美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ブログを初めて1年が経ちました。
総記事数は378件。
その内、レストラン記事は108件。
1年間で22300を超えるヒット、ありがとうございます。
前半はマレーシア食情報だらけだったのですが、後半は東京周辺のレストランやら自宅ご飯を紹介する記事が中心となっています。

こうやって振り返ってみると、毎日以上更新しているということになるんですねぇ。

検索でこのブログに来てくださる方のほうが多いようです。
ここ最近の検索ワードベスト10を見てみました。

1 さんぱ家      278
2 京鼎楼 恵比寿    120
3 味ちゃん  113
4 李朝園 吉祥寺    106
5 ホーキーポーキー   82
6 闇太郎 吉祥寺    76
7 ヨクモック      56 
8 カーニバル 吉祥寺  50
9 カヤジャム      48
10 新宿 美味しいもの  30

1位は新大久保の韓国料理サンパプが食べられるさんぱ家。検索ワードはさんぱ家やさんぱ屋、サンパ家などばらつきがあるみたいです。このお店は安くてボリュームもあっていいですよねぇ。

2位は台湾の小龍包の京鼎楼。全国の高島屋を中心に展開している鼎泰豐とは違って、こちらは恵比寿にしかないから検索回数も増えるんでしょうかね。

3位は韓国料理の味ちゃん。分厚いサムギョプサルと22日の豚祭りで有名な新大久保のお店。こちらも美味しくてお勧めです。

5位のホーキーポーキーは、ニュージーランド名物のカリカリしたキャラメルの粒が入ったバニラアイスクリームで検索している人が多いようですが(ホーキーポーキーと一緒にtiptopというアイスクリームメーカーの名前も検索ワードに沢山ありました)、私のブログではチョコレートバーのホーキーポーキーの記事しかありませんでした。→ホーキーポーキー

6位の闇太郎は吉祥寺にある居酒屋(庶民的な)です。記事には出てきませんが、コメント欄の会話が検索に引っかかったのでしょうか。通りかかったことはあるお店なのですが、一度も行ったことはなく。今度行ってみたいなあ。

この1年間も、今までと同じく良く食べました。
健康に美味しく食べ続けるためにも自炊を織り交ぜつつ、健康的に運動も続けていかなくちゃ!
今後もよろしくです。
スポンサーサイト
セガフレッド エスプレッソ
チェーンのエスプレッソカフェの中では一番好きです。だって食べ物が豊富なんですもの♪

セガフレッドエスプレッソはシングルで270円。ソーサーに添えられたチョコレート片が嬉しい。セガフレッドのエスプレッソは濃厚でグラニュー糖を入れた時の苦さと甘さのバランスがちょうど良いのです。
最近はゆっくりコーヒーを飲むよりも、エスプレッソを熱いうちにきゅっと飲む干して店を出るというスタイルが気に入ってます。ちょっとせわしないけれど。
そしてこの日はスタンプカードのスタンプが10個になったので、ちょっと高めのアイス メッツォ・メッツォを頼みました(貧乏くさい)。エスプレッソとチョコレートドリンクの、カフェモカみたいなドリンクです。

セガフレッド 白ワイン
で、セガフレッドの何がいいかって、夜は軽く飲むことも出来るところ(笑)。白ワインとおつまみのセットが600円。おつまみには何種類かあって、好きなものが選べます。この日はカプレーゼ。パニーニなどの軽食は食べたことがないのですが、いつか食べてみようかなぁ。

Segafredo ZANETTI 新宿3丁目店
新宿区新宿3-31-7 ミヤビル1・2・3
横尾
実に吉祥寺らしいカフェ「横尾」にて一休み。

横尾
内装はやたらこぢんまりしています。昔の学校や公民館をイメージしたインテリアだそうで、椅子やテーブルが小さいのです。窓の外には古着屋さんがあり、奇抜な格好をした若い女の子たちがひっきりなしに古着屋に吸い込まれていきます。吉祥寺ぽいわ~。

横尾
が、このお店正直言って美味しくないのです。このアイスカフェオレには興ざめ。

横尾
コーヒーも淹れてる時は良い香りが狭い店内に充満していたけど、出されたものを飲んでみたら香りも味もないのがとても不思議。

横尾 外装
メニューには「スウェーデン紅茶」なるものがあったりと、内装も北欧を意識したものでとっても可愛いくて気に入ったのですが、やっぱりコーヒーを飲むなら正統派の喫茶店がいいかなぁと思うのでありました。メニューにある甘味類にもいまいち興味が持てず。

お茶とお菓子 横尾
武蔵野市吉祥寺本町2-18-7
朝ごはん
大分前の夏のある土曜日の遅い朝ごはん。
ライ麦パンのトースト、オムレツ、スパム、とうもろこしのスープ、フレッシュトマトジュースのメニュー。

