美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
眞露ガーデン パッピンス
最近どうも忙しくて地味な食生活を送っているので、取り立てて紹介するような食べ物を食べておりませぬ。朝食パン一枚、昼自作握り飯、夜簡単な和食を自宅で・・・のような食生活が続いています。ううう。
というわけで、古い写真から美味しかったもののご紹介もポツポツしていきたいと思います。
今回は以前行った新宿サザンテラスのジンロガーデンで食べた韓国版カキ氷「パッピンス」。

ジンロガーデンはご存知韓国の焼酎メーカー眞露がお酒プロモートのためにオープンした韓国料理レストラン。大久保などにある韓国料理屋さんがどっぷりディープな現地の味を再現するのに邁進しているのに対し、コチラは都会的なスタイリッシュ韓国料理とでもいいましょうか。最近はそういうフュージョンコリアンも多いですが、ジンロガーデンができた頃は、こういう雰囲気のお店は珍しかったかも。
眞露の空き瓶が一面に張られた壁で出来たウェイティングブースでは、待っているときに眞露で作ったカクテルを小さいカップでテイスティングが出来るようになっていて(そんなに大げさなものではなくて、スーパーで試飲するような感じですが)、おつまみとして韓国のりなども置かれていて、待つのもあまり苦にならない雰囲気。

お料理は、まぁまぁでしたがデザートで食べたパッピンスはなかなか美味しかったです。韓国の食べ物って総じてグチャグチャ混ぜるものが多いような気がしますが(ビビンパ、チャジャンミョン、カレー等々)、カキ氷もぐっちゃり混ぜて食べるのですよ!日本人からしたらこれって美的じゃないしなんだか耐えられないのですが、郷に入っては郷に従えで、パッピンスもグチャグチャ混ぜて食べると美味しいのです。ここのは本場流に牛乳もちょろっと入っていて、初めから溶けたカキ氷みたいな状態になっていて混ぜやすい。混ぜること前提の食べ物なんだなあと不思議な気分になります。

ジンロガーデン 新宿店
渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー4F
スポンサーサイト
FUJIU
京王線高幡不動駅の駅前近くにある洋菓子店「パティスリー ドゥ シェフ フジウ」のタルトを食す。何年ぶりに高幡不動に行ったかなあ。ずいぶんと駅前整備が進んでいてびっくり。昔は確か何もなかったような気がします。

フジウのケーキは有名なので、以前もわざわざここに来たことがあるけれど、その時はとてもお店が混んでいた記憶があります。今回はすっかり落ち着いて町にしっくり馴染むケーキ屋さんになってました。こういうほうが落ち着くわ。

FUJIU以前食べたイチゴのパイが美味しかったのでそれを買おうと思っていたのですが、売り切れなのかなかったので(大分昔に一度食べただけなので、今はもうないのかもしれません)、似たようなパイ菓子を購入。タルト・ヨウコみたいな、人の名前が付いていて注文する時無性に恥ずかしかった。それ誰よ、みたいな。
中にはカスタードクリームとバナナが入っていて、マロンペーストが薄っすらと混ぜてある生クリームでデコレーションされたシンプルなパイは、パイのサクサク感も抜群で美味しかった。小さめのホールパイで1050円でした。

パティスリー ドゥ シェフ フジウ
東京都日野市高幡17-8
サダハル・アオキ フレジエ
パリ発の日本人パティシエによるパティスリー。オープン当事は大変話題になりました。アオキ氏が元TBSの女子アナ雨宮塔子さんの夫というのも有名な話になりました。
しかし強気なお値段で展開していますねぇ。このイチゴが入ったかわいらしいフレジエというケーキ、こじんまりしてますが700円。店内で食べる際はドリンク注文必須ということで、軽く1500円ほどになってしまいます。うーん。そんなにスウィーツ狂でもない私は、正直なところ1500円も払うなら食事をしたほうがいいな、なんて思ってしまうのですが。

