美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2008_1229 007
体調が絶不調で寝込んでおりました。昨日は、簡単に温まるキムチチゲに、スーパーで買ってきたお刺身と生春巻き。

2008_1229 010
お刺身コーナーを見ていたら、「マグロたっぷり」の盛り合わせや「鯛たっぷり」の盛り合わせなど種類が豊富だったので、鯛たっぷりを選択してみました。ああ、美味しい。

2008_1229 009
市販(JUS○o)の生春巻き、ちゃんとビーフンなども入っていたけれど、海老が貧相。ついでに添えられていたソースが「ゴマ醤油ドレッシング」で、これじゃただのサラダと変わらないではないの…とがっかり。家にあるスイートチリソースにナンプラーを加えて、お酢をたっぷり入れて生春巻きソースを作り、たっぷりの生パクチーを添えて一緒にワシワシ食べると、ウマー!ああ、さっぱり。
そして久しぶりに作ったキムチチゲが美味しかったなあ。賞味期限間近のキムチがあったので、いつもよりたっぷりケチらずキムチを炒めたのが良かったみたい。

さて体調不良もあり、忙しいのもあり、とりあえず年内更新はこれで最後。クリスマス付近に食べたものは、また後日記事にしよう。うん。それでは皆様よいお年を。
来年もどうぞよろしく。


スポンサーサイト
2008_1201 015
佐野ラーメンのしまだやのチャーシューメン。
スープが澄み切ってます。

2008_1201 013
青竹で打った手打ち麺は、縮れ麺でウマー!
しかし佐野ラーメンは伸びやすいので早く食べなきゃ!と時間との闘いに。

2008_1201 018
皮も手作りの餃子、これがモッチモチで美味しかったなあ。

2008_1201 021
お値段はこんな感じ。若干スープがしょっぱいかな~という気もしましたが、なによりさっぱりとした佐野ラーメンがこんなに美味しいとは!
佐野エリアは狭い地区にいろんなお店があるようなので、また行ってみたい。

しまだや
栃木県佐野市浅沼町757
2008_1215 004
煮豚リクエストを受け、豚バラ肉を二本買ってきて煮込む。煮豚を作ったら盛りつけるのは必ずこのお皿。このお皿、益子で買ったものなのですが、上面は鉄のような質感のシルバーブラックで、裏面は朱色の脚付きのもの。見た瞬間に「煮豚用!」と盛り上がって買ったものなのです。しかし本当に煮豚でしか使わないお皿なので、どうしたもんか。。。

ご飯はセロリとじゃこを唐辛子とバター(!)で炒めて、柚子胡椒、ポン酢で味付けしたものを炊きたてご飯に混ぜただけのじゃこ柚子胡椒ご飯。冬になるとよく作る混ぜご飯です。

煮豚にはたっぷり和からしをつけて。和からしが鼻につーんと抜ける刺激、たまりません。
2008_1201 029
若者が集う酒場らしいネーミングの居酒屋、玉金にて。

2008_1201 028
店内に入った瞬間、平均年齢が総じて低く、「しまった!失敗した??」と思いましたが、そんなに居心地は悪くもなく。
なぜ若い子が多いのか?と言えば、それはずばり激安商品がメニューにあるからです。
例えばこの鳥皮、一本50円なり!

2008_1201 031
豚バラも一本50円。普通の焼鳥屋さんの串に比べると、豚バラは薄っぺらくて頼りないんだけど、軽い食感でこういうのもありだなと思う。

2008_1201 032
こちらねぎまも50円。
これは特にちんまりしていて、値段相応のサイズなのだが、鶏肉が結構美味しい。
こちらのお店、串ものが全て50円なのではなくて、中には一串180円台や700円のものもあったりします。また備長炭による炭火焼だったりと、決して「激安」だけを売りにしているのではなさそう。

2008_1201 035
メニューが豊富なのもびっくりポイント(笑)。
ヤキトリがあったかと思えば、串揚げもあり、その上手羽先のから揚げもあるのですよ。
こちらひとつ100円。胡椒が効いた名古屋の味。

