美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CIMG0085.jpg
六本木ヒルズのジョエル・ロブションに行ったのは確か10月のことだったか・・・。そういえば、巷でうわさのミシュランで東京のジョエル・ロブションの3つのレストランすべてが星を取っていましたが、こちらも2つ星だそうで。ほえーーー。そうなんだ?そうなのかなぁ・・・。
この日は2,900円のランチ。最初のアミューズは薄切りバゲッド&リエット。これ、美味しいー!昼間からビールを片手にリエットをぺろり。幸せだなあ。

CIMG0086.jpg
そしてうれしいパン食べ放題!
ここのミニバゲッド、大好き♪それからブリオッシュが、バターたっぷりで罪悪感が沸きつつも2・5個食べましたー。

CIMG0087.jpg
パンが入っているバスケットって、IKEAのストックホルムとかいうシリーズのかごに似てるよなーなんて思いながら、キッチンを眺める。ロティサリーでクルクル美味しそうにローストされてるチキンが美味しそうだなあ。

CIMG0088.jpg
私はブルーチーズ(だったと思うけど)が入ったラビオリ入りコンソメスープ。サワークリームを添えてもらいました。可もなく不可もなく。

CIMG0089.jpg
同行者のチョイス。これは何だったのでしょうか?
口にしてないのでよく分かりませんが、冷たいポタージュにサーモンが浮いたものだったかしらん?

CIMG0090.jpg
私のメインはウズラ(だったかなぁ・・・)のロースト。フィンガーボールまで出てきたけれど、フォークとナイフで簡単にきれいに食べられるやわらかーいお肉でした。でもあまり記憶に残らない凡庸な味だったような。

CIMG0091.jpg
これは同行者のチョイスのお魚。これは一口頂いたのですが香ばしくて美味しかった!パプリカのソースだったかなー。
なんだか記憶があいまいでなんのレビューにもなりませんが、とりあえず「これ食べた!」という記録として♪
でもオープン当時に食べたときはもうちょっと華やかで美味しかったように記憶しているんだけどなあ。来るたびに「こんなだったっけ?」と思ったりもするけれど、六本木ヒルズらしい華やかなレストランだと思います。

■ ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ヒルサイド 2F
スポンサーサイト
CIMG7145.jpg
東大に程近い本郷にあるハンバーガ屋さんFire Houseへ。遅くまでやっているお店で(月~金は深夜1時まで、週末は23時まで)便利なのです。お店の外観は西部劇に出てきそうなかわいい感じ。

CIMG7144.jpg
道路から一段低くなった入り口には、ハンバーガーの置物が。

CIMG7147.jpg
Fire Houseと銘打つだけあって、消火栓などの飾りも。クリスマス仕様の窓ガラスを「かわいいーー!」と言いながら覗き込んでみたら、店内のカップルが非常に迷惑そうにしておりました。ごめんなさいです!

CIMG7140.jpg
店内は21時前という夕飯にはちと遅い時間にもかかわらず店内は8割がた満席。周りのお店はわりと空席が目立つ感じがしたので、このお店ってひっそりしているけど人気店なんだろうなーと思いました。
入店したときには空いていたカウンター席も、食べている途中で東大生らしき若者たちがだーっと入ってきて埋まってしまいました。

CIMG7136.jpg
連れはコーラとアボカドバーガー(1050円)。上のバンズを持ち上げて写真を撮ろうかと思いましたが、アボカドがきれいに入っているようだったのでやめました。店内は混んでいたけれど、バーガーがサーブされるまでにかかる時間はそれほどでもなかったです。

CIMG7137.jpg
私はエッグバーガー(1000円)&生ビール♪
ドライバーの連れはコーラだというのに、鬼です。
お腹が空きすぎてて(お風呂に行ってサウナに入った後だったのでよけに空腹だった)、メニューをざっと見ただけでエッグバーガーにしてしまったけれど、モッツァレラマッシュルームバーガーが食べたかったなあ。これ絶対美味しいはず!

