい。たとえばオニオンスープを二人で一つ頼んだときは、わざわざ二つのポットに分けて入れてサーブしてくれたのです!これってすごいですよね。デザートももちろん二人で分けて食べることを前提にテーブルの真ん中に置いてくれて、スプーンも二つ置いていってくださいます。すごいわすごいわ!お茶のお供に東京一美味しいという話もあるフレンチフライをつまむ。フレンチフライはメニューには載っていませんが(クラブサンドなどの付け合せとしてあるみたいです)、言えばフレンチフライだけで出してもらえます。融通が利くレストランって素敵だなあ。

Le cafe BERTHOLLET
港区北青山3-5-15ミヤヒロビル
海南鶏飯食堂
六本木ヒルズの近くにひっそりとある海南鶏飯食堂(ハイナンジーファンショクドウ)は、文字通り海南鶏飯が食べられるお店。シンガポール料理を出す店ということで、チリクラブ(要予約)などもあり。他にはカレーラクサやマレー風のカレーなどもあるようですが、食べたことはありません。チキンライスとスープのセットがディナータイムで900円ほど。ランチだとライスのお代わりもOKだそうでコストパフォーマンスは良いみたい。ライスはジャスミンライスを使用しているので香りが良い。でもチキンのふっくら度はイマイチだったなあ。

東京における海南鶏飯の先駆けということでは、西荻の夢飯(むーふぁん)もありますが、こちらのお店は決まった日しかジャスミンライスを提供していないそうで、私が行く日はいつも日本米の鶏飯が出されるのですがそれでも結構美味しい。それからお店の雰囲気がゆる~いマレーシア風なので、個人的には軍配は夢飯へ。夢飯はマレーシア好きのおじさんが海南鶏飯に惚れ込んで頑張ってます!みたいな雰囲気で、「最後だから大盛りにしとくよっ!」みたいな感じが町の食堂みたいで好き。海南鶏飯食堂のほうは若者が中心に頑張っているので活気があってにぎやか。これは好みの問題なのかな。

さて海南鶏飯食堂のメニューにはロティチャナイがあったので注文してみましたが、ロティチャナイ単品で出てきてちょっとびっくり。普通はカレーと一緒でしょう(そうじゃないと味が特に無いのであまり美味しくない)、と尋ねてみるとカレーは別売りだそうです。じゃあ練乳をかけたロティスス風にして食べようと思って聞いてみたら練乳も無いとのこと。グラニュー糖をすこしもらってそれをかけて食べました。ロティチャナイをメニューに載せるなら、もちっと頑張って欲しいなあ。

海南鶏飯食堂 六本木
港区港区六本木6-11-16 六本木中銀マンシオン102
ジャン=ポール・エヴァン
新宿の伊勢丹地下に入っているフランスのショコラティエ「ジャン=ポール・エヴァン」のBar a Chocolatにて高級ホットチョコレートで一休み。すごいことになってますねー、高級チョコレート業界。びっくし。

ジャン=ポール・エヴァン連れはチョコレートアイスを食べていました。1200円のアイス!ピエール・マルコリーニのチョコレートアイスのほうが美味しかったかなぁ。ジャン=ポール・エヴァンはひたすらチョコ!というラインナップであまり選ぶ楽しみが無い。チョコレート素人にも楽しい商品があったら良いのにな。正直な話、最近はコンビにで200円ぐらいで売ってるチョコレートアイスクリームもとっても美味しいので、1200円の価値はこのアイスに見出せませんでした。貧しい舌よのぅ、私。

ジャン=ポール・エヴァン私はショコラ・ショ(ホットチョコレート)とマカロン二種がセットになったデュオに。950円ほど。ショコラ・ショだけのメニューだと1050円から。二杯分サーブされるそうですが、ホットチョコレートを二杯飲む勇気は無い。初めてだったのでベーシックなものを注文。濃いです。鼻血が出そうに濃かったです。



ジャン=ポール・エヴァンジャン=ポール・エヴァン
セットのマカロンのお皿がちょっと頂けない…。二つしか乗ってないのに大分大きいお皿だったので、悲しかった。ついでにバレンタインには日本に居ないので、ちょっと早めのチョコレートを恋人に買いました。ボンボン・オ・ショコラは沢山種類があってどれも美味しそうでした。食べてみたかったけど、あげておいて私が食べちゃうのもなんなので我慢。美味しかったのかな~。