アオキサダハルお店は有楽町の新国際ビルにありますが、石造りの建物に大きなガラスのショーウィンドウがとてもきれい。このあたりから丸ビルまでを散歩すると、大人度が高いエリアということもあってか、とても気持ちが良いんだなあ。
店内のショーケースをバシバシ撮影するのはさすがに気が引けるので、店の外から撮ってみました。弱気です。

サダハル・アオキサダハル・アオキ マカロン
ドーム型のケーキがかわいいー。
マカロンはエクレア(抹茶)と並びパリのサダハル・アオキで人気商品だそうです。これも小さくて高いんだなあ。

サダハル・アオキ サンマルク
生ケーキは美味しかったです。さすがに。ただ高級すぎてなかなか口にする機会はないでしょうな。

patisserie Sadaharu Aoki paris(パティスリー・サダハル・アオキ)
千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル1F
ハモニカキッチン
吉祥寺北口駅前にあるハモニカ横丁は大好きでよく行きます。色々面白いお店があって、そして回転が早いので、いつもなにか新しいお店が登場してます。
吉祥寺では有名なVIC、外国家電がここ数年色んな業態のレストランをオープンさせていますが、ハモニカ横丁にはこのハモニカキッチンと鉄ちゃnという焼き鳥屋があります。井の頭公園のほうにはMISHIMAというスペインのバールのような立ち飲みでタパスが食べられるお店もありますが、どこも安くて気軽に飲めるのでだーいすき!
鉄ちゃんで焼き鳥を食べながらビールを飲むのが定番ですが、早い時間から混んでしまうので、そんな時はハモニカキッチンのスタンディングエリアで飲みます。

ハモニカキッチンラムチョップの串焼きなんかもある豊富な串焼きメニューは安いし、エスニックなメニューも充実してたりして、ここ結構侮れません。
狭い2階席で厨房を覗いたら、クルクルピザ生地を伸ばしているではありませんか。「えー、ピザがあるの?」と聞くと「あるんです!」とのこと。早速マルゲリータを注文しましたが、モチモチパリッとした食感が素朴で美味しかった~。
狭い店内で隣の人とぶつかりながら飲むのがとっても楽しい空間です。


ハモニカキッチン
武蔵野市吉祥寺本町1-1-2
高級ジェラード
そういえば忘れていました。3月に表参道ヒルズに行った時に食べたナチュラルビートのジェラード!

表参道ヒルズできたばかりの表参道ヒルズにミーハーな私はちょっくら出かけてみたのですが、ターゲット層(おそらくリッチな都会派30代)から見事に外れているっぽい私には全く目新しいもののない、面白くない建物でした。噂の建物も天井が低いため閉塞感が強いし息苦しく感じました。螺旋状の通路を歩いていくとぐるっと一巡できるというのは、階段やエスカレーターなどでせわしなくウィンドウショッピングするよりはずっとのんびりしていていいけれど、それでもやっぱり息苦しかった。
幸いにも人手が少なくて歩きやすい日でこれだったのだから、入場制限された日にはもっと息苦しかったことでしょうねー。
せっかく来たので高級ジェラードを食べてみることにしました。
しかし高すぎですよ、これで780円!
普通のジェラード屋と同じく、ガラスケース内のジェラードを選ぶのですが、そうするとこのお店ではそのテイストにあったデコレーションをしてくれます。そこがちょっぴり特別感を感じるところでしょうか。見た目はとってもきれい。イタリアではこういう木のケースにジェラードを入れてくれるところもあるそうで(知りませんでした)、このお店でもプラスチックケースに入ったジェラードを、さらに木のケースに入れてくれます。「ケースはどうぞ持ち帰ってくださいね」とありましたが、微妙…。こういうの要らないから、100円安くして欲しい。

私が食べたのはハニーロイヤルミルクティーを胡桃ハチミツと共に食べるタイプ。きれいにデコレーションしてくれるしジェラードは2スクープほどあるけれど、それでも割高感はぬぐえない…。キャラメリゼしてある胡桃は美味しかったけれど!
最近のCMを観ているとバブル期を思い出しますが、本当に景気は上向きなんですねぇ。この高いジェラード屋にも行列ができていました。