CIMG7142.jpg
お見苦しい写真ですが、かじった断面図(笑)。
このお店、美味しさもさることながらすごいなーと思ったのが、大きいバーガーを袋に入れてかぶりついても、中身や汁がどぼどぼこぼれてこないところ。
レタスはパリッとしていて、トマトもパテもジューシーなんだけど、うまい具合にドライというか。うまい表現が見つかりませんが、とても食べやすいバーガーでした。バンズにたっぷり塗られたマヨネーズとエッグも優しい味で美味しかったなー。

CIMG7143.jpg
うー、美味しかった♪完食!
周りを見渡すと女性のお客さんには多いようで、フレンチフライを残す人やバーガー4分の1程を残す人などが見受けられました。がっつり食べたい人には最適のバーガー屋さんだと思います。
HPには"Nippon's Tastiest Burger!!"というキャッチコピーがありましたが、あながち嘘じゃないわっ!と感動した夜でした。

FIRE HOUSE
文京区本郷4-5-10
CIMG0303.jpg
母の作るミートソースが食べたくなり、作ることに。
ミートソースは、ひたすら野菜をみじん切りにする修行のような作業工程がつらい!セロリ、たまねぎ、にんじん、トマトをみじん切りに。私がアメリカで買ってきたクイジナート(一番小さいやつ)で母はがーっと一気に野菜を粉砕するのですが、私もあれを奪い返したいわ!そもそもみじん切りがへたくそなので、じっくり煮込んだつもりでもやっぱり野菜の粒が粗いのでした。
ルクルーゼの鍋にたっぷり出来たので、半分は小分けにして冷凍庫へ。
今夜は茹で上げたスパゲティーニにオリーブオイルをちょっと絡めて、その上にミートソースをオン!一緒に食卓に並んだのは、最近我が家でブームの肉サラダ(笑)。
レタスの上にただソテーした豚ロース肉(薄いものをカリカリにソテー)とえのき茸のソテーを乗せて、ゴマ風味のドレッシングをかけただけのもの。

CIMG0320.jpg
これはある日の昼食のペンネ。
硬めに茹で上げたペンネをバターで炒めてミートソースを絡めるだけ。少しの生クリームとパルメザンチーズを削って和えてみたら濃厚で美味しかった。

CIMG0324.jpg
実はこの茹で上げスパゲティを強火で炒めてミートソースを絡めるタイプのが一番好き!麺に軽く焦げ目がつくぐらいが良いのです。
ミートソースを冷凍しておくと便利で良いですねぇ。
CIMG7162.jpg
連れのお母さんにもらった大根キムチ。
小さい大根を縦に4分の1に切って漬けたもの。ガラスの瓶に入れてみた。でもやっぱり匂いが漏れますなー。

CIMG7163.jpg
ところどころ大根の葉も残してあって、それも刻んで食卓へ。前回もらったペチュキムチより、こっちのほうが断然にうんまい!コムタンも大量に作っておいてくれて、キムチと一緒にコムタンも持ち帰りました。これもコラーゲンたっぷりで、キムチを入れながら食べると美味しいー。あまりに大量だったので、小分けにして冷凍庫へ。今度解凍したら、写真を撮ろうと思います!
CIMG7051.jpg
実家に遊びに行ったら偶然前日に長野の小布施に行ったということで、桜井甘精堂の栗の木テラスのモンブランがあるではないかー!
小布施といえば栗菓子が有名ですが、栗の木テラスのモンブラン、和栗を使ったさっぱりした和風モンブランという風情で、アンジェリーナなどの濃厚こってりモンブランとは対極を行くものですねー。私はこっちのほうが好み♪

CIMG7054.jpg
汚いですが食べかけの断面図。
下のクッキー生地が一日たってもサクサクで美味!

CIMG7052.jpg
こちらはぶどうのタルト。ぶどうの下にはたっぷりのカスタードが敷き詰められていて、フレッシュで果汁たっぷりのぶどうとぴったり。

CIMG7053.jpg
こちらはフルーツロール。これもフルーツたっぷりで美味しかったなー。ってどんだけ食べてるのよ!という話ですね。
ぶどうのタルトとロールケーキは一口つまみ食いしただけですよん。

栗の木テラス
小布施町784
CIMG0191.jpg
福生のNICOLAで食事した後は、この通りに出来たブルーシールでサンデーを食べることに。
この福生店が本土のBig Dip(アイスクリームパーラー)初出店だったそうですが、その後鎌倉や由比ガ浜などにもお店が出来ているみたいですねー。やっぱり沖縄発のアイスショップだし、海に近いほうがそれっぽいよね♪

CIMG0188.jpg
このお店、とってもゆるーーい雰囲気で、内部は手作りっぽいのよね。外資のアイスクリームショップとは一線を画す、独特路線。
アイスのフレーバーも「塩ちんすこう」だとか「ウベ」「美らいも」(←ちゅらという形容詞こそついているけど、ずばり芋だよ!)「ゴーヤ」「さとうきび」などとってもローカル色あふれる魅惑的なラインナップ!