トマトジュース連れはよく「お弁当にハムを入れておくれ」とうるさく所望するので、普通のハムを買ってきて(普段はあまり食べないので家にないのです)お弁当のおかずに入れたら「これじゃない!(`Д´)」とまたうるさい…。何のことかとよくよく聞いてみれば、ハム=スパムらしい。こういうときに文化の違いを痛感します。そんなわけで業務用スパムを安く買ってきて調理。薄く切ってグリルでよく焼いて脂を抜きます。オムレツには牛乳をたっぷり入れて。
連れはトマトジュースを作成。8年前、これを作ってもらったことが契機となって付き合うことになったんだよな~と懐かしく思い出しつつ。

サルバトーレ
野村ビルの地下のレストラン街に今春に出来たばかりらしいサルバトーレクオモにて。この間載せた「ラ・ベットラ・ペル トゥッティ」の向かい側にサルバトーレがあります。

サルバトーレ
サルバトーレと言えばイタリアンなのですが、このお店はちょっと変っていて焼き鳥屋とコラボレート(なんじゃそりゃ)している新感覚イタリアンバールなんだそうな。こういうのって、「オヤジギャル」だとかやたらモツ鍋が流行ったバブル時代みたいな感覚ですな。カウンター席に座って焼き台を眺めつつ、生ビールをぐびっと。

サルバトーレまずはオムレツ。
随分時間がかかるなあと思っていたら、鉄板でセルクルを使ってじっくりじっくり作ってました。
外見はお好み焼き。でも洋風なお味です。パルメザンチーズやオリーブオイル、バジルが強引にも味をイタリアン側に引き寄せてる感じ。ふわふわで美味しい。


サルバトーレ 串ものプチトマトの豚バラ巻き。鉄の串にぶっ刺さって。










サルバトーレ 手羽先焼き鳥の定番、手羽先。











サルバトーレ
串ものを食べつつ、ラムの香草焼きをカウンターで食べるという不思議。でもなかなか楽しい。

サルバトーレ ピザ
最後にピザを。チーズが選べたので水牛のチーズにしてみました。お腹が一杯!

2006_0825_214218AA.jpgお腹が一杯といいつつ、冷たいものをちょっと。
ジャンドゥーヤのアイスは、ヘーゼルナッツとカカオが濃厚のまったりしたソフトアイスクリームでした。あー本当にお腹一杯。












PIZZA SALVATORE CUOMO & Bar
新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル地下1F
ヒラノアキコ
渋谷のDean & Delucaで松之助のケーキを購入。平野顕子さんのケーキは、以前にピーカンパイを食べて気に入ったのであります。

NYチーズケーキ
ニューイングランドでアメリカンスイーツを習ったという平野さんのケーキはかなりのアメリカンテイスト。伝統的なアメリカのお菓子ながら、それを日本に紹介するその感覚から平野さんは30代ぐらいのお若い方だとばかり思っていましたが、40代でアメリカ留学をして帰国後に京都にお店を出されたバイタリティ溢れる女性だということをHPを見て知りました。すごいなあ。
というわけで、定番のNYチーズケーキ。これは連れのチョイス。濃厚です。

バナナチョコパイ
私はチョコバナナパイ。子供の頃アンナミラーズのパイが大好きで、よく父がホールで買ってきてくれました。
平野さんのパイは手作りっぽい感じ。皮が分厚すぎてちょっと好みではなかったけれど、チョコレートカスタードは、とても懐かしい味で美味しかったな。今度はアップルパイを食べてみたい。
松之助は代官山のヒルサイドテラスと京都に店舗がありますが、都内のDean & Delucaにもケーキを卸しているようです。

Dean & Deluca 渋谷店
渋谷区渋谷2-24-1 東急百貨店東横店 東横のれん街
マックフルーリー
都内5店舗で限定発売されていたマクドナルドの新商品「マックフルーリー」を食べました。
今では販売店舗数を拡大して色んなお店で食べられるみたいです。
以前も書きましたが、懐かしくてつい買い食い。
東南アジアのマックは、入り口近くにデザート類だけ販売するスタンドがあって、便利だったなあ。表参道マックでは行列に並んでマックフルーリーだけ購入。いい大人が甘いもの買うために必死になって、なんか情けない姿ですな。なはは。
私はネスレクランチ入りに。300円なり。冷たいソフトクリームにお菓子を入れてぐっちゃぐちゃに混ぜたものがマックフルーリーなのですが、クランチと冷たいアイスは合わないかも。チョコレートの油脂がガチガチに凍ってしまって、美味しいんだけど舌触りが微妙でした。

