FC2ブログ

美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

2008_0401 195
板麺も食べました。ホッとする味。日本にもあったらいいのにな。
2008_0401 193
お約束の雲呑麺ドライを食す。ああ、美味なり。
昔は香港の蝦たっぷりの雲呑麺が圧倒的に好きだったけれど、ここ何年かはマレーシアの雲呑麺に軍配が上がっております(ただしKLの広東系に限る!)。
200803.jpg
ドライブ中にふと見かけた道端の屋台で売られていた黒い物体が一体何なのか?と車内から尋ねると、「貝の一種だよ」と教えてもらった。どろっ泥な感じで売られていて、あれも貝なのかーとその場で納得していたのだけれども、数日後「買ってきたよン!」と件の貝を食べることになりました。
それがこの孔雀蛤。つまりムール貝のことだったみたい。

台湾などではよく食べられているみたいだけれども、私のチャイニーズの友人曰く、マレーシアではマレー人が好む貝で、チャイニーズはあまり食べないとのこと。でもマレー人の友人に勧められて食べてみたら案外美味しかったので最近はよく食べるのだそう。

たっぷりの生姜とニンニク、チリで炒めた孔雀蛤は、ムール貝のワイン蒸しのようでもあり、とっても美味でした。すごい量を買ってきたので(これはお約束…)、また大量に貝を摂取してしまった。ああ、肝炎の危機。
2008_0401 163
サパータイムアゲイン!

2008_0401 162
夜食を食べるときはインド系のお店に行くことが多いかも。
さてタンドーリが置かれたこのお店で食べた夜食は…

2008_0401 161
タンドーリチキン。かなり無造作な感じ。

2008_0401 160
お供にはもちろんナン。タンドーリで焼いているそばからいい香りが店中に充満します。朝の食パントーストを思い起こさせるようなイーストの香り。
2008_0401 148
ドリアンが食べたい!とわがままを申しまして、まだシーズンにはちょっと早い時期だというのに買うことに。

2008_0401 150
道路沿いにある販売所にて。看板には1kg, RM1(30円)とありますが、実際には1kgで240円ぐらいだったような。それでも食べたいドリアーーーン♪

2008_0401 153
買ってきたドリアンはナタで開けていきます。これは慣れた人だといとも簡単にやってのけるんだけど、なれないと至極難しい作業なのです。

2008_0401 155
やっぱり季節はずれのドリアンは、開けてみると水っぽいものも混じっていて、美味しいものと水っぽいもの半々という感じでした。

2008_0401 157
5個ぐらい買ってきたドリアンは、一度に全部あけちゃいます。

2008_0401 159
ドリアンを食べ始めると手がべたべたになりますので、写真はここまで。
あーー美味しかった。今度はハイシーズンの濃厚ドリアンを思う存分食べたいなぁ。
2008_0401 129
コーヒーショップでの食事。
こちらはポピア。マレーシアの春巻きで、しっとりした小麦粉系の皮にたっぷり野菜を巻き込んで、甘いチリソースをつけて食べます。クワイ?やピーナッツ、赤カブなどが入っているのかな?とにかくシャクシャクとした歯ごたえが爽やかでとても美味しい。食べているうちに癖になる不思議なローカルフードです。

2008_0401 130
美味しかったのがこのあさりのガーリックチリ炒め。
日本のあさりより随分小ぶりのあさりなのだけど、味が濃くてガーリックが効いていて食欲増進。
しかし肝炎の恐怖が~~。

2008_0401 131
結構なボリュームのあさりちゃん。しかし主食の到来を待つ間にみんなでザクザク食べ進みます。

2008_0401 132
手工麺スープ。いわゆるホームメードの手打ち麺をスープ仕立てで。フィッシュボールや青菜が入ったシンプルなもの。

2008_0401 134
こちらは同じ手工麺のドライ。たまり醤油ベースのソースにゆでたての麺を和えたもの。

2008_0401 137
私はラクサ。ああ、ジョホールのカレーラクサが恋しい。
今すぐにでも食べたい!

