美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2007_1207 570
神楽坂のビストロ・ド・バーブに友人夫婦とディナーに行ったのは12月のことです。実は、これは品川のOutbackで無料ランチをたらふく食べた数時間後のお話なのです…。おそろしやー。

2007_1207 558
死ぬほどOutbackで飲み食いした後、重いお土産(ワインボトル2本、アメリカンなお菓子、ナイフ2本などなど)を持って街をさまよう。がんばってお腹を空かせなくては!と新宿にひとまずは出て、家電量販店に入って練り歩くものの、満腹すぎてすぐ疲れるのでした。もう帰って眠りたいねぇと悲しくなりながら、市ヶ谷のマックでお茶を飲んで時間をつぶす。そして予約の時間にお店に到着したものの、この辺りから意識がだんだん遠のいていくのでありました。
これはアミューズの豚軟骨入り煮こごり?リエット?なんだかそんな感じのもの。

2007_1207 559
このお店は、友人の一押しということで来るのを楽しみにしていたのに残念なコンディションでしたが、3,900円のディナーコースは前菜・メインとたくさんのチョイスから選べるので目移りしてなかなか決められないのだ。そしてどのメニューも野菜を多用するのが特徴的。これは女性には嬉しいお料理だと思います。私が選んだのはホタテの温かい前菜だったかなぁ。

2007_1207 561
これは私の連れが注文したメインだったかなぁ。お昼にリブだステーキだと食べた割には、あっさりと「あ!フォアグラがある!ぼくこれね。」と決めていた。フォアグラとか白子とかこってりしたものを好む割に痩せているから憎らしい。

2007_1207 562
これは友人のチョイス。オマール海老だったかな?前菜もお野菜がたっぷりだけど、メインにも野菜がたっぷりなのです。てっぺんのポテトチップスももちろんお店で手作りされた肉厚なもの。美味しかったなー。

2007_1207 563
こちらは友人夫のチョイスで、牛肉の赤ワイン煮込み。マッシュドポテトとお肉がどばーーん。
これを見ると「なんだ、野菜ないじゃない?」と思われるでしょうが、メインのお皿に野菜が盛り込まれないお料理の場合は温野菜盛り合わせが別皿で出されます。これがまたすごいボリュームなの。

2007_1207 565
これは私のチョイス。海老を包んだ若鶏のローストだったかな。海老と鶏肉という取り合わせが珍しくてこれにしてみましたが、しかしこれが、不思議と中華味なのでびっくり。

2007_1207 566
チキンの背中をナイフで開くと、こんな感じで海老が入っておるのです。八角系のスパイスを使っているのでしょうか。正直ちょっといまいちでした。野菜は美味しかったです。

2007_1207 567
デザートは、心惹かれるものがなく考えあぐねる。友人はキャラメルタルト。

2007_1207 568
残り三人はマロンのパフェだったかな。パフェと冠するデザートですが、バニラアイスに栗片と生クリームを混ぜ込んだもので、ちょっと脂っぽかったかなぁ。

全体的に小ぢんまりしていて居心地が良いお店でしたが、なにせコンディションが悪すぎた。お腹がいっぱいでいかに食べきるか(結局メインは少し食べ残してしまった!)で疲れしまった感じ。正直、食後は自分で撮ったこの写真も見たくなくて更新が延び延びになってしまったというわけでした。あほか。。。
このお店、ランチの評判がいいみたいなので今度はランチに行ってみたいな。

■ ビストロ・ド・バーブ
新宿区納戸町15-9 武石ビル1F
スポンサーサイト
2007_1207 594
南青山や札幌にお店のあるアニバーサリーというお店のオーナーパティシエがオープンさせた可愛らしいケーキが並ぶお店L'OLIOLI365のデコレーションケーキを買ってもらったのは、確か12月のこと。
イギリスでシュガークラフトを学んだオーナーが作るケーキは、様々な形・デザインでどれもとっても可愛いのだ。