■ マクドナルド 表参道店
渋谷区神宮前4-2-11
Green Curry
今日も家ご飯。昨日は韓国料理でしたが、今日はタイ料理。アジア料理ばかりでございます。ジャスミンライスが食べたくて、食べたくて。450g入りの小袋を買ってきて、それでは久しぶりにグリーンカレーにしようということに決定。鶏肉と茄子、ついでにじゃが芋も入れて。最後に家で育てたかわゆいバジルちゃんも投入。おかずには100円で近所のスーパーに売られていた空心菜のニンニク炒めを。空心菜は日本語だとあさがお菜というんだそうです。

お弁当
さてさて450gのご飯は3合分だったので、翌日も朝から残りのタイカレーを食べて、お弁当にはジャスミンライスでたまご炒飯を作りました。味の決め手はナンプラー。ジャスミンライスだとたまごと塩コショウ+ナンプラーだけでも十分に美味しい炒飯になります。やっぱりまたジャスミンライス5kg買いしちゃおうかなあ。
ビビンバ
今日の夕飯はビビンバでした。久しぶりにリアルタイム更新。

ビビンバ
ビビンバはもともと法事などで用意したおかずが余った時に、ご飯に乗っけてコチュジャンを加えて混ぜて食べたいわゆる日本でいう猫まんまのようなご飯らしいのですが、ナムルや韓国的おかずが常備されていない場合にビビンバを作ろうと思うと結構な作業になるわけです。
もやしとほうれん草のナムルをそれぞれ作り、豚挽き肉をコチュジャンなどで炒めて、そしてこれはただ食べたかったきんぴらごぼうもついでに作ってこれも具にしました。

ビビンバ
彩りよくおかずを作っても、食べるときにはグチャグチャに(笑)。
でもこれが美味しいんだなあ。韓国海苔でご飯を巻いて口に放り込むと幸せが広がります。ビビンバのお供はワカメスープ。
muji cafe ローストビーフ
有楽町の無印良品にあるMeal MUJIにて夕ご飯を食べたある日。学校のカフェテリア、もしくは給食のような雰囲気のご飯でした。

muji cafe
お腹が減った誰かさんは、メイン(ローストビーフ)とDeli3品セットを食べたいとのたまうので、自由に食べれば!と突き放す。Deli3品は680円でメイン・サラダ・おかずから1品ずつ選ぶもの。これにご飯かパンが付きます。

muji cafe お惣菜
連れのチョイスはレモンチキン、ポテトサラダ(黒米入り)、カボチャのピューレみたいなものという芋芋したチョイス。

muji cafe ハンバーグ
私は煮込みハンバーグに。サラダがセット。そしてライスかパンが選べます。ハンバーグの付け合せの野菜がとっても美味。ジャガイモやたまねぎを皮ごとオーブンで焼いたような野菜は、自然の甘さがあって滋味深い味。その割にはメインのハンバーグは大して美味しくはありませんでした。

muji cafe ローストビーフ
連れのメインはローストビーフ。こちらにもドカン!とローストベジが付いてきます。お肉のソースはバルサミコビネガー&オリーブオイルというものと、ワサビ醤油の二種から選べます。連れはバルサミコ&オイルのソースにしてましたが、どう考えたってワサビ醤油のほうが美味しそうなのになあ。
食事と一緒に蜂蜜100%のワインというものを飲みましたが、強烈に甘かった!ヨーロッパでは馴染み深いものだとありましたが、本当に?そもそも蜂蜜100%でもワインと言えるのか?という疑問を残しつつ。
ところでこのレストランはテーブルも大きくて天井も高くてとても気持ちが良かったのですが、どうも使っている家具類や食器類が無印良品で売られていないようなオリジナルなものみたいでした。ワインを飲んだグラスが欲しいな、と思って食後無印内を見て歩いたのですが、どうもレストランの商品は扱っていない模様。
IKEAのレストランって全部店内で売られている商品を使用しているらしいので、それぐらい無印も徹底してやればいいのになぁと思った出来事でした。

Meal MUJI 無印良品 有楽町店
千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町2・3F
ラ・ベットラ・ペル トゥッティ トマト系パスタ
大分前に落合シェフに密着取材した番組を見て、是非とも銀座「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」に行ってみたいと思った私。しかし夜の予約を取るのは至難の業らしいし、昼の場合も午前中にお店に直接出向いて予約表に名前を残さないと取れないそうで。行ってはみたいけど、絶対無理だー!ということで、新宿の野村ビルのレストラン街にある「ラ・ベットラ・ペル トゥッティ」へ。こちらはオチアイで修行されたシェフが出したのれんわけなのだそうです。

ラ・ベットラ・ペル トゥッティ サラダ
オチアイもリーズナブルのようですが、こちらもリーズナブル。ランチは998円。
濃厚でシチューのようなミネストローネと自家製フォッカッチャ(これちょっとオイリー。でもボリュームがあって美味しい)、サラダ、二種から選ぶパスタで998円なのだから大分お財布に優しい値段です♪