2008_0401 135
食べ過ぎ気味ですが、せっかくなので炸五香も食べます。
炸五香というと福建の食べ物にも同じ名前のものがあるそうですが、これは練り製品や桜エビのかき揚げ天のようにサクサクに揚げてあるものにチリをつけて食べるおやつ。ヤム芋ペーストを春巻きの皮のようなもので三角形に包んだものなんかもあるのです。ヤム芋ペーストは、とても甘くてねっとりしてて、スイートポテトみたいな感じ。これ、大好きなのですがなかなか食べられる場所がなくて、そう頻繁に食べられないのが悲しいところ。

2008_0401 146
油っこいメニューの上にダイエット製品の広告。嗚呼、矛盾の極み!

2008_0401 139
食べ散らかす。そしてあさり、完食!

2008_0401 140
ごちそうさまでした。
2008_0401 126
マレーシアの人は甘いものがだーーーーい好き。
ショッピングセンターの一角には、こういう甘味を販売するキオスクが大抵あります。
たいていこういうお店はマレー人女性が働いていて、ワッフルコーンインカップ、カヤボール、ジュース類などを販売しています。
ちなみに写真のお店のお姉さんが仕事しているのが、ワッフルを焼く機械。子供の前ではカヤボールが焼かれています。カヤボールは、たこ焼きのような機械にワッフル生地と多分同じものを流しいれて、真ん中にカヤジャムを落として丸く焼いたもの。

2008_0401 127
これはパンダンカヤジャムなので緑色。焼き立てなのでとても熱いのだ。
10個で60円。
2008_0401 114
マラッカに来たのでマラッカ式海南鶏飯を食べにオランダ広場近くの中華茶室へ。

2008_0401 118
4人で鶏約1羽分。食いすぎじゃー。
マラッカ式はご飯がボール状になっているのが特徴なのです。

2008_0401 120
普通のものよりごま油が効いていて、ご飯が柔らかく水っぽく炊きあげられているので好き嫌いが分かれるかも。私は普通のほうが好きだなあ。

2008_0401 121
鶏はふっくら柔らかく出来上がっていて、こちらはさすが有名店!の味でした。

2008_0401 122
ライムをたっぷり絞ったライムジュースと一緒に。あー美味しかった。
2008_0401 113
マラッカのジョンカーストリートは観光客が多いマラッカの中心的な通り。お土産屋さんなども並んで商売っ気がプンプンしている場所なのだけれど、それでもやっぱり田舎っぽいのんびり臭さが漂う通りで、こんなところがマレーシアの良いところなんだな~と改めて思う。その通りにある人気の小食レストラン。マラッカ名物がいろいろ食べられます。
人気のチェンドルを食べるために入店。
お店の外にもはみ出るぐらい人が並んでおります。

2008_0401 112
お目当てのチェンドルを購入。セルフサービスなので、入口付近の屋台っぽい場所で担当の人に注文して、その場で支払をし、商品を受け取り店の中に進みます。

2008_0401 106
マラッカは歴史が古い町でして、日本で言う京都のような場所なのですが、ここジョンカーストリートでも古くから通婚したマレー人と中国人の子孫ニョニャの文化に触れることができます。このお店も典型的なニョニャハウス。間口が狭く奥に深く敷地が細長くとられており、真ん中には中庭などもあったりします。この界隈にはニョニャハウスをリニューアルしたゲストハウスやホテルなどもありますが、このお店は至極のんきにその歴史的建築物を開放しております。
年代物?と思しき壺だとか写真なども無造作に埃をかぶって放置されているし、店内もセルフサービスのファストフード店のような気軽さで人が出たり入ったり。
マラッカって世界遺産の登録を目指しているはずなんだけど(このニョニャ文化で)、もうちっと洗練させてみたらいいのになぁと思うと同時に、この無造作感がマレーシアっぽい?と思ったり。

2008_0401 105
こちらが中庭部分。天井が開いているので細長い家の中心部にも関わらず十分な採光が取れて明るくて素敵!

2008_0401 108
そして噂のチェンドル登場!