2007_1207 591
過剰包装気味にラッピングしてくれるのですが、確かにこのデコラティブなケーキを崩さずに原形をとどめたまま家に持ち帰るのは至難の業。ケーキよりも1.5倍ほど大きなプラケースにケーキを固定して、それで何とか崩さずに持って帰れるという感じ。

2007_1207 615
大きく見えるケーキだけれど、実はとても小さいホールケーキです。直径10㎝~12㎝ぐらいだったかなぁ。比較物として腕時計とコーヒーカップを置いてみました。(こういうことするのは職業病です)

2007_1207 616
そして一気に崩しにかかる!
切り分けることなく2人でフォークを握って食べちゃうには適当なサイズ。
私はバタークリームのケーキが好きなので、美味しく頂きましたヨ。
バタークリームは、古典的なこってりバターではなくてたぶん生クリームと合わせてあるだろうさわやか風味。絞ってあるクリーム部は、生クリームで、お花のデコレーション部分がバタークリームだったように記憶しています。銀ボールはチョコレートだったかな。
可愛かったので写真を撮りまくって大興奮でしたが、こんなに小さくて3,000円弱したような。というわけで自分では買わないであろうケーキナンバー1ですなー。味は値段の割には至って普通のように感じましたが、可愛いものに目がない女子にはもってこいのケーキでしょうなー。

■ L'OLIOLI(ロリオリ) 365 by アニバーサリー 伊勢丹新宿店
新宿区新宿3-14-1 伊勢丹新宿店 本館地下1階
2008_0224 062
毎年毎年バレンタインといえばブラウニー。クルミがたっぷり入ったチャンキーでthickなチョコレートブラウニーが連れのお気に入り。でも材料も高くて高カロリーなお菓子は頻繁に作れるもんじゃない!ということで、2月のこの時期にのみ作るのであります。だから一年に一回の恒例行事。ブラウニーを思う存分食べる会=バレンタインみたいな(笑)。
今年は2月12日に餃子を作った後に愛用のパイレックスのガラスボールを割ってしまい(涙)、ボールがないからお菓子は作れんと思っていたけれど、結局パン作りのために必要で13日に琺瑯製のボールを買ったので結果オーライ。
材料は去年のものが残っていたので、賞味期限は気にしない方向で使ってみました♪

2008_0224 064
生クリームと一緒に食べるブラウニー、美味。
カカオマス、ク―べルチュールチョコレートやチョコチップも入れるのでビターで濃厚。
来年もたぶんまたブラウニーかなー。簡単だしね~。中学生のころは自分が食べたいがために張り切ってバレンタインにトリュフとか作るマメさがあったんだけどなあ。あのころの自分よ、カムバック!
CIMG7604.jpg
今般の餃子騒動で、餃子の人気が上昇中らしいですね。面白い。韮の価格も高騰中。こりゃ参ったわー!といいつつ、餃子大好きな連れが「お腹一杯おもいっきり食べたい」とおっしゃるので、週末の夜に餃子大会。
今回は皮は自作せず市販品で。手作りだとあまり上手じゃないので、皮伸ばしに失敗しがち。そして厚めの皮になってしまうので、薄くてパリッとした餃子が食べたいときは市販品に。
私が作る餃子は豚挽きがちょっとに野菜たっぷりの野菜餃子風。野菜がたくさん取れるから餃子はいいね。そしてビール!餃子にビール、ギョウビーで幸せ。

実はこの餃子の前に、連れがフライパンに付きっ切りで「おれは餃子マスター!美味しい餃子を焼いたるでー!」と騒いでいたけれど、出来た餃子は焦げ焦げ・・・。どうしてフライパンの前にいて焦げるのが不思議でならん!
というわけで、おかずと一緒に撮った一枚はこのように若干焦げているわけです。この日の豚汁、美味しかった!
CIMG7599.jpg
CIMG7609.jpg
久しぶりにコールドストーンでアイスを食べてみた。ワッフルはあまり好きではないので、プラスティックカップに入れてもらいましたが写真で見るとしょぼい外観・・・。これはこの時期限定フレーバーのバレンタイン・クリエーションで、Bitter Sweet Kiss。リッチビターチョコレートアイスをベースに、チェリー、ブラウニー、ホイップクリームをミックスしたもの。このベースのリッチビターチョコレートアイスの濃厚なことといったら!若干ヌメヌメした感じも。