ラ・ベットラ・ペル トゥッティ パスタ
この日のパスタはトマトのパスタか、海老とブロッコリーのクリームパスタでした。
私はクリーム系に。大抵トマト系を食べることが多いのですが、珍しくクリーム系にして大正解!海老がぷりぷりとして、ブロッコリーのクリームソースと絶妙なマッチング。パスタも絶妙の茹で具合!
野村ビルのレストラン街は新しくてきれいなので、最近特に気に入って時々使ってます。

ラ・ベットラ・ペル トゥッティ
新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビルB1F
スパイシー夕飯
ある日の辛いもの尽くしの夕餉の風景。
おなじみの豆腐チゲ。おかずは麻婆茄子。サラダはメキシカン。
「辛いもの」という同カテゴリーの食べ物ですが、どれも出自が違う辛さ。それが良いのであります(笑)。
麻婆茄子の味のポイントはお砂糖です。お砂糖を少し入れると辛いながらもほの甘くて美味しい麻婆茄子ができます。サラダはアボガド、トマト、クラッシュしたトルティーヤチップスにタバスコを利かせたドレッシングを掛けて。
ラルマオラ タコス
原宿のキャットストリート沿いにある小さなタコス屋さん。
カテゴリは沖縄かメキシコか迷いましたが、タコライスやゴーヤチャンプル丼もあるお店なので、これは沖縄風のタコス屋さんと判断しました。写真の焦点がぶれていてぼけていますが、皮を一枚一枚注文ごとに焼いているので皮も温かくて美味。ミートも手作りのピリ辛のひき肉などがぎっしり。

ラルマオラ
タコス(ベジ・オリジナル・チキンの三種から選べる)ひとつとソフトドリンクのセットで500円。
カウンターが四席×2、外のテラスと小さいお店でしたが居心地が良い空間でした。キャットストリートの雰囲気もえらく若くて、ここを歩いてこんなお店でおやつを食べてると10歳ぐらい若返った気分に(笑)。

ラルマオラ LA'LMA HOLA!
渋谷区神宮前4-25-10
お弁当
豚の生姜焼きをご飯に乗っけた生姜焼き弁当!
おかずは練り物を醤油と砂糖で煮付けたものと、卵焼き、きゅうり、プチトマト。
プチトマトはお弁当の色どりに欠かせないので常備しています。ご飯は最近気に入っているミルキークイーン。これは低アミロース米の一種だそうで、冷めてもモチモチとした食感がとっても美味しいのだ。ちょうどもち米を混ぜて炊いたような感じです。
IKEA ダイムケーキ
IKEA南船橋にまた行きまして、交換返品手続きをしたのが9月の初めだったかな。その際もお昼ご飯はIKEA内のレストランで食べることにしました。デザートにはWakabunのFoodiaryで美味しいと紹介されていたダイムケーキを食べることにしました。
これとっても美味しい!そしてダイムの味をきっちり再現しているではないですか。

IKEA アプリコットタルト
もうひとつ食べてみたのがアプリコットタルト。
こちらはドライアプリコットを水で戻したような食感のアプリコットがトッピングされたもの。アプリコットが適度に酸っぱい。
でもどちらかを選ぶならば私はダイムケーキのほうがいいな。

ちなみにマレーシアのIKEAのスナックコーナーでは、マレーシアの国民的スナック「カリーパフ」などが食べられます。これが恋しいんだなぁ。スウェーデンにもIKEAにも、日本にも関係ないけど、これ日本でも売られていたら嬉しいのに~(ありえないですね…)。

*過去記事 IKEAでおやつ@Malaysia 051130

IKEA Restaurant
千葉県船橋市浜町2-3-30
Costco Food Court
アメリカ発の会員制卸売り(ホールセール)ストアのCostco(コストコ)のフードコートで軽食を。
最近できたIKEAのホットドッグスタンドも安いけれど、こちらも相当安いです。ホットドッグとフリーリフィルのドリンク付で250円。こちらのソーセージはアメリカンタイプの肉肉しくてぷりぷりしたものなので、こちらのほうがお得感が高いですねー。

Costco Foods私が食べたのは、ピザとチュロスとアイスカフェオレ。
ピザはひとつ210円ぐらいだったかな。これもアメリカンサイズで、シカゴタイプというのか、よくアメリカの道端で売られている1ピースでお腹が一杯になる大きさ。ホールサイズでも売ってます。
チュロスは95円。ディズニーランドで売られている210円のチュロスは短いけど、こちらは95円でしっかり長い(笑)。
そういえば、夏にディズニーランドに行ったんだ。相変わらず夢の国でも大食漢だったんですけどね。