CIMG0190.jpg
いろんなフレーバーのアイスに魅了されつつも、ここはサンデーで。私はバナナフランベサンデー。バナナスプリットと迷いました。
キャラメリゼしたバナナが乗ったシンプルサンデー。コーンフレークもざくざく入っていました。
バニラアイスは濃厚で美味しかったのですが、ウィキでみると意外やラクトアイスだそうです。

ブルーシールアイス福生店 Big Dip
福生市福生2475
CIMG0181.jpg
お久しぶりです!少し忙しかったため、更新が滞っておりました。
さて、福生へドライブに行った折久しぶりにNICOLA(ニコラ)で食事をしました。
こちらは老舗のアメリカンイタリアンのレストラン。懐かしい雰囲気の店内は、古き良き「ファミリーレストラン」です。店内の写真はニコラのホームページでチェック!
福生近辺の16号付近は横田基地があるため、アメリカンなお店が多くて昔から面白い地域ですが、このニコラも基地と一緒に根付いたお店なのでしょうねー。ウェイターさんたちがいつもパリッとした制服を着て、完璧な給仕をしてくださるのも印象的。お店の雰囲気はカジュアルだけど、店員さんの接客はなかなか丁寧で良いです。が、それ相応に(?)お値段もそれなりにしますねぇ。
熱々で美味しいオニオングラタンスープから。

CIMG0182.jpg
メインで和牛ステーキなんて食べちゃいましたよ。
お肉の上にバターが乗ったステーキって、懐かしいスタイルではありませんか!昔のファミリーレストランのステーキってこういうスタイルが多かったよねーと盛り上がる!
もちろんお肉は柔らかく、そしてソースがとっても美味でした。

CIMG0184.jpg
私はドライバーではなかったのでお酒も飲みました(最悪ですなー)。
ここの生ビールは中ジョッキと大ジョッキがあって、大はアホみたいに巨大なので中にして、その後赤ワインに。一人なのでハーフボトルにしましたよ。

CIMG0183.jpg
ニコラと言えばピザ!なので、何をおいても一枚は注文いたします。ピザも懐かしい感じのスタイルで、いまどきのナポリピザだとか薄焼きのパリパリのピザとは一線を画すパイのような生地に、ゴーダーチーズたっぷりのもの。母曰く青春の味なのだとか。確かにそうかも。これが懐かしくて美味しいんだなー。
今回はシーフードピザ。余った分はテイクアウト用に包んでもらいます。

CIMG0186.jpg
パスタはボンゴレ・ビアンコ。
ガーリックたっぷりで美味しかったなぁ。いつもペスカトーレばかり食べてしまうので、ボンゴレ・ビアンコは新鮮でよかったなー♪
デザートは他で食べよう!ということになり、ニコラのアメリカンなサンデーはやめておきました。残念っ!

NICOLA
福生市福生2402
CIMG0098.jpg

代官山のヒルサイドテラスにあるアメリカンなケーキ屋さん、松之助(MATSUNOSUKE.NY)のケーキ、なんだか好きなんだなあ。自分でも作れちゃいそうな素朴な味なんだけど、懐かしいバリエーションに心が躍ります。
今回は私はサワークリームアップルパイ♪
ここのアップルパイはアメリカンテイストで懐かしいのです。中学生の頃、ケントギルバート(牛乳瓶底めがねじゃない方の人)がNHKか何かでアメリカのアップルパイの作り方というのを紹介していて、それが生のりんごスライスに小麦粉を大匙1とお砂糖とシナモンパウダーを適量入れて混ぜたものを、パイクラストに敷き詰めて焼くというシンプルなもので、以来私はこのシャキシャキしたアップルパイを「アメリカの味」と信じて疑わない子に育ったのですが(笑)、松之助のアップルパイはまさにこのタイプなのです!日本の甘くてレーズンが入ったアップルパイしか知らなかった私には目から鱗だったんだよなー。
とはいえ、私が住んだアメリカの片田舎ではこんなおしゃれなアップルパイはなかったけれど…。
連れはキャラメルニューヨークチーズケーキ(これは春夏のフレーバーです)。これもニューヨークチーズケーキらしい濃厚なチーズフレーバー!
秋冬は大好きなピーカンパイも出るので、そろそろまた買いに行きたいなー。
あとブラッドピットチョコレートパイが気になる!どんな由来が?どんな味なの??