しっかしここのお店の店員さんは、ザ・マニュアル!という感じで面白い。
アメリカ発のホスピタリティに満ちた接客は、日本人同士@日本という環境ではうすら寒いものがある。
<アイスを大理石でコネコネしながら>
男性店員:今日はお買い物ですか~?いいですねぇ♪(満面の笑みを浮かべて。若干ハイテンション)
私:ええ。生鮮食品をちょっと。
男性店員:生鮮食品ですか~!いいですね~♪(能面のような笑顔で)
私:はぁ。。。そうですか。
微妙な空気がカウンター越しに流れることしばし。

「生鮮食品を買う」って答えるあたりがいけないのでしょうか。
2007_1207 579
新宿ってなぜだか美味しいお店が少ない地帯。歌舞伎町を抜けてエスニックや中華・韓国料理に行くならば美味しいものにありつけるけれど、こぢんまりとしたビストロだとかイタリアンってーとなかなか難しい。とはいえ、新宿御苑まで行きますと、ル・ビストロ・ダ・コテや、このお店セ’ラヴィー・ナガノもあるのですよ。美味しくて、雰囲気が良くて、安いというのはお店選びで重要な点だと思いますが、このお店のランチを食べてとーっても満足しました。
ちなみにこのお店に行ったのは、昨年の12月初旬であります。

2007_1207 578
ランチは1,260円~。温かい・冷たいスープと前菜、メイン、パン、コーヒー・紅茶で1,260円ってすごいなぁ。
私はこの日はサツマイモのスープだった温かいスープとズワイガニと赤ピーマンのプリンの前菜を。細長プレートに前菜(左)とスープ(右)、サラダが一緒に並んでとてもかわいい。本当はアナゴのなんとか(失念!)が食べたかったのですが、出遅れたため終了していました。残念。ズワイガニと赤ピーマンのプリンは赤ピーマンの酸味が利いたさっぱりしたもので、ゼリーとテリーヌの中間(どちらかというとゼリー寄り)みたいなお味。さつまいものスープも甘くて美味。

2007_1207 580
こちらは同席した人のチョイス。前菜はサーモンの何かだったかなぁ。

2007_1207 581
私のメインはビーフ。モモ肉だったかなぁ。しっかりとした味付けでちょっと喉が渇くような味付けだったけれど、付け合わせのポテトグラタンやパンと一緒に食べたらちょうど良い感じ。

2007_1207 582
こちらはお魚。白身魚の上にクリームソースが。切り身がとても大きくてボリューミ―。すごいなあ。
メニュー等すっかり忘れてしまったので、ぐるなびのメニューを見たけれど、12月のラインナップとはだいぶ変ったみたい。また行きたいなあ~。

2007_1207 583
地下一階にあるお店はとても狭くて、でもその空間は居心地の良いほどよい狭さでした。が、最近の都会ってとってもどぶ臭いと思うのですが、このお店もその弊害に悩まされているであろうどぶ臭さがほのかにあって(特にお手洗いがどぶ臭いのだ)ちょっと残念。でもこれはお店の問題というよりは、都市特有の問題だから仕方がないか。そういえば先日ラジオを聴いていたら、フランスでは地下にあるフレンチレストランはミシュランガイドには載らないと料理研究家が言ってました。評価対象にならないそうです。ミシュランガイドってどうなの??と猜疑心一杯の私ですが(ラーメンやそばを軽んじているところが、相容れないのだ!)、この点は確かになあと思ったり。

