美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2009_0630 051
突然ですが、ハワイに行ってきました。というわけで、空港の売店で買ってきたコスモポリタン・・・

2009_0630 052
のように見えますが、これSHARPのメビウスちゃんです。モニターとしてこの新機種を使わせていただいていますが、このネットブック、アドオンカバーがついててカスタマイズできるのです。

2009_0630 054
今回のレポートのお題が、どんなふうにメビウスをカスタマイズしているのかについてだったので、ちと安直ですが、雑誌の表紙を切り取ってプラカバーの下にはめてみました。
しかしもう妙齢のわたくし、いまさらコスモのガーリーな記事を読んでもさっぱり面白くなかったなぁ。ちなみに表紙はHillsのローレン・コンラッド嬢。なぜヒルズを降板したかについて、赤裸々に語っております。

2009_0630 055
表紙の裏は、カバーガールのモデルを務めるリアーナだったので、これまた安直にひっくり返してリアーナバージョン(笑)。
初めからついていた厚紙のアドオン用のデザインジャケットがいまいちで、どうにも気分が乗らなかったのですが、雑誌風PCにしてみたら意外と受けが良かったのでもう少し時間ができたら、真剣にカスタマイズしてみたいと思います。
スポンサーサイト
2009_0618 008
久しぶりにグレースへ行きました。何年ぶりかなぁ。

2009_0618 001
暑い日で、ひと作業終えた後だったので、冷たいものを飲もう!と全員でアイスドリンクを注文。私はアイスカフェオレにしました。本当は紅茶が得意なお店なので、紅茶にすればよかったな~と若干後悔もしましたが。

2009_0618 005
ガラスケースから残っているケーキを確認して注文。

2009_0618 004
私はグレープフルーツのパイにしました。6月の短い時期だけ提供されるピンクグレープフルーツのパイはとっても甘くて瑞々しいグレープフルーツと、サクサクのパイがとても美味しい。けれど、夕方に訪れたためか、部分的にパイ生地がペチャっとしていたのが残念。中心部分から外側に向かうにつれて、サクサク感が強くなっていったので、後半の食感はよかったです。

2009_0618 003
こちらはチョコレートケーキ。粉が全く入っていないチョコレートケーキは、変な言い方ですがジューシーな食感!甘みが抑えられたデビルズフードケーキのような味わいで、美味。以前はシフォンケーキしか食べていなかったのだけど、グレースに来たらチョコレートケーキを食べるのが正解かも。

■ ティー&ケーキ グレース
杉並区西荻南3-16-6
2009_0622 378
新宿サブナードにあるサルバトーレでは、ランチタイムはバフェをやっています。というわけで、久しぶりにバフェというものに突入してみました。

2009_0622 377
なんとも美味しそうに見えない写真ですみません…。
ピザは常時二種類ほど、パスタは4~5種ほど用意されています。ほかにはサラダ、パン、ドリンク類、デザートなどがあって平日1200円、週末1400円の手軽なバフェです。
しかし、やっぱりピザというものは、焼き立てを食べるべきものであってバフェではその美味しさは十分には堪能できませんねぇ。そんなにたくさん食べられるわけでもないし。というわけで、再訪はないかなあ。

Pizza Salvatore Cuomo サブナード
新宿区歌舞伎町1 サブナード地下街
2009_0618 016
お肉屋さんで買ってきたロースかつを温めて、その前の日に連れが作った豚バラと大根の煮物と一緒に、ダブル豚肉のおとこの食卓。
2009_0618 033
世田谷の九品仏にあるマンゴーデザート専門店の<Happy Mango>の定番商品、ハッピーマンゴープリン。
オープン当初に何かで読んだ記憶がうっすらあるのですが、確かこのお店はインドのアルフォンソマンゴーのピュレーを輸入販売している会社が女性の中華料理シェフにプロデュースしてもらったマンゴーデザートを販売するお店だったような。
一口食べてみて、なるほど濃厚にあまーいインドのアルフォンソマンゴー!を感じましたが、確かインドのフレッシュマンゴーは輸入禁止品であるため、100%マンゴーピュレーで作っているらしく、ただひたすら平坦に甘いのが気になりました。外観からして広東料理のデザート的マンゴープリンぽいのに、それとは180度違う代物でした。私の好みではないなぁ。もうちっと酸味とさわやかさがほしいところです。

2009_0618 041


Happy Mango ←音が出ます!
世田谷区奥沢7-8-10
2009_0618 027
テレビ番組でバターチキンカレーを紹介していたので、ちょっと作ってみることに(連れが)。
インド料理屋さんで食べるような濃厚こってりとしたバターチキンカレーとはまた違う、さっぱりとしたカレーができました。ココナツミルクなどはまったく入っていませんが、ココナツミルクを感じる南国っぽい味わい。シチューみたいでもあり、なかなか気に入りました。また作ってもらおう。
付け合わせは、何故か、ほうれんそうのおひたし。
2009_0618 013
西荻の北口商店街のソーセージハウス<もぐもぐ>でお買いもの。