2008_1201 030
お代わり可の突き出しキャベツをバリバリ食べながら、池袋の夜は更けていくのでした。

玉金 西池袋店
豊島区西池袋1-39-1 2F
2008_1201 057
暴飲暴食気味のこの時期、せめて一人の夕飯くらいは節制してみようとサラダを作る。
すると、冷蔵庫に一本残ったソーセージに気づく。
あら、もうすぐ賞味期限が切れるじゃないの。
牛乳を見やると、そちらも期限切れ。
というわけで、「サラダだけにしよう」と思っていたわけだが、チーズ入りソーセージと、コーンポタージュの食事になったわけです。まぁ炭水化物がないからいいか。
とはいえ、芋は忘れずに摂取。この日の芋はレッドアンデス。皮が赤くて中が黄色で濃厚、ほくほくの美味しいお芋ちゃんです。
2008_1105 087
モラタメのシステムが変わってからすっかり応募しなくなってしまったので、カテゴリーを【モラタメ】から【当選品】に変えました。

新聞のオーストラリアの缶入りスパークリングワインBarokesのお試し懸賞に当選し、三種の缶が送付されてきました。
左からシャルドネ(白)、カベルネ・シラーズ・メルロー(赤)、ロゼの三種です。もう全部飲んでしまい、詳細なお味を忘れてしまったけれど、ボトルを一本空けて飲みきるのは自信がない時など手軽でいいかも♪ピクニックの時なども便利だと思う。
ただやっぱりポン!とコルクを開けてこそスパークリングワイン、という気もしないでもないなぁ。

2008_1105 148
恵比寿三丁目の交差点近くにある香港料理の老饕檯(ロウホウトイ)へ。「外売歓迎」なんて文字を見ると心躍ります♪
重たい引き戸を開けて店内に入ると手前に厨房が。予約した旨伝えると、二階席に通されました。

2008_1105 155
二階の席はテーブルとテーブルの間の空間が割合広めに取られていて、ゆったりしています。家族連れが多かったので香港のレストランみたーいと思いました。さて初めに登場したのは「焼腩肉」(皮つき豚バラ肉のカリカリ焼き)。これ、大好きなのです。皮がパリッパリ。そしてお肉と脂が柔らかくジューシー。生ビールとぴったんこ。

2008_1105 156
美しいでしょう?(笑)

2008_1105 164
私の大好きな「筍尖鮮蝦餃」(海老の蒸し餃子)!
もちっもちの皮とぷりっぷりの餡!最高です。日本でいちばん美味しい香港料理だよーーと感動しまくりです。

2008_1105 160
写真がぼけちゃいましたが、「黒酢古咾肉」(黒酢のスブタ)。なぜ香港料理で酢豚なんだよ~~!と思いましたが、大好きな酢豚を食べたいと連れがうるさいので妥協しました。しかしこれが美味しかったんだなあ。れんこんの歯ざわりが良かったです。

2008_1105 162
もう一つの興奮ポイントは、港式の炒麺がメニューにあったことです。というわけで「豉油皇炒麺」(醤油味やきそば)を注文。もっさもさの麺に黄ニラともやしとゴマというシンプルな具が最高なのです。ああ、美味しかったなあ。

2008_1105 166
最後に「楊枝甘露」を。これがデザートメニューにあるだけでテンションが上がるってもんです。そしてこれも今のところ私史上、日本でいちばん美味しい楊枝甘露でした。マンゴーが濃厚で美味なのです。
そしてその後、早速ランチで再訪しましたよ。その記事はまた近いうちに。

老饕檯
渋谷区恵比寿3-48-1
2008_1105 101
アメリカ時代の友人たちが遊びに来た10月のある日。一日東京散策をして我が家で簡単サパー。Brutをたっぷり用意して置いたので、おつまみメニューを中心に。

2008_1105 111
遅くまで飲んで語って大騒ぎだったので朝が辛かったけれど、カボチャを煮てポタージュに。朝からベイクドポテトを作ったのは、アメリカ時代を思い出してのこと。