Costcoコストコではみんな巨大カートでたくさんお買い物を楽しんでおります。各言う私もその一人。巨大な商品を見つけると、絶対消費しきれないだろうなぁと思いつつ、ついカートに放りこんでしまいます。
柔軟剤がなくなりそうだから、買いに行かなくちゃだなぁ。





Costco Wholesale
町田市小山ヶ丘3-6-1
ヨーゲンフルーツ
新宿の三越アルコット地下のフードフロアにある「ヨーゲンフルーツ」にてアイスを食す。
以前にイタリア・フィレンツェ発の「ヨゴリーノ」が銀座プランタンに出来たという新聞記事を読んで、イタリアのフローズンヨーグルト(正確にはソフトクリーム風らしいです)って一度食べてみたいわぁと思った私。現在ではヨゴリーノの支店もボツボツと出来ているようですが、三越アルコットにある「ヨーゲンフルーツ」を見て、すっかり「ヨゴリーノ」と勘違いした私。張り切って食べ始めてから、間違っていたことに気付きました。
「ヨーゲンフルーツ」はカナダ発のフローズンヨーグルトのチェーン店だそうです。四角くホームランバー状のヨーグルトアイスブロックを、アイスミックスマシーンに好みのフルーツ(冷凍)と一緒にイン!するとフルーツ味のヨーグルトアイスとなって出てくるという仕組み。
味は至って普通でした。
なーんだ、ヨーグルトアイスならオリジナリティあふれる「ウッドベリーズ」のほうが好き。「ウッドベリーズ」のヨーグルトアイスは安いし、プチトマトやアボガドといった変り種があったし、季節のフルーツはちゃんとお店でカットした手作り感があって面白かった&美味しかった!
関西方面にたくさんあるハワイ発のヤミヨーグルトも食べたいなぁ。

ヨーゲンフルーツ 新宿三越アルコット店
新宿区新宿3-29-1 新宿三越アルコットB2F
味ちゃん デジカルビ
新大久保の味ちゃん再訪。8月は味ちゃん2号店開店記念ということで、8月前半はサムギョプサル(超分厚い!)半額キャンペーン、後半はデジカルビ半額キャンペーンをやっていました。で、今回はまだ食べていないデジカルビに挑戦。
1280円の半額で、このサイズのブタカルビが二枚付いてきます。

味ちゃん デジカルビ
サムギョプサルの場合は卓上ガスコンロに石板を置いてじっくり豚肉を焼いていきますが、デジカルビの場合は炭が入った七輪で焼いていきます。心なしか七輪で焼いたほうが美味しいような気がします。デジカルビ、甘い味付けとやわらか~い豚肉が超美味!でもサムギョプサルのようなネギなどがないので、ちょっとさびしい。
ニンニク、青唐辛子、サムジャン、サンチュ(実際はサニーレタス)だけ。でもデジカルビもいいわー。
といいつつ、隣の席でサムギョプサルを食べている人たちを見ると、サムギョプサルも食べたくなってしまうという悪循環。豚地獄だわ~。

味ちゃん トゥブチゲ
3人で4人前のデジカルビをあっさりと完食し、ご飯ものが食べたいね、ということで純豆腐チゲ定食を注文。
これも3人でシェア。カクテキが美味しかったな。

味ちゃん
今回は2号店に行きましたが、1号店より空間が広くてこちらのほうが落ち着いて食べられる感じ。左側の席のアジョシがカメラ目線です。また新大久保美味しいものの会をしましょう、Wakakoちゃんのぶちゃん

*過去記事 【新大久保】コリアンキッチン味ちゃん060525

コリアンキッチン味ちゃん 2号店
新宿区大久保2-32-3 リスボンビル1F
ぶぶか
吉祥寺では有名なラーメン屋さん「ぶぶか」。
カフェ、雑貨屋、井の頭公園などナチュラルで乙女な雰囲気が濃厚な吉祥寺ですが、ガッツリラーメンの店もちゃんとあるのです。
これはネギラーメン。細めん+とんこつスープ+ごま油やラー油で合えた長ネギの細切り、チャーシューをトッピング。

ぶぶか 油そば
そしてこれがぶぶかの名物油そば。
恐ろしい名前です。
昔「吉祥寺名物だから!」と初めて連れて行かれた時は、「なんじゃこりゃ!」と衝撃的な味で二度と食べたくないと思った油っぽさと独特の味。それが四年たって再訪してみたら、なかなか美味しく食べられたので自分でもびっくり。