Jean=Paul Hevin
伊勢丹新宿店 本館地下一階
Wakakoちゃんから頂いたチョコ
Wakaちゃんから頂いたロシア&ラスベガスのお菓子。彼女のブログでロシア旅行の様子も見ていたし、お土産の話でこのチョコレートの写真も拝見していたので、頂いた瞬間「あ~噂の女の子のチョコだ!」と胸躍りました。Reeseはアメリカらしいピーナッツパウダー(というの?)のようなものがチョコレートのカップに入った高カロリーお菓子。アメリカに居たときはこういうお菓子をばくばく食べていたので懐かしい。そして何より、連れが極度の甘党なので見せたら大喜びしていた。Reeseは渡した瞬間に開封して食べ始め、翌朝も起きるなりまた一つ開封しておもむろに食べていた…。怖すぎる。
Wakaちゃんどうもありがとう!ご馳走様でした~。
世界の山ちゃん
Wakako嬢と金曜の夜に名古屋の味を張り切って提供する「世界の山ちゃん」へ行きました。いやぁ歌舞伎町界隈に3店舗もある山ちゃん。儲かってますなあ。

世界のやまちゃん 手羽先


世界のやまちゃん 食べたよ!で、噂の手羽先。
メニューの扉面の説明によれば、名古屋の栄でとつぜん極ウマ!な手羽先を出したその男が山ちゃんだそうで、それが噂になって世界の山ちゃんへと発展したんだそうです。というわけで山ちゃんに来たら手羽。とりあえず手羽!一人前5ピースのスパイシーな手羽は黒胡椒がピリリと利いていてとても美味!これは美味しい。というわけであっという間に骨だけに。

世界のやまちゃん 味噌カツ串世界のやまちゃん 柚子大根
他に食べたメニューなど。
左は味噌カツ串。これは非常にジャンクなお味でした。衣の中はじゅわっと脂身のみ。すごいなあ。駄菓子の世界でした。右はさっぱり柚子大根。

世界のやまちゃん 長芋フライ世界のやまちゃん 塩やきそば
写真左は美味しかった長芋フライ。さっくりほくほく。しかしちょっと塩分が強かったかなあ。写真右はご飯ものメニューの人気ナンバー2らしい塩やきそば。こちらも割りとジャンクなお味で。典型的な居酒屋フードが愉快にカラフルに並ぶメニューを見ていると、あれも食べたいこれも食べたい!と食欲がとめどないことになりそうなのでありました。

世界の山ちゃん 西武新宿店
新宿区歌舞伎町2-45-2 トキワビル2・3・4F
土間土間 マレーチキン
焼肉の牛角を経営しているレインズインターナショナルが展開している居酒屋・土間土間(どまどま)では、ただいま"土間グルメツアー"のマレーシア編が行われています。月替わりで色んな国の食べ物をフィーチャーしているようですが、偶然入ったらマレーシア編。これは運命だわ!とメニューからマレーチキンを注文。揚げたチキンにサンバルソースが付いてました。実際マレーシアではあまりこういう食べ方はしませんが、ありっちゃありです。結構美味しかった。これで480円。他にもレッドカレーや豆腐と野菜のサンバルゴレンなどもありました。(このゴレンが間違って「ゴーレン」と表記されていたのはちょっと惜しい!)

土間土間 サンバル土間土間 チーズフォンデュ
写真左は、マレーチキンと一緒に出されたサンバル。写真左はマレーシア料理とはまったく関係なくチーズフォンデュを食べました。うほほ。

土間土間 align=グルメツアー・マレーシア編のメニュー。
レシートを送ればボルネオ旅行なんかも当たるらしいですが、5,000円分のレシートから応募できるそうなので、残念ながら足りなかった。残念~。ボルネオには行ったことがないので行ってみたいなあ。




土間土間 ボボチャチャデザートにはマレーシア・シンガポールでは有名なデザート、ボボチャチャを。
こんなのがメニューにあるなんてちょっと感動!ちゃんとリサーチしているんですねぇ。ボボチャチャとはココナツミルクにタロ芋(?)やカボチャなどが入ったどっしりしたデザート。これが美味しいのだ。土間土間ではボボチャチャという名前ではなくて「マレーココナツミルク」というわかり易い名前になっていました。タピオカとナッツ入りのボボチャチャですね。

土間土間 荻窪店
杉並区上荻1-15-2丸三ビルB1F
とんちゃん サムギョプサル
頻繁に行く韓国料理のとんちゃん。気づけば渋谷や上野にも支店が出来て、世はすっかりサムギョプサルブーム!すごいなあ。歌舞伎町のとんちゃんも次々店長さんが変わっていくので、その成長振りを見ているとすごい!の一言。あやかりたいものです。

大人数で大量にサムギョプサルを食べて飲んで、カムジャタンで〆る。会計は3000円ほど。お財布に優しい韓国料理って、実はこの界隈では珍しいのです。そんなわけでよく通ってしまいます。それからここのビールってよーく冷えててジョッキも凍っててとても美味しい!