2008_1105 113
ランチはなぜだかバーガーキング(笑)。
友人が住む地域にはまだバーギーがないということで、懐かしのワッパージュニアを食す。「懐かしいね~」と盛り上がり、楽しいひと時でした。
2008_1022 043
ひっさしぶりに麻布の海南鶏飯食堂へ。
東京国際映画祭の頃のお話なので、だいぶ前のことです。映画と映画のはざまにサクッと食べたくなったのは海南鶏飯。だって東南アジアの映画を観たんですもの。
いつも混んでいるイメージがあるので、予約はしておきました。しかし店内は暗く写真が撮りずらいのでした。海南鶏飯のチキンがなまめかしいです(笑)。他にラクサなども食しました。こちらより、水道橋の海南鶏飯の方が美味しい!と思っていたけれど、なかなかどうしてこちらも美味でした。

2008_1022 055
ただデザートに食べたマンゴープリンは駄目駄目でした…。

海南鶏飯食堂 麻布店
港区六本木6-11-16 中銀マンシオン裏手
2008_1105 123
代官山、しばらく行かないうちに色んなものが新しくできていたのでびっくり。その中でもこちらのお店はイタリアは、ピエモンテ州トリノに本店があるイタリアン・フードマーケットの日本一号店にテンションが上がりまくり。気軽に窯焼きピザやパスタなどの食事も楽しめます。
まだ暖かい秋の頃だったので、中央のテラスで軽くつまむことにしました。

2008_1105 118
外のテーブルには厚手の紙でできたランチョンマットとカトラリー類の入った紙袋がすでにセットされています。なんか勿体ないなあと思ったり。

2008_1105 120
食事をすると出てくるオリーブオイルとパン。
それからミネラルウォーター?も、瓶ごとテーブルに置かれているので備え付けの紙コップで自由にやっちゃって下さいということらしい。しかし瓶のふたが開いていたような?
美味しいのだが、むっちりもっちりしていてお腹にたまります。このオリーブオイル、なんかいまいちでした。

2008_1105 131
ミネストローネ。豆まめしてて美味しかった!

2008_1105 134
サン・マルツァーノは1500円ほどだったかな。
いわゆるマルガリータ。お皿が好みじゃないんだよなあ。うーん。
そして暖かい日だったとはいえ、秋のテラス席ではピザがあっという間に冷めてしまうので残念でした。お味は、普通でした。

2008_1105 125
雰囲気はとてもそれっぽいので、外国に居るような気分になれます(笑)。

2008_1105 117
お店の中もとても素敵なのですが、写真は撮らなかったのが残念!All Aboutの記事など参考になりますよ~。

2008_1105 177
店内の食材、結構いいお値段なのですが、ついつい購入してしまいました。リングイーネはむっちりとしててとても美味しくて、再度訪れ今度はスパゲティーニを購入してみましたよ。パンはピスタチオ入りとクランベリー入りのハーフをそれぞれ、そしてツナも買いました。ツナなんてさ、ハゴロモでいいよ!と私は思うのですが、彼曰く「瓶が可愛いし、美味しいのかも~♪」とのこと。私よりずっと乙女。
ちなみに写真上は、代官山の松之介のアップルパイとスコーン、左は恵比寿のワインショップで買ったパエリア鍋。それらの記事はまた改めて。

Eataly Japan
渋谷区代官山町20-23

2008_1119 074
iBookが不調だったので、銀座のアップルストアに行ったある日。
Genius Bar(アップルストアの修理受付)も結構並んでいて、1時間半後でないと見てもらえないということで、久しぶりに銀座をブラブラすることに。
どうせGenius Barにも並ぶなら、銀座行列詣ででもするかーと、ラデュレとH&Mに行ってきましたよ。

2008_1119 069
私はキャラメルとフランボワーズ。

2008_1119 070
彼はレモンとチョコレート。
チョイスに性格が反映されてるような。そしてなぜか彼の選んだマカロンだけ割れてやんの!わははー!

2008_1119 067
いやーー、甘い。脳天に激烈な甘味が突き刺さるよ。
ミーハーだけど、甘~いお菓子は苦手なので、私の場合は一度食べれば満足です。

ラデュレ銀座
中央区銀座4-6-16 銀座三越2F
2008_1119 019
生姜テイストの発泡酒?シャンディガフのような味?と興味をもったので早速購入。
結果は、ジンジャーエールとビールを半々で割るシャンディガフに比べたら、甘味がないのでさっぱり。もっとジンジャーの味がピリッとしてても良いかしらん、と思いました。

あてはチルドピザ(イトーヨーカドーで買ったもの。ちーといまいちでした…)とルッコラのサラダ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。