ぶぶか 油そば油そばの麺は極太なので、茹で上げるのに時間がかかるため回転率も悪いのが難です。どん!と出てきた丼にはチャーシュー、ネギ、海苔、シナチク、なるとという普通のラーメンの具と同じ。そこに好みでラー油やお酢をかけてグチャグチャに混ぜて食べるのが、正しい食べ方だそうで。
このお店の面白いところは、ラーメンと油そばの麺もスープもまったく別物で違うタイプのラーメンだということ。こりゃー作るのも大変だ。しかし食べたら血中コレステロールが一気に上がりそうなので、そんなに食べちゃーまずいだろうという一品。
このお店、支店が沢山増えていたのにも驚きましたが、経営が明星食品というのにも驚きました。へぇ~。

ぶぶか 吉祥寺店
武蔵野市吉祥寺南町1-2-3
オムライス
先日作った夕食。オムライスと枝豆のポタージュ。
それにメキシカンサラダ。サラダはただレタス、トマト、アボガドにトルティーヤチップスをクラッシュしてものをトッピングしたもの。レモンを利かせたドレッシングとアボガドがよく合います。
枝豆のポタージュは、さやから出した枝豆ちゃんを茹でて、ミキサーでクリーム状にしてから漉して、牛乳、生クリーム等を加えて味付けしたもの。
オムライスのご飯、卵からはみ出しております。
無敵家
池袋西武辺りで食事をしようと歩いていたら、ラーメン激戦区にある「麺創房 無敵家」の大行列に遭遇。美味しいんじゃないの?と張り切って列に加わりました。列とはいえ回転率も高いラーメン屋さんのこと、15分もしないで入店できました。
これは連れが食べたネギラーメン(700円)。

無敵家私は本丸めん(750円)。味玉半分とチャーシューなどが入っているもの。
味は並んでまで食べる味かなあ?とちょっと思ったり。よくよく考えてみると、好きなラーメンは東京の醤油ラーメン(さっぱりしたやつ)か、長浜ラーメンのような細ストレート麺できくらげやらゴマやら紅しょうがが入ったもの。東京のとんこつって苦手なんでした!どどーーん。
このお店の麺は「健康を考えたカンスイを使わない麺」を使用しているそうで、それでもカンスイの入った縮れ麺が好きな私はちょっと物足りなく感じたのでした。
でも若者で背脂がチャチャっと入ったラーメンがお好きな方には美味しいと思います!

麺創房 無敵家
豊島区南池袋1-17-1
アロイナタベタ 定食

アロイナタベタ カオマンガイ大分前のことになりますが、吉祥寺に新しくできたタイ屋台料理店の「アロイナタベタ」に行きました。
ずーっと昔に有楽町のガード下にある(国際フォーラム方面のJR高架下)「アロイナタベタ」に行ったときは一律500円のお店でしたが、600円にいつの間にか値上げしていました。
昼も夜も一律600円。定食などを食べるとリーズナブルな感じ!連れはタイの鶏飯「カオマンガイ」を。以前有楽町で食べたときはあまり美味しくない?と思った記憶がうっすらあるのですが、今回は美味しかった。チリソースが美味。でも少ししか付いていないので足りない…。

アロイナタベタ グリーンカレー私はCセットの定食だったかなあ。
アロイナタベタでは3種類ほどのごはん+おかず3品の定食があって、私はグリーンカレー(チキン・茄子)、空芯菜炒め、豚肉細切りのアミ塩辛炒め(+ちょっとした春雨サラダ)のセット。
他のセットはイエローカレーやレッドカレーなんかだったかなぁ。
グリーンカレーは昔はよく自分で作ったりしましたが、最近はまったく作らなくなりました。ココナツミルク料理はこってりしているけど、時たまちょっと食べたくなってしまう~。そんな時ここの定食は都合がいいです。豚肉細切り炒めも東南アジアテイストで美味~♪

アロイナタベタ 空芯菜炒めそしてこのセットには空芯菜が付いているので、ついついこちらに心惹かれてしまうのであります。
ニンニクが利いていて美味しいなあ。これさえあればご飯が進む。






アロイナタベタ 店内店内は屋台料理屋さんということで、「お好きな席にどうぞ~!」と適当に座って、料理を注文すると席で前払い方式。
料理もすぐ出てくるし手軽で便利です。







アロイナタベタ 吉祥寺店
武蔵野市吉祥寺本町1-9-10-B1
BCD TOFU HOUSE
LA発の純豆腐チゲのチェーン店。アメリカの西海岸、特にロサンジェルスには韓国人の移民が多いということは、ロス暴動のときに広く知られるようになりました。戦前を中心にハワイやアメリカ大陸に多くの日本人が渡り、今では大々的な日本人移民は見られませんが、そんな日系コミュニティとは異なり、アメリカの韓国系コミュニティは、今でも沢山の韓国人が移住して来るというオンゴーイングな現象。ダイナミックな食文化の形成はこういう人の往来から生まれるのかなぁ。
というわけで、BCD TOFU HOUSEの日本1号店で私はオリジナルスンドゥブ(豚)を。

BCD TOFU HOUSE
この場所って、昔韓国式お刺身屋さんがあったところだったっけ?新大久保の栄枯盛衰はテンポが速くてついて行けませぬ。そんななかこのお店の斜め向かいに昔からあるピョジュパクは、しっかり根付いているようでご健在でした。このお店、どうってことないけれど、ディープ韓国定食屋という雰囲気で面白いですよー。
BCD TOFU HOUSEの店内はこざっぱりとしていて、壁には大きなLA店の写真パネルが飾ってあります。LAではスンドゥブチゲブームらしいですが、本当なのかしらん。アジア系コミュニティ内の話かな?