Gelateria Bar Natural Beat
渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ本館3階
ゲウチャイ
無性に東南アジアの味が恋しくなって、手軽に食事ができる新宿ルミネのゲウチャイへ行きました。
ランチタイムでもディナータイムでもないという中途半端な時間だったので、店内の奥の席はタイ人密度が高く、なぜか私もそちらの席へ案内された。タイ人のお兄さんと相席。彼も辛そうな汁なし麺にアイスミルクティを飲んでいました。
ゲウチャイで私はバミー・ナーム・ムーデェーンという卵麺の汁麺を注文。唐辛子ペーストやら乾燥唐辛子、ナンプラーを投下して辛さを調節して食べていたら、トドゥンとよばれるムスリム女性が被るスカーフをした女性がやって来た!顔はアジア人だし、こりゃマレーシア人ね!と思ってマレー語で話しかけると、彼女はインドネシア人でした。

彼女も私と同じような境遇の人で、東京には美味しくて手ごろなインドネシア料理・マレー料理がないので、時々恋しくなってタイ料理屋に来るとのこと。彼女は真っ赤なトムヤム麺をたべてました。そうそう、やっぱり辛い汁麺とか恋しくなるよね~。
意気投合して色んな話をして面白かった♪
いろんな人と相席して会話が成立するあたりも実に東南アジアっぽくてゲウチャイはいいんだよなぁ。

タイ国惣菜屋台料理 ゲウチャイ ルミネ新宿店
新宿区西新宿1-1-5 ルミネ新宿店ルミネ1 B2
小龍包
恵比寿駅東口駅前にあるクイズというビルに入っている台湾の小龍包のお店「京鼎楼」にてランチ。
本当は違うお店に行く予定だったのですが、待っている人が多すぎて、ランチ時間中に案内できそうもないという理由で断られてしまいました。残念。

坦々麺ランチメニューは食事類と小龍包4つのセットが1000円から。
連れは坦々麺と小龍包のセットを注文しました。ここの坦々麺はなかなか本格的で美味しかった!麺はストレートの粉っぽい感じの麺。こういうのがたまらんのですな。もっとスープがピーナツっぽく濃いもののほうが好きだけど、このお店のシャポシャポしたあっさりタイプも悪くはないです。注文してから3分と掛からず出てきたのでびっくり。

海老炒飯私は海老炒飯と小龍包4つのセット。こちらも1000円でございます。
海老炒飯は、ライバル店(?)の鼎泰豐のものと比べると、海老の旨みもちゃんとあってこちらのほうが美味しいかな。
パラパラで黄金色したお米を食べていると本当に幸せ。炒飯ってなんでこんなに美味しいんだろう。
そういえば、ここの名物には烏龍小龍包なるものがありました。ランチセットも、プラス何百円かで烏龍小龍包にチェンジできるようでした。ウーロン茶の茶葉が皮に練りこんであるらしいのですが、どんな味なのかな?ちょっと興味があります。

小龍包坦々麺や海老炒飯といった食事類はこちら京鼎楼のほうが美味しいと思いましたが、肝心の看板商品である小龍包は鼎泰豐のほうが微妙な差ですが、美味しいかと思いました。個人的な好みの話ですので、勿論京鼎楼の小龍包のほうがお好きという方もいらっしゃるでしょうねー。

コチラの小龍包を食べていて、マレーシアで食べたシンガポール発のクリスタルジェイドの小龍包が食べたくなってしまいました。チェーン店ながらあそこの小龍包はなかなかジューシーで美味しかったんだけどなあ。
で、調べてみたらどうもクリスタルジェイドの系列店が汐留にあったようですが、すでに違う中華料理店に変わってしまったよう。あらら残念。

こちら京鼎楼はクイズ恵比寿2階となっていますが、クイズ恵比寿が坂の上に建っているので京鼎楼は道路に面した1階にありますので要注意。駅から降りたらすぐ見えるので間違いようはないと思いますが、念のため。