とんちゃん
新宿区歌舞伎町2-4-18 メトロプラザ2ビル1F
とんかつ
とんかつを食べました。とんかつってお店で食べた経験がほとんどなく、大学時代に男友達に連れられて食べに行ったのが初めてだったかなぁ。家で食べるのは一口サイズのヒレカツが普通で、お店で食べるロースかつにカルチャーショックを受けたもんだ。そんなわけで大分久しぶりにとんかつを食べました。

とんかつかつくらは京都生まれのとんかつ屋さん。メニューにもそこはかとなくはんなり京の香りがいたします。連れは京野菜巻きかつ膳を注文したので、京野菜巻きかつも食べてみましたが(これ、連れのお勧めでした)、豚バラのような薄いお肉で京野菜を巻いたさっぱりタイプ。これ結構美味しかったなあ。私は一番小さいロースかつ膳を注文。さっくりジューシーで美味しかった!高いキャベツもモリモリ食べられるし、とんかつっていいかも~。

とんかつ つけものそしてこのお店、京風のお漬物が何種類か出されるのですが、これとっても気に入った!
お漬物の味としてはまぁ普通なんだけど、色んな味のお漬物が食べられるのって嬉しい!ご飯が進みます。ご飯を二膳も食べましたよ。満腹!




かつくら
武蔵野市吉祥寺本町2-3-1 東急百貨店9F
アテスウェイ! チョコレートラズベリータルト
吉祥寺と西荻の中間あたりにある東京女子大の前にあるケーキ屋さんアテスウェイにて。

アテスウェイアテスウェイ
狭い女子大通り沿いにあるお店は、駅からも遠くてアクセスがあまりよくないのにも関わらず、ひっきりなしにお客さんが来店。人気のケーキ屋さんなんだなあ。

アテスウェイショーケースを眺めてうっとり。宝石みたいに綺麗にガラスケースに鎮座するケーキを前に何を食べようかひとしきり悩む。

この日はテイクアウトでモンブラン、タルト・オ・フレーズ、オランジェリーの三点を購入。




アテスウェイオランジェリーはオレンジ風味のホワイトチョコムースとオレンジクリームが滑らかなケーキ。これは連れのチョイス。私はイチゴ狂なのでイチゴのタルト。モンブランは山のような高さに一目ぼれして買いましたが、一人1.5個を食べるのって結構キツかった。もう歳ね。これからはケーキは一人一つまで!と取り決めがなされました。

アテスウェイ!野イチゴのムースアテスウェイ!喫茶
そして先日、今度は店内で食べてみようとまたアテスウェイに行ってしまいました。先日イートインした際の野イチゴのケーキ。これは店内のみでしか食べられないケーキだそう。私が食べたのはトップの大写しの写真のタルト・ショコラ・フランボワーズ。濃厚なギュっと詰まったお味でした。ただ店内で食べるのは落ち着かないのと飲み物がそこまで美味しくなくかつ高かったので、これからはテイクアウト専門かな。

a tes souhaits!武蔵野市吉祥寺東町3-8-8
バナナチョコレートクレープ
新し物好きなので表参道の出来たばかりのEchikaに行って、MARCHE DE METROでおやつを食べました。

エチカ フードコートフランスを意識したフードコートは結構お洒落!コーヒーやお酒を出す入り口付近のカフェ&バーもお手ごろ価格で、一人でサクッと人を待ちながら一杯飲むのも良さそう。私と連れが食べたのは「クレープ・シュクレ」のキャラメリゼしたバナナとピスタチオナッツアイスとビターチョコレートソースのクレープ。これがなかなか美味しかった!