BCD TOFU HOUSEパンチャンは白菜キムチ、カクテキ、チャンジャ、マヨネーズサラダ、ムルキムチ。ムルキムチが出てくるなんて日本では珍しい。パンチャンでケジャン(渡り蟹の唐辛子漬け)が出ると聞いていたのですが、出てこなかった~。クーポンも値下げをしたということで使えないし割高感が高まる!
以前はランチはスンドゥブチゲ定食が一律980円で、夜が1280円。それでクーポンが使えたそうですが、今は昼も夜も一律980円に値下げしたためクーポンが使えなくなり、値下げしたからなのか、昼だからなのかケジャンが出ないなんて、昼に行くのは損ってことなのかなぁ。

海鮮スンドゥブ連れはヘムルスンドゥブチゲ(海鮮純豆腐チゲ)。こちらはムール貝なのか、貝のだしが利いていました。が、オリジナルのほうが美味しかったかな。
このお店の売りは、石釜で一人分のご飯を炊いたふっくらご飯。チゲと一緒に石釜が運ばれて、テーブルの近くでご飯をお椀によそってくれます。ふっくらしててご飯が美味しいのだ。
チゲももちろんブクブクと加熱された状態で運ばれてきて、テーブルで各自生卵を割り入れます。それからスプーンでグチャグチャに混ぜて頂きます。

おこげご飯をよそった後の石釜には水が加えられて、ヌルンジ(おこげ)として食べられます。熱い石釜に入れられた水は熱湯になって、おこげスープみたいな状態に。これも日本では珍しいかも。

今年は純豆腐チゲの当たり年なのか、沢山のお店がオープンしていますねー。でもこのお店アメリカでのような大成功を収めるのは厳しそう。サイドメニューがほとんどないのも原因?
新しいものが好きな日本では、新大久保でアメリカンスタイルのコリアンレストランとして経営したら新しくて流行りそうなのにー。リアルタイムの韓国のTV番組を流して「韓国」を売りにするより、アメリカっぽい韓国を売りにしたほうが、目新しいし儲かりそうなんだけどなあ。駄目?

■ BCD TOFU HOUSE
新宿区大久保1-15-15秋山ビル1階B号
ガーデンのパン
おじさんマークが可愛い香港の製パンメーカー、ガーデンのバーガーバンズを買ってきたので

ハンバーガー
自宅でハンバーガーを作りましたー。美味しかったよん。
エッグタルト
空港のベイカリーショップ「君蘭餅家」でエッグタルトを購入。しかし素敵な名前のお店だわー。熱々のところをその場で食べましたが結構美味しかったので6個購入して帰国しました。自宅でオーブントースターで温めて食べても美味しかった!

梅が枝餅風
ついでに入り口近くに売られていた焼餅も購入。
これ大宰府天満宮の梅が枝餅のようでいて、ごま油が効いた中華餡がとーーっても美味!これ、また食べたいなあ。

君蘭餅家 Orchid Padaria Bakery
Non-restricted Area: Arrivals Meeters & Greeters Hall (Level 5)
Chek Lap Kok Airport, Lantau Island, Hong Kong
ジントニック
帰りの飛行機は行きのように揺れないので、ジントニックを二杯飲みましたです。うはは。

和食
和食は何の魚だったか忘れてしまいました。不味かったなあ、これ。

洋食
お勧めです♪と言われたビーフシチューも美味しくなかった…。日系ってどうしてこう機内食が際立ってまずいの?
空港ごはん
空港で最後の香港ごはん。マキシムの飲茶屋さんもあったけれど、普通のご飯が食べたかったので、チェーン系ファストフードで食べました。まず何をおいてもの、醤油焼きそば。量も多くて美味しいー。

空港ご飯 蝦炒飯
滞在中食べたかったのに、メニューになかったりで食べられなかった普通の蝦炒飯をここで(笑)。
これも量がたっぷり。発泡スチロールの容器をもらって8割がた持ち帰りました。