2007_1207 584
でもランチでこのお値段だし、穴倉のような空間は、たとえ地下だったとしても居心地が良いのでそんなに悪くはないと思うのでした。グラスワインを昼間から飲んで、なんだかポカポカして気持ちが良かったなあ。

セ’ラヴィー ナガノ
新宿区新宿2-8-10 日進ビルB1
2008_0205 032
最近やる気のない写真と記事が続いています。たくさんの写真をアップロードして記事を書く時間がないので、レストラン記事は後日更新いたします。
というわけで、今日もやる気なく一枚完結もの。
一枚余った食パンで作ったフレンチトーストです。二人で一枚だったので、食パン半分しかなくて物足りないったらありゃしない!もっと食べたかったわ。。。
2008_0205 090
スポンジケーキの生地をグラシンケースに入れて焼いたカップケーキは、中華餅家(ベーカリー)の卵ケーキっぽい。そこに生クリームを塗りつけて巨大とちおとめをトッピング。
この生地は、卵と砂糖と粉だけなので、重くなくてよいです。友人が遊びに来たのでお茶のお供に出してみた。

2008_0205 002
里帰り中の友人から頂いたお土産。手前のカルフールのお菓子(ぽん菓子にビターチョコレートをコーティングしたもの)がめちゃめちゃ美味しかった!私が住んでいた国のカルフールにはこんな素敵なお菓子売ってなかったなぁ。
2008_0205 006
友人の家にどら焼きを手土産に遊びに行ったある日、お返しにと福岡は太宰府天満宮の梅が枝餅を頂いてきました。これ、だ――い好き。昔、博多の梅が枝餅屋台で「美味しそうだなあ♪」とじーっと見つめていたら、的屋のお兄さんが一つくれたことがあります。今思えば珍しい&恥ずかしい事件。そんなに飢えた子に見えたのかしらん。

さて、固くなり始めた梅が枝餅をオーブントースターで温めておやつタイム。
飲み物はミルクのようですが、実はニンジンジュース。ニンジンはニンジンでも、朝鮮人参…。連れが冷凍している高級(!)朝鮮人参を牛乳とともにミキサーにかけて作るパワードリンク。私はこれが大嫌いなのですが、「健康にいいから飲め飲め!」と半ば強引に飲まされております(涙)。
2008_01_16 014
またマレーシアに行くので、冷蔵庫の中の古いマレーシア食材を使ってしまおうキャンペーン開催中。左から、海南鶏飯のライス用スープストック。鶏の脂がたっぷり入っているようで、黄色い油脂がギトギトと光ってとっても怖いのですが、にんにくと生姜の良い香りがするペースト。アンクルサン(uncle sun)というブランドのものです。この小瓶で20人前の鶏飯用ご飯が炊けるようですが、私は適当にタイ米2合に大さじ3を投入。これでほどよく炊きあがります。
黒い瓶は、Kecap Manis。インドネシアの甘口醤油(ほんとうに甘い)。福建醤油がなかなか手に入らないのでこちらで代用。これは日本のカルディーコーヒーファームで購入。
右から二番目の瓶は海南鶏飯用のチリソース。生姜とにんにくがたっぷり入ったタイプ。
右の瓶はサンバル。これは野菜炒めや、そのまんまご飯のお供に。
マレーシアのチリ類って食べる料理に合わせていろーんなチリを使うのですが、その繊細さったらフランス料理みたいだよねっ!と連れと大興奮。誰もそんなことは言いませんが。。。

2008_0205 035
そして出来たのが海南鶏飯。揚げ鶏バージョン。もやしを添えたところがイポーチキン風なのです。
完成度の高い海南鶏飯が出来上がり。これ、とーっても美味!外に食べに行かなくてもいいkなあと思わせるほどの出来でした。

大根が安かったのでふろふき大根も食卓にのぼるところが家庭的(笑)。古くなった柚子を使いたかったので、柚子みそも作る。
お箸は香港で買ったプラスチック箸。気分が盛り上がりますなぁ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。