*過去記事 【新宿】鼎泰豐
      小龍包ランチ@シンガポール

■ 京鼎楼(Jin Din Rou)
渋谷区恵比寿4-3-1 クイズ恵比寿2階
ショートケーキサンド
Bagel&Bagelのサンドウィッチをお昼に買いました。季節柄だからか「ショートケーキサンド」という苺好きにはたまらん商品が売られているではないか!
白いベーグルにはピスタチオらしきものが練りこんであって、黒いほうはココア生地のベーグル。
ここのベーグル、初めて食べたけれど少し歯ごたえが足りない感じがしたけれど、苺とカスタードクリームが好相性で美味しかった~。

Bagel&Bagel 銀座松屋店
中央区銀座3-6-1 銀座松屋B1
ヒューガルデンカフェ
ずーーっと半年くらいの間ムール貝のワイン蒸しとフリットが食べたくて仕方がありませんでした。神楽坂にあるブリュッセルに行こうかとも思っていたのですが、ちょうど新宿にいたのでマインズタワー裏にある系列店のカフェ・ヒューガルデンへ。
暗い中撮った写真なので黄色が強いですね~。

ヒューガルデンカフェ ムール貝ワイン蒸し食べたかったムール貝のワイン蒸しとフリットをつまみにヒューガルデンを飲む!ぷは~。
しかしこのムール貝のワイン蒸し、このお店のオリジナルアレンジ??ちょっとがっかり…。普通の、ムール貝だけがてんこ盛りなのが食べたかったなあ。人参とかセロリが豪快に入っていて、これらをおつまみに食べるのも楽しかったけれど、正直味はイマイチでした。

ヒューガルデンカフェ URUCHONしっかしベルギービールの店って高級店ですな。
ヒューガルデンドラフトは一杯900円です!
ベルギーのそのビール王国っぷりは、四年前のワールドカップの時に嫌って程テレビで特集を組んでいたので周知の通りでしょうが、本当に沢山の種類があるんですね。店内にも100種類ほどありましたが、まー高い高い!330mlの瓶ビールで2000円なんていうものもありました。ちょっとしたワイン並みに高いので、気軽に揚げ芋をつまんでいる場合ではない!そうガブガブと飲むんじゃない!と焦燥感が溢れ、最後は自分との戦いになりました。貧乏っていやーねぇ。

ヒューガルデンカフェ ベルビュークリークチェリーのビール、ベルビュークリークの生を飲んでみました。
まぁチェリー!とてもフルーティ。
美味しかったです。
まぁでも正直、ビールなら庶民派な発泡酒でもいいかなぁ、なんて思ってしまう無粋なわたくしでございました。
ムール貝はまたどこかでリベンジしたいな。

カフェ・ヒューガルデン
渋谷区代々木2-20-16
ダンディゾン
10年後という意味のフランス語を冠したおしゃれパン屋さん。
パンはBE20がフレッシュバター20%+水というダンディゾン定番の食パン。小振りなのは、美味しい内に早めに食べ切って欲しいからとのこと。他にBL30(フレッシュバター30%+牛乳)、S77(豆乳77%油脂なし)などもありました。

ダンディゾングリュイエルチーズ+ゴルゴンゾーラのグリュイエルブルーはスティックタイプのスナックのようなパン。チーズが一杯でカリカリしていてホント、お菓子みたいでした。が、一本250円はちょっとお高い??
丸い小さいパンはサルタナ。サルタナレーズン150%含有なので食べても食べてもレーズンがはみ出てきます♪

しかし最近のパン屋さんは本当におしゃれですねえ。
ダンディゾン
この建物の地階にお店があります。木の下に看板が出ていたら、オープンしてます!ということだそうですよ。