松之助 MATSUNOSUKE.NY
渋谷区猿楽町29-9 ヒルサイドテラスD-11
CIMG6962.jpg
久しぶりに
水道橋の海南鶏飯
へ。今回はお昼時なので、私はガッツリと海南鶏飯。アヤムゴレン(揚げた鶏肉)で♪

CIMG6963.jpg

ここの海南鶏飯は蒸しと揚げの二種類のチキンから選べるのですが、揚げを選ぶのは初めて!そもそも揚げたチキンの海南鶏飯は現地ではなかなか見かけないような気もするけれど(ローストかスチームの二種類が普通)、揚げってばクリスピーでとーっても美味!これは美味しいわん。
チリソースもお代わりでたっぷり頂いて、ついでにご飯もお代わり!ランチタイムはご飯のお代わり無料なのが嬉しい。

CIMG6964.jpg

連れはラクサを。ラクサのスープにヨントウフ(ここのお店のヨントウフは、豆腐に海老のすり身を挟んだもの)が入ったランチとラクサで迷っていたけれど、麺が食べたい!ということでラクサにしていました。麺はミー(卵麺)。
濃厚なココナッツミルクがたっぷり入ったラクサは、友達のお母さんが作ってくれるラクサとほぼ同じ味がしました。くーーーーぅ、美味しいねえ。麺なのに茶碗一杯のタイ米が一緒に出てくるところが心憎い。労働移民から出発した国だもんね。昼ぐらいはガッツリ食べようぜ!と声高らかに言っているようで、シンガポールらしくてとってもいいですなー。

過去記事 *海南鶏飯 070131

海南鶏飯
千代田区三崎町2-1-1美幸ビル2F
CIMG0252.jpg

煮こみやなりたにまた再び行ってしまいました。実際には前回が8月半ばの訪問だったのですが、今回は10月の下旬ごろの訪問です。
予約のための電話を2週間以上前にしたら「今は予約は2週間前に受けているんですよ~!」とのこと。そういうわけなら、ときっかり2週間前の夕方18時半頃にお店に電話するともうカウンターは予約でいっぱいとのこと!すごいなぁ。たった1時間やそこら出遅れたらもうカウンターは満席だなんて!
というわけで、店内のカウンターが辛うじて眺められる横のテーブルを予約しました。今回はちょっとしたお祝い事があったので、連れと一緒に「飲むぞー!」と張り切っての襲撃。
一杯目はエビスの生で。

CIMG0254.jpg

とりあえずでエスカルゴ。はじめに出してくれるフランスパンでガーリックバターのソースをしっかり拭ってきれいに食べます(笑)。

CIMG0256.jpg

お次は砂肝のサラダ。今回はパスしてもいいかな?とも思ったのですが、連れが初訪問なのでとりあえず注文してみました。心なしか前回よりもボリュームが多くて一生懸命食べたのだけれども、完食できず。。。無念。

CIMG0260.jpg

ビールの後は白ワインに。辛口さっぱりという好みを伝えて選んでもらいました。

CIMG0258.jpg

こちらは連れチョイスのフォアグラのパイ包み(1500円)。バターでソテーされたインゲンが山盛りっ。

CIMG0259.jpg

大きなパイ包みをナイフで切ると、ソテーされた玉ねぎとフォアグラ、あと鶏肉か何かのお肉がたっぷり詰まっています。ほほい!
これ、玉ねぎがたっぷり入っているのでフォアグラの濃厚さが緩和されて美味しかったなー。連れはこれとエスカルゴがとても美味しかった!とご満悦。

CIMG0265.jpg

さて食べすぎ気味ですが、最後に牛ハラミのステーキ(1800円)。提供されるまで時間がかかるお店なのでこの段階ですでに2時間弱が経過していたかなぁ。

CIMG0266.jpg

これもすごいボリューム。マスタードをたっぷり塗りつけて豪快に食べました。

CIMG0268.jpg

そして結局ワインは二本目へ突入。今度は赤。一人一本飲んでいる計算に…。飲みすぎっ。

CIMG0269.jpg

しっかりワインを飲みきって、最後はカプチーノと洋ナシのソルベで終了。
なんだかんだとこういうスタイルの洋食が我々にはしっくり来るなぁと思いました。また行こうぞよ。

*過去記事 【代々木】煮こみやなりた 071017

■ 煮込みやなりた
渋谷区千駄ヶ谷5-20-19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。