揚げ春巻きなかなかボリュームのあるクレープを食べたら食欲がさらに刺激され(何故?)、近くにあったベトナム料理を出す「シクロ」で揚げ春巻きを購入してみました。昔仲の良かったベトナム人姉さんが遊びに行くたびに大量の揚げ春巻きを作ってもてなしてくれたのですが、それがすんごーーーーく美味しかったので、それ以来生春巻きよりも揚げ春巻きが大好き。でシクロの揚げ春巻きも思い出の本場の揚げ春巻きなのかなあ?と期待しつつ食べてみましたが、海老が入ったもので私の思い出の揚げ春巻きとは別物でした。残念!でもこのお店、パクチーやライムが盛り放題なのが嬉しい!揚げ春巻きの小皿に沢山のパクチーを盛って揚げ春巻きと一緒に食べたらとっても幸せ気分になりました。

MARCHE DE METRO

トニーローマ
三番町のトニーローマには昔父と良く行きました。アメリカンな食べ物を与えておけば娘は喜ぶと父はかたくなに信じておるのです。何故?

トニーローマ シーフードサラダ年末、父がトニーローマのハンバーガー類をテイクアウトして来てくれました。なんつうアメリカン一家!各自バーガーを食べながらシーフードサラダを突き、元旦にはBBQリブを食しました。うー満腹。




Tony Roma's 三番町店
千代田区三番町1
アボガドバーガー
宮益坂のクアアイナで昼ごはん。映画の時間間近だったので必死になって食べました。げぷ。
それにしても注文してから提供されるまで時間かかりすぎ!

クアアイナ BLTサンド私はアボガドバーガーを。これが食べにくいんだなあ。アボガドをつぶしてからパンを被せて押さえると食べやすいと書いてあったけれど、それでもアボガドが滑ってグチャグチャに。いやーん。連れはトマト狂なのでB.L.Tサンドを。ベーコンがカリカリで美味しかったな。
クアアイナのポテトはスーパークリスピーで大好き!でもセットで食べると高いのがちょっとなあ。

KUA`AINA
渋谷区渋谷1-10-4 メゾン・ド・ユー1階
サルヴァトーレ・クオモ
ピザといったら薄めのクリスピーな生地のもののほうが美味しいという思い込みが強かった私ですが、ナポリピザのもっちりした皮も美味しいのですね~。サルヴァトーレ・クオモで食べて開眼しました。

サルヴァトーレ・クオモいろいろ迷ってシンプルにマルゲリータを。薪の香ばしい香りが生地に移って耳の部分の焦げ目も香ばしくて美味。もっちりした歯ごたえも美味しいのでした。ワイン類もグラスで300~500円のものがあったりとお手ごろで、ファストフード感覚でピザが食べられるので良い感じ。もっと美味しいナポリピザのお店もあるんだろうな~。食べに行きたい!

Pizza Salvatore Cuomo 吉祥寺店
武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 伊勢丹吉祥寺8Fイートパラダイス
梅園 粟ぜんざい
浅草の梅園って新宿タカシマヤにもあるのですねー。正月三が日のセールに繰り出して、案の定すぐ疲れて休憩タイム。駄目ですねぇ。

梅園 ところてん私はところてんを、連れは粟ぜんざいを。粟ぜんざいなんて食べたことないだろうと勝手に注文してみましたが、どうもあまり好きではなかったようで。ぜんざいよりお汁粉のほうが好きだそう。ふーむ。愛知のほうではところてんは割り箸一本で食べると聞きましたが、なぜでしょう。面白い習慣ですねー。(って梅園のところてんには何の関係もない話ですが)

梅園
渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 新宿タカシマヤ5階
長崎ちゃんぽん
カテゴリを微妙に迷う長崎ちゃんぽん。チェーン店のリンガーハットは、安くてボリュームがあって手軽で時々食べたくなります。野菜たっぷりのちゃんぽんが380円!いつも皿うどんにしようか、ちゃんぽんにしようか迷うのですがたいてい悩んだ末にちゃんぽんにしてしまうのが常。昔長崎を一人旅した時に、美味しそうな店を探しに探してちゃんぽんを食べましたが、リンガーハットより美味しくなくてがっかりしたことがあります。また長崎に行って美味しいちゃんぽんが食べたいなあ。

花梨 チャーハン
年内で期限が切れる全日空ホテル内で使える金券を使い切るために中華料理の花梨で昼食を食べました。本当はイタリアンにする?和食?なんて話していましたが、着いたのが2時過ぎでどこもランチタイムが終了。3時までランチ営業をしていたのが花梨だけしかなかったので、有無を言わさず中華となりました。コーヒーラウンジで軽食という手もあったなあ。