Dans Dix ans(ダンディゾン)
武蔵野市吉祥寺本町2-28-2
エルトリート
沖縄で食べた独特のタコスが忘れられなくて、沖縄に仕事で行く家族に「タコスタコス!買ってきて~!」と大暴れ。しかし仕事で行くんだから、そんな持ち帰りにくいものを買ってこれるか!と逆切れされる…。
というわけで、エル・トリートに連れて行ってあげるから我慢しなさいと諭されました。久しぶりだなあ、エル・トリート。
エルトリート久しぶりに来たら、トルティーヤが小さくなった気がしました。が、ここのトルティーヤはお料理を注文すればお変わり自由なので、小さくなっても全然OK!今までのトルティーヤだと大きすぎて、一枚でお腹が一杯になってしまうからなのかな?
タコスとビーフファフィータを食べて満足、満腹!
メキシコ料理というよりはTexMexだけど、やっぱりメキシカンは美味しいなあ。

El Torito 新宿サザンテラス店
渋谷区代々木2-2-1 小田急サザンタワー内 1F
中村屋 苺大福
天気の良い土曜日の午後、中村屋の苺二個入りの大福がまだ売っていたので購入。
さてどこで食べようか?と考えて、御苑はもうすぐ閉まってしまいそうと勝手に判断して(何時に閉園するのか知らなかったのですが、多分夕方には閉まってしまいますよね?)花園神社の境内に座って枝垂桜を見ながら苺大福を食む。

花園神社

花園神社の酉の市には、いまどき珍しく見世物小屋が出るらしいのですが、一度行きたいなあ。ここ数年、毎年行きたい行きたいと思いながら、機会がありません。今年の秋は行きたいぞ。
ウルフギャングパック ローストチキン

ウルフギャングパック サラダ新宿ルミネ・SHUNKANのウルフギャング・パックで土曜のランチをのんびり食べました。
連れはローストチキンをチョイス。
ここのローストチキンてば、ボリュームたっぷりで美味しい!
クリーミーなマッシュポテトが好きな連れは六本木ヒルズのラトリエ・ジョエルロブションの名物マッシュポテトがお気に入りなのですが、コチラのリーズナブルなポテトに大感激しておりました。良かったね!連れが中座した間に(歯に突き刺さった鶏の小骨を取りにトイレに行った)マッシュポテトを勝手にモリモリ食べていたら、戻ってきた連れに発見され「ギャー!」と叫ばれました。ケチ~!

ウルフギャングパック タコのペペロンチーノわたくしはタコのペペロンチーノ。パスタは手打ち風の独特のもので美味しかったですが、私は乾麺のプリプリ感の強いもののほうがやっぱり好きかなあ。
しかしここのランチは17時まで食べられるし、サラダかスープ、フォッカッチャ、フリーリフィルのドリンクまで付いて1200~1500円程度なので、満足感が高いですねえ。



Wolfgang Puck-新宿LUMINE EST店
新宿区新宿3-38-1 新宿LUMINE EST 8F
華都 坦々麺

華都三田の古めかしいマンションにひっそりとある華都(シャトー)で中華三昧ナイト。

名物は坦々麺だそうです。
日本留学中の愛新覚羅溥傑も食べに来たとか来ないとか。
そういう古めかしくも品の良い香りがぷんぷんする店内。



華都 バンバンジーバンバンジー、久しぶりに食べました。
冷たい食べものはあまり好きではないので、中華の冷菜を注文する機会もあまりないのですが、お勧めということで食べてみました。
バンバンジーに坦々麺が名物とは、胡麻が得意なのかしら?
健康によさそうだが。


華都 アボガド・スープ特に気に入ったのがこれ。
ふかひれ入りのアボガドスープ。
中華でアボガド?と不思議に思ったのですが、これがちゃーんと中華テイストでありながら、アボガドで、クリーミーでありながら油っぽくないという面白い味。
熱々のままでサーブされて本当に美味しかったなあ。


華都 麻婆豆腐麻婆豆腐もコチラの得意料理だそうで。
四川料理の中華料理店みたいです。








華都 酢豚最近はまっている酢豚をここでも注文。
むかーし中国で食べた酢豚を髣髴とさせるシンプルながらしみじみ美味しい酢豚でした。家庭の味とはまた違う酢豚もいいですなー。