2008_0401 109
今まで食べたチェンドルの中で最高に、美味しかった!
文句なしのいちばん!
これはドリアンチェンドルです。

2008_0401 110
チェンドルは、パンダンリーフで味付け着色をしたゼリーに、金時豆などを加え氷をかけたもの。こちらのお店は、マラッカらしく黒糖とココナツミルクがたっぷり掛けてあって本当に美味しかった!氷もきめ細かくて、かき氷としても完成度が非常に高いものでした。金時豆もふっくらホクホクに炊いてあって、もっとたべたーーい!という味でした。
ドリアンチェンドルなのでドリアンピューレもかけてあるのがまた最高なんだなー。
特にこの黒糖(グラ・ムラカ)がねっとりとキャラメルみたいに濃厚でとても美味しかった。買って帰りたいなーと思ったけれど、見つけられず断念。
2008_0401 098
マレーシアに来たら一度は食べたいロティチャナイ。ロティチャナイとカレー2種で15円。

2008_0401 096
ロティチャナイを食べるときはテタレが飲みたくなります。
テタレを注文したのに、テススが来た。
(注)テタレ(teh tarik)とは、濃く淹れた紅茶に練乳を加えたものを、よく混ぜるために二つの容器に曲芸のように入れ替えながら空気を入れて滑らかにする技術を用いた飲み物。なんて説明をすると大仰ですなー。いろんな理由があって紅茶液を高いところから低い所へ注ぐようですが、その様子はなかなか圧巻。目にも楽しいです。
一方テスス(teh susu)はカップに練乳を入れて、そこに濃い紅茶液を注いだもの。テーブルで各自混ぜて飲むのであります。

2008_0401 101
こちらは右がトーサイ(tosai)、左がロティトゥルール(Roti Telor)。
トーサイはインド式酸っぱいクレープ風のもの。これ付けだれがにんにくたっぷりのなにかがついてきて、美味しいんだなあ。ロティトゥルールは、広げたロティチャナイの生地に卵を入れて包み焼いたもの。

2008_0401 104
「久し振りだからこれも食べたいでしょう?」と導かれるままに注文したのがロティティシュー。ティッシュペイパーのようにうすーくパリパリに焼いたものです。
練乳とはちみつとグラニュー糖・クラッシュドピーナツをまぶしてあるのでデザート風味。うまいんだなー。甘いんだけど、これもカレーを付けたりして食べますのよ。
2008_0401 078
1日5食食べるマレーシア。デンジャラスなサパータイムがやってきました。昔、中学生のころ、豪華な夕食はディナー、簡単な夕食はサパーと習った記憶がありますが、マレーシアでは違います。6時頃に食べるのがディナー。10時頃に食べるのがサパー。つまり夜食のことなのですねー。

2008_0401 086
真っ暗な屋台で焼き魚二種を購入。無造作にエイ、アジ、貝類、イカなどが地面に転がっています。

2008_0401 088
こちらはアジ。マレーシアの焼き魚はサンバルで味付けしたものが主流。

2008_0401 089
こちらはエイ。エイってアンモニア臭いイメージがあるけれど、マレーシアのエイは美味しいので、違う種類なのかな?と思っていたけれど、普通にスーパーで売っているエイを買ってきて焼くととっても臭いらしい。やっぱりプロはすごいなぁ。どうしたらアンモニア臭さが取れるのでしょう?

2008_0401 090
ご飯はすでに食べたのに、チャークイティアオという麺も食べちゃいます。

2008_0401 091
打包(持ち帰り)してきて、家で食べる。あ~マレーシアに帰ってきたなぁとホッとする瞬間です。
2008_0401 066
また更新が途絶えましたが、マレーシアの記事は続きます。
ちなみに、北京に行ってきました。
さて、夜市(Pasar Malam)へ。ここはタマネギ、にんにく、じゃが芋、生姜、乾燥唐辛子、などの乾燥系(?)野菜を売るセクション。

2008_0401 067
こちらは葉物野菜。左側はカンコンかな?

2008_0401 069
手前から撮っているので、なんだか野菜が見にくいですなー。何の野菜だったのだか・・・。

2008_0401 068
こちらはさつまいもの葉だったかな?