花梨花梨 蝦餃
先日も京王プラザホテル内の中華料理を食べたばっかりだったので、また中華か・・・という気持ちもありましたが、それにしても花梨の中華はちょっとイマイチでした。海鮮炒飯にとびっこが入っていてびっくり。ちょっと生臭い感じがしたかなあ。でも好みの問題ですよよね。私は南園のシンプルな海鮮炒飯のほうがぐっと来ました。

花梨 蟹のトーチジャン炒め花梨 焼きそば
メニューに「蟹のマレーシア風炒め」のようなメニューがあったので「サンバル炒めかな?それともチリクラブみたいなのかな??」とウキウキしながら聞いてみましたところ、カレー味のものだそうで。がっくり。実際のところマレーシアの中華料理店ではカレー炒めの海鮮にはお目にかかりませんが、香港とかにはあるのかなぁ。

花梨 デザートなんだかテンションの低い記事ですが、嬉しかったのはデザートメニューに楊枝甘露があったこと!これは以前ポメロの記事でも触れたことがあるデザートのことなのですが、あまり日本の中華料理店では見かけないデザートなのでおなかが一杯になりながらもつい食べてしまいました。ねっとりした甘みよりも爽やかな酸味が強いフィリピンマンゴーを使っているようなのでちょっと濃厚さに欠けましたが、それでも爽やかで美味しい楊枝甘露でありました。
金券1万円分をきっかり使い切りました。ご馳走様でした!

*過去記事 南園@京王プラザホテル

■ 東京全日空ホテル 花梨
港区赤坂1-12-33 東京全日空ホテル3F
ニコラ ピザ
横田基地がある福生の国道16号線沿いにあるピザ屋のニコラは、日本に初めてピザを伝えたニコラ・ザペッティの味を提供するクラシカルなお店。これまた母のお気に入りのお店です。おせち料理にすでに飽きたしまった元旦の夜にドライブがてら出掛けました。

ニコラ オニオングラタンスープニコラのピザはゴーダーチーズ100%の小さめの昔懐かしいタイプのピザ。
でもこれがとても美味しいのです。
ピザだけでなくパスタやグリルしたお肉などのメインも充実してます。
オニオングラタンスープを頂きましたが、美味しかったー。


ニコラ ストロベリーサンデー懐かしきサンデーも幅広いラインアップで用意されてます。(シェイク類も豊富なのが基地の町らしい)
ストロベリーサンデーは380円ぐらいだったかな。蝶ネクタイをした給仕さんや赤い絨毯のシックな感じすべてがクラシカルです。古き良きファミリーレストランという風情。遠くから来るお客さんも多いようで横浜・品川ナンバーの車も見かけます。

NICOLA
福生市福生2402
南園
家族で新宿京王プラザホテル内にある中国料理南園にて夕食を食べました。
寿司の久兵衛で食べようと出かけたら、この忙しい年末に予約なしで小さい店舗の久兵衛で食べられるわけがありませんでした。で、困ってしまって南館2階にあるレストランフロアをうろうろし、突如中華の南園へ。

南園何気なく入ってしまったお店でしたが、店内は天井が高くて開放感があって父も「中国のレストランみたい」と気に入った様子。年配客も多い店内を見て「きっと油っぽくない中華料理に違いないわよ!」と母もノリノリ。で、出される料理はどれもさっぱりしていて高レベル。どれも美味しい!野菜と蟹の卵の白身炒めもスープのようでトロトロで美味しかったし、トウチジャンで炒めたイカもご飯と一緒に食べたくなる味でした。

南園で特に感動的だったのが炒飯です。パラパラのシンプルな海鮮炒飯は、日本で食べる炒飯の中では抜群に美味しかったかなあ。一緒に出されるザーサイもあっさりしていて美味しかった。あんかけ焼きそばも定番ながらよいお味。でもここにきたら炒飯が正解かと。あ、汁麺も気になっていたので次回行くことがあれば汁麺を食べてみたいなあ。
他には蝦餃や揚げ春巻きなどの点心も食べました。蝦餃は油っ気がないブリブリのボリュームのあるもので、ちょっとイマイチだったかな。

南園
デザートはマンゴープリンと杏仁豆腐。トラディショナルな固めの杏仁豆腐で美味しかった!最近はやりの生クリームが入ったようなババロア風杏仁豆腐よりも寒天で固めました!という風情の固い杏仁豆腐のほうが好きです。

京王プラザホテル 南園
新宿区西新宿2-2-1 京王プラザホテル2F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。