華都 胡麻団子クーポンを持っていったら胡麻団子を出してくれました。
お腹がいっぱいでさっぱりしたデザートがいいなぁと思っていましたが、選択の余地はないようで、ガツンと胡麻団子…。打包してもらってこちらは持ち帰り用に。代わりに杏仁豆腐を注文。




華都 杏仁豆腐杏仁豆腐は固めのさっぱりタイプ!
美味しかったな。杏仁豆腐の上には酸梅ゼリーがちょこんと乗ってよいアクセントに。
おいしゅうございました。






華都飯店
港区三田2-7-1 シャトー三田ビル B1
サルヴァトーレ
サルヴァトーレ・クオモにてピザを食べました。

サルヴァトーレ・クオモいつもバカの一つ覚えでマルゲリータばかりを頼んでしまうので、揚げ茄子のピリ辛ピザとピザの原型というチーズが乗っていないトマトだけのピザの二種類を食べてみました。
トマトのピザの方は四種のトマトがトッピングされているとのことでしたが、プチトマトも乗っていて正直「これも一種類にカウント??」と拍子抜け…。もっとこう、イタリア南部の長細い何とか種とか、それっぽいトマトにして欲しいなぁ。

生地はやっぱりモチモチしていて、なお美味しい(クリスピー派なもので)。気軽に食べられるので、やっぱりお気に入りのお店です。

Pizza Salvatore Cuomo
武蔵野市吉祥寺本町1-11-5
伊勢丹吉祥寺8F イートパラダイス
ある日の夕飯
先日作った韓国風煮っ転がしに使った新じゃがが余ったので、蒸してオリーブオイル、岩塩、レモンの簡単サラダに。
海老が40尾で500円!と爆安だったので、半分は冷凍にして残りでエビチリに。久しぶりに作ったので味付けを忘れたかと思ったけれど、意外と覚えているもんだな~。
鶏のから揚げも作ったので、エビチリにあわせて黒酢あんかけにしてこちらも中華風にしました。
カーニバル
吉祥寺の輸入雑貨・食品を売るカーニバルでは、惣菜類の販売を昔から手広くやってます。そう、いわゆるNY風のデリの走りですね。色々と美味しそうなものが手軽な価格で並んでいるので、井の頭公園に桜を観に行く前に、タコライスをひとつ購入しました。ナゲットタコライスというものにしたので、鶏のから揚げがちょこんと3つほど乗ったタコライス。沖縄の人は大変美味しいものを考案しましたねぇ。これ大好き~。

公園
井の頭公園の桜は、例年のごとくとってもキレイ!
キレイなのですが、もう人が多すぎてタコライスを広げる場所もなく…。池の周りの柵に無理やり腰掛けて、桜を見上げつつタコライスを食す。アー幸せ!

■ カーニバル 吉祥寺店
武蔵野市吉祥寺本町2-10-12
ある日の夕飯
焼きそばは塩派の私も、オムソバを作るときはやっぱりソース焼きそばで。たまごでくるんでソースとカラシマヨネーズをかけると、あら不思議!とっても美味しいわ~ん。
ある日の朝食
たまごサンドに野菜スープの朝食。
野菜スープは適当にあった野菜を投入して。ピーマンの味が強くなってしまいましたが、朝は暖かいスープがあると幸せ気分になりますね。
栄寿司の寿司折り
「父が寿司の折り詰めを持って帰ってくる」ってのは昭和の香りがするよね。笹の葉でしっとりと包んである寿司を食べれば幸せ気分満開。カウンターで食べるお寿司も好きだけど、お土産のお寿司大好き~。

栄寿司
中央区八重洲1-7-12
ある日の夕食
ずっとウーウェンさんの北京粉料理の本を買いたくて、本屋に行って買うか買うまいか悩んで、やっぱり立ち読みして今回は保留に。ケチです。
ついでなので韓国料理本を立ち読みして、アサリ入りのキムチスープのレシピをなんとなーく脳内にインプットさせて作ってみました。
昔、韓国料理屋のパンチャン(無料で出てくるおかず)で良く食べていたプチじゃが芋のピリ辛甘煮を再現しようと新じゃがを買ってきて挑戦しました。蒸したプチじゃが芋をごま油で炒ってから、コチュジャンと砂糖、醤油で味付けして輪切り唐辛子も投入。韓国系のおかずを作ったので、ついでにモヤシとほうれん草のナムルも作って常備菜チックに冷蔵庫にストック。しかし連れ曰く、ナムルはあまり長持ちしないそう。