2008_0401 070
これはキャロットケーキをザーサイとニンニク、卵、ネギ、もやしで炒めて濃い口醤油で味付けするものを売ってる屋台。

2008_0401 071
肝心の料理の完成写真がないのですが、これはチャークイティアオっぽい感じのお料理です。

2008_0401 077
お菓子屋さん屋台で買ってきたクエニョニャ(ニョニャ風お菓子)。
この青い色素を使ってもち米を着色するのがニョニャ風なのだそうだ。青は花から抽出した天然の色素とのこと。昔デーリーポータルの記事で、食べ物に青色色素を混ぜる青色実験というのがあったけれど、その記事では食欲が失せてダイエットになるとか何とかということになっていたけれど、その対極を行くクエニョニャ。もう堂々と青。潔く青なのだ。もちろん食欲は失せることはなく、美味しく頂きました。
お味はもっちりもち米を甘くココナツ風味に味付けしてあって、上部にはココナツフレークに黒砂糖をしっとりしみこませたものが添えてあって美味。油っこくていい加減に作った和菓子みたいな味といえば想像つくかなぁ。
2008_0401 057
Old Town Kopitiamというチェーン店のコピティアム(マレー半島の海南風コーヒーショップ)にて昼食。鉄板伊麺(Yee Mee)とイポーホワイトコーヒーのアイス。

2008_0401 058
伊麺アップ。伊麺とは、昔どこかに書いたと思いますが、麺を一度揚げてあるのですぐ調理ができる元祖インスタントヌードル。マレーシアではよく食べられていて、鉄板伊麺だとかクレイポット伊麺だとかいろいろあります。
これは鶏肉を福建醤油で煮込んだ若干漢方風のスープに茹で青梗菜を添えたもの。
これが一コーヒーショップで出すとは思えぬ深い味わいで、とても美味でした。鶏肉も長時間煮込まれたホロホロ加減が最高でした。

店内の様子はこちら
(後ほどまたカヤトーストの記事をアップする予定です)

■ Old Town Kopitiam
2008_0401 055
さて朝。チェックインした前の晩に「朝食はロビーのレストランでどうぞ」と言われ(あれー?たしか朝食なしの安いプランで予約したのに、サービスか?)と思いながら、素直な私はレストランに行ってみたのでした。が、やっぱり「あなたは朝食込のプランではございません」と言われてしまったので、コーヒービーンへ。

2008_0401 056
朝なので誰もいない。そして誰もいないからってエアコンが消えててものすごく蒸し暑い。

2008_0401 053
食べたのはエッグベネディクト。朝はコーヒーもしくは紅茶が付いてきます。これで200円か300円ぐらいだったかなー。

2008_0401 052
期待していなかったけど、とても美味しいエッグベネディクトでした。
サラダのアーモンドとレーズンがフレンチドレッシングとぴったりんこな相性で、美味しかったなぁ。
たっぷりのコーヒーを飲みながら、パソコンで仕事の続きを。WiFiでスピードの早いネットもつながるし(事前にAirzedという会社の1か月900円使い放題プランを申し込んでいた)、快適だー。
雨も降っていたのでのんびりとした朝ごはんを楽しみました。

去年のコーヒービーンでの一休み風景は…。

■ The Coffee Bean and Tea Leaf
2008_0401 037
KL到着はだいぶ遅れて21時半。そういえば成田離陸前に機体のトラブルがあったり、強制送還される外国人(手錠を掛けられていたわ!)の方たちと一緒の便だったりと、なんかなーという出だしだったけれど、案の定到着が遅れて憤懣やるかたなし。
KLエクスプレスという特急電車で街に出てのはいいが、その後列車で移動したらホームでだいぶ待たされたりして、ホテルに着いたら11時。もう遅いので、チェックインしてから近くのマックでていくアウェイ。お腹が空いていたので、夜中にフライドチキンという恐ろしいチョイス!

2008_0401 040
マックのAyam Gorengって美味しくなかったイメージがあったのですが、今回久しぶりに食べてみて本当にクリスピーでだいぶ美味しくなってました!
カリッカリ。チリソースをたっぷりどっぷりつけて食べるのがマレーシア流。