空港ご飯
香港にたくさんあるチェーン店「大家楽 Cafe de Coral」のサックリング・ピッグ(片皮焼乳猪)。文字通り赤ちゃん豚の丸焼きの皮部分がご飯の上に乗って、まぁ美味しそう!
ってこれ、今回の滞在で一番美味しかったんだよなあ、実は。
お値段20Hk$だったか。あー安上がりな自分!
糖朝
日本にもたくさんお店がある糖朝。日本にないメニューがあるかもよーということで来店。私は二度目です。が、前回は一人で台風の夜に味気なく食べたので、もう一度行ってみたかった♪
↑は香辣京都炸醬麵。これは香港でいろんなお店で食べられますが、初めて食べました。甘辛テイストで美味しいー。

糖朝
ここでもお約束の雲呑麺。ほかにお粥も食べたけど、やっぱり朝はお粥が美味しいー。
他に蝦といり卵のかけご飯(なんていうのかしらん)が食べたかったのですが、朝なのでできないとのことで断念!

糖朝
88 Canton Road, Tsimshatsui, Kowloon
Hong Kong
レパルスベイホテル
レパルスベイホテルのオープンエア部分にあるカレーレストラン、スパイスでディナー。

レパルスベイ
オープンエアの部分から崖の先端のほうに広がる広場からはレパルスベイが望めます。もう最高のシチュエーション。

レパルスベイ スパイス
このSpicesは、タイやネパール、インドなどのカレーレストラン。私はストロベリーマルガリータを。日が落ち始めて、潮風がねっとりとまだ少し暑いけれど、風が気持ちよい。

レパルスベイ スパイス
おなかがいっぱいだったので、4人でカレーをシェア。総意でマトンカレーに決定!

レパルスベイ スパイス
かごに入ったジャスミンライスを店員さんが好きな量サーブしてくれるので、4人でひとつのカレーをシェアした割には十分食べられて大満足。

レパルスベイ スパイス
一緒にサモサとガーリックナンも頼みました。
揚げたてのサモサ、美味!でも食べ切れなくて包んでもらいましたが。

レパルスベイホテル
周りを見渡すと、キャンドルを灯しながら食事する西洋人カップルや、地元のチャイニーズの家族連れなどいろんな人がリラックスして食事をしていていい雰囲気。
このお店は特に込む様子もなくて並ばずに食事ができるし、ビーチの近くにこんなに雰囲気のいいレストランがあって香港、いいなあーとまた思うのでした。
ここの高級アパートに住みたいよー。

■ Spices
109 Repulse Bay Rd, Hong Kong
レパルスベイ ザ ベランダ
今回の香港、5日間で2日もレパルスベイ・エリアに行ってしまいました。香港のセントラルから、お金持ちエリアを抜けて山坂を猛スピードで走り抜ける乗り合いバスが楽しくて、色々乗ってみました。海でぼーっとしたりお茶したり、のんびりできてよかったなあ。

レパルスベイホテル アフタヌーンティ
私の祖母が夢中になって観ていた映画『慕情』の舞台になったレパルスベイホテルの名残がこのベランダというレストラン。ホテルは高級アパートに様変わりしましたが、おそらくエントランス部分であったであろう場所にペニンシュラホテルと同じ経営グループがレストランとショッピングアーケードを経営しています。

レパルスベイ ザベランダ
目の前の崖を下れば、そこはすぐビーチ。公共のビーチだけどシャワーやらおトイレやらがちゃんとあるし、階段を上って道路を挟んだ斜面には、こんなに素敵なお茶処があるなんて!香港、やっぱりいいわー。

レパルスベイホテル アフタヌーンティ
アフタヌーンティは予約必須。
夏だったからなのか、予約しないと席が確保できないようでした。みんな優雅にお茶タイム。
豪華なフィンガーフードには、トリュフの乗ったサーモンパテ(レンゲの)、キャビア付スモークサーモンカナッペなど、ハイソな雰囲気!(でも少なすぎて味がよく分からなかったなぁ)

レパルスベイホテル アフタヌーンティ
甘いお菓子もてんこ盛り。
トリュフなどチョコレート類はペニンシュラ・ブティックで販売されていたものが並んでました。ちょうどペニンシュラでは試さなかったThree Brothersというチョコレート、カリカリしていて美味しかったな。

レパルスベイホテル アフタヌーンティ
ティラミスとチョコレート掛けのイチゴ。シャンパンの付いたセットもあったけど、シャンパン飲みながらイチゴを食べたら美味しいだろうなー。

レパルスベイホテル アフタヌーンティ
フィンガーフードが食べ終わった頃、スフレが登場。しかしこのスフレ、卵白が十分に混ざっていないのか、卵白の塊が舌に触ったり大雑把な味でした。むーーん。

レパルスベイホテル アフタヌーンティ

レパルスベイ ザ ベランダ

あー、とっても素敵だったなぁ。今度はディナーで行ってみたい!

The Verandah
109 Repulse Bay Rd, Hong Kong
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。