あー、ウーウェンさんの本が欲しいィ。
日本橋 うさぎや

日本橋 うさぎや日本橋に行ったついでに「うさぎや」で和菓子を購入。
うさぎやと言ったらしっとりと美味なるどら焼きが有名だけど、上生菓子などの和菓子も安くて美味しいのでお勧めです。ひとつ200円ぐらいだったかな?練りきりって300円近くするところも多いので、これは安いと思います。月ごとに、季節感溢れる上生菓子を6種類程用意しているようです。

日本橋 うさぎや3月の上生菓子には↑のうさぎちゃんを模したものがありました。大福みたいな和菓子で、焼きごてでシンプルに付けられたうさぎ模様がカワイイし、フワフワのお餅が美味しかった!
お店は小さいながらも混んでおりますが、店員さんがチャキチャキと接客をしているのですぐに購入できました。


うさぎや
中央区日本橋1-2-19
ペスケリア ペスカトーレ

ペスケリア吉祥寺にある隠れ家的な小さなイタリア風居酒屋のペスケリアにて。ペスケリアとはイタリア語で「魚屋さん」を意味するそうですが、L字型のカウンターとテーブル席が一席のみの小さなお店は、ちょっとした洋風寿司屋みたいな雰囲気があります。今日届いた新鮮な魚介がカウンターに乗っていて、その日のメニューは手書きのコピーしたものとして手渡されます。メニューは非常に少ないのですが、新鮮な食材を使った旬の味が楽しめるので、許容範囲かな。

ペスケリア 海老団子期待していた生牡蠣が今回はなかったのが残念。
気を取り直して一番初めに出てきたアンティパストを食べます。
これは水茄子と海老団子のフリット。
生のままふっくらした実を縦に裂いてそのまま食べられる水茄子を、細かいパン粉を付けてあげたフリットは面白い食感。海老団子は勿論美味しかったです。レンコンが入っていて歯ざわりが面白かったなぁ。

ペスケリア ムール貝牡蠣への情熱はムール貝のガーリックバター焼きへと消化されました。エスカルゴのオーブン焼きが大好きなのですが、それのムール貝版みたいなこの料理は、期待ほど美味しくなかったかなぁ。せっかくの新鮮なムール貝、もう少し独創的に料理しても楽しいのかも。そういえば韓国の屋台で食べたムール貝のスープは美味しかったなあ。

パスタはペスカトーレを。一皿で二人分ぐらいの十分な量があります。その後はセコンドのラム!

ペスケリア ラム
ラム大好き!連れは少々レアすぎる…とぶーぶー言っていましたが、私は美味しく完食!しかし食べすぎ?
このお店、パンは200円で別に頼むようになっているのですが、その時に一緒に出されるオリーブのリエットが美味しいのです!このリエットを温かいバゲットに塗りたくってパクパク食べてしまうので、もうセコンドを食べ終わる頃にはお腹がいっぱい!

ペスケリア チョコレートムース食べすぎだよなーと思いつつも、ドルチェまで。

連れはチョコレートムースを選択。
チョコレートムースって子どもの頃好きだったなあ。
ふわふわで滑らかな食感の、軽いムースでした。
食後にぴったり。




ペスケリア クリームブリュレ私はレモン風味のクレームブリュレを。クリームとレモンの酸味ってどうなのかな?と思ったのですが、意外と良くあいました。カプチーノと一緒にゆったり食後のひと時を。

赤のハウスワインをカラフェで頼んで、二人で1万円ほどでした。



■ ペスケリア
武蔵野市吉祥寺本町2-8-10
いきなり団子
熊本名物のいきなり団子を吉祥寺の熊本物産館で見つけたのでひとつ購入してみました。以前何かのTV番組で、熊本の家庭では急なお客様に対してこのいきなり団子と呼ばれる和菓子を即席で作ってもてなしてきた伝統があるというのを見て、一度食べてみたいなぁと思っていたのです。

小麦粉に白玉粉(?)を混ぜたような透明感があってモチモチした皮に、さつま芋の輪切りと餡子を包んで蒸しただけの簡単なお菓子。皮の塩気とさつま芋の素朴な甘さと餡子の甘さがたまらない!田舎臭い味なのだけど、そのシンプルさに病み付きになりそうな味でした。
ジントニック
私が一番好きなカクテル(だと思う)、ジントニックを自宅で。↓のチリポテトをおつまみにジントニックを飲む。なんだか微妙に合ってませんが、これはこれで美味しかったです。
ボンベイサファイアは激安酒屋「やまや」にて購入。
チリポテト
非常にジャンクな食べ物なのですが、お酒のお供にチリポテトを作りました。ちょっと見た目があまりおいしそうではないですね~。でも美味しかったです!
ポテトを揚げてから、その上にチリと溶けるチーズを乗せてオーブンで加熱するだけ。
チリはホーメルの缶詰のもの。体に悪そうだし、カロリーもすごく高そうだけど、そういうものに限って美味しいのでやめられない!

チリは冷凍しておいたら重宝しそうなので、今度から大量に作っておこうと思います。(ホーメルの缶詰だと高いので)
銀座 ISHIDA 前菜

銀座 ISHIDA スープ銀座のISHIDAでランチコースを頂きました。すでに記憶が曖昧なのですが、私が食べたのは、平日よりは値段が高めになっている休日価格の2000円のコースだったかな?
前菜は帆立貝のソテーがバーンと乗ったサラダ仕立てのもの。ボリューム満点で満足度高し。レンコンやアスパラの味が濃くて美味しい!
スープは白菜のスープだったかと思うのですが、クリーミーながらも、しつこくないスープでちょうど良かったです。

銀座 ISHIDA メイン私はメインに鴨のコンフィ。
ワイルドな鴨肉がジューシーに仕上がってて美味。付け合せの野菜もキレイだし春らしい感じ。
ジビエの話になって、そういえば我が家は子どもの頃から、父が趣味の狩猟で持って帰ってきたキジとか鴨とかをよく食べていたよね、という話で盛り上がる!子どもの頃はキジで焼き鳥を作られたりして「普通の鶏肉が食べたいなぁ」としょんぼりしていたように記憶しているけど、今思えば贅沢だったのかしらん。

銀座 ISHIDA デザートデザート盛り合わせ。
きっと平日のコースだったらもっとシンプルなデザートプレートなんだろうなぁ。私はあまりデザートに重きを置かないので、もっとシンプルなものでも良かったかも。
残してしまいました。



レストラン ISHIDA
中央区銀座1-6-6
中里 揚げ最中
揚げ最中なるものを初めて食べました。
見かけが、「お煎餅で餡子をはさんであるの?」というものだったので、美味しいかどうか懐疑的だったのですが、食べてみてびっくり!
塩味で厚みのある最中の皮をごま油でサクッと揚げ、それで粒餡を包んだ揚げ最中ってば、シンプルながらさくさくで美味しい~。
揚げ饅頭などが好きな方には、この揚げ最中、お勧めです。時間が経ってしまった揚げ最中はオーブントースターで温めなおすと、またサクッとした食感が戻ります。

中里
北区中里1-6-11
本日より日本から「美味しいもの探訪」を発信してまいります。
どうぞよろしく!
機内食
深夜便にて。搭乗直後はすでに0時を廻っているので小さいサンドウィッチしか出ませんが、早朝にがっつりした朝ごはんが提供されました。魚だったと思うんだけど、よく覚えていないなぁ。
そんなに遠くない頃の話なのに覚えてないなんて!ぎゃー!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。