2009_0618 038
試食して美味しかったレバーケーゼとロースハムを購入してみました。レバーケーゼは、トーストにアボカドディップやトマトと一緒にはさんで、豪快に食しました。
ミートローフやペッパーハムなどほかにも美味しそうな加工肉製品がたくさん!次回はチョリソーあたりを購入したいと思います。

■ ソーセージハウスもぐもぐ
杉並区西荻北2-11-4 エクセリア西荻1F
2009_0618 019
台湾在住のphooちゃんdeartenさんのブログのフレッシュ・ライチの記事を羨ましく思いながら読んでいましたが、近所のスーパーにも入荷してましたよ、フレッシュ・ライチ!!!
KLの市場でこの時期に仰々しく並べられていた竹かご入りのライチを懐かしく思い出しながら、はるばる日本にまで空輸されてきたライチちゃんを食べました。ああ、甘くて美味しい!
しかし、やっぱり一気食いしたら顔に吹き出物ができました(涙)。
2009_0610 062
大阪へ行ってきました。最近、頻繁に大阪に行ってます。

2009_0610 060
今回知ったこと。道頓堀のかに道楽ってば、何店舗かあるらしく「かに道楽前でね」と非大阪人と二回待ち合わせしたら、ものの見事に待ち合わせに失敗しました。難しい…。

2009_0610 065
「美味しそうなお店をリサーチして」なんてことは無理なので、行き当たりばったりに入ります。今回行ったのは、大阪ローカルの居酒屋チェーンらしい<たよし>というお店。メニューが豊富でものすごく安かった!

2009_0610 064
串揚げがなかなか美味しかったなぁ。

2009_0610 063
縁起のよさそうなドンキホーテ(笑)。

たよし 道頓堀店
大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-8


2009_428 044
どこへ向かうのか、相方君。この日はチーズケーキを作ってくれました。

2009_428 046
どっしりとしていて、なかなか美味しいチーズケーキでした。本人としては、もっと軽いチーズケーキが焼きたかった模様。がんばってください。

2009_0610 005
つくば市のナポリピアのアミーチへ行ったのは、確かゴールデンウィークの頃。

2009_0610 003
レストランの裏手は田んぼが広がるのどかな風景となっております。5月初めだったから、苗を植えたばかりの頃なのでしょうか。

2009_0610 006
石窯で焼いたピザ~♪期待が高まります。

2009_0610 010
1300円ぐらいのランチセットを注文しました。前菜はこんな感じ。なかなか美味しかったのですが、連休中ということもあり、お客さんの数が多くて、この一皿目が出るまですごーく時間が掛ったのが気になりました。冷菜だし、すぐ出せそうなのになあ。

2009_0610 011
ピザ、パスタ、リゾットなどから選べたので、一品はマルゲリータにしました。これが、やっぱり有名なだけあってなかなか美味しかったです。耳のモッチリ具合と塩分が絶妙!

2009_0610 013
もう一品はアサリとトマトのパスタ。カラスミがトッピングされていて、海の香りが芳しい。カラスミ大好きです。このアサリが蛤?というぐらい大きくて、食べ応えがありました。でもピザのインパクトには及ばないなぁ。ということで、二人ともピザにすればよかったね、と若干後悔してしまいました。

2009_0610 014
マキアートをグイっと飲みほして、ごちそうさまでした。

2009_0610 015


Trattoria E Pizzeria Amici
茨城県つくば市手代木286-1
2009_0610 099
毎年この時期恒例のアンデルセンのデンマークフェアでLurpakというデンマーク産のバターを購入しました。(去年もしっかり買ってるのです)なんでもこの時期は、関税額が通常よりも低くなるそうで、通常1500円程度するこのバターが半額になるということで、私も購入す。とはいえ、実は家にストックがありました。
こないだマレーシアで買ってきたLurpakちゃん(下)。マレーシアで販売されているバターは50gほど少ないんだね。

2009_0610 101
幅も若干狭いけど、高さがないです。バターケースに入れるに難儀なので、高さが低いバターのほうが好みだなあ。

2009_0610 104
バターを購入したら頂いたパンを食べる朝食。う~ん、やっぱりバターは美味しいなあ。
デンマークフェア: 2009年6月1日~6月30日
2009_0610 113
海南鶏飯を連れが作ってくれました。私が作る海南鶏飯は、ものすごく適当なのですが、連れが作ったものは鶏を下茹でしてチキンスープも作ってくれました。このこまやかさ、性格の差が表れているかのようです。とはいえ、胡瓜の輪切りがいまいちだねっ。

2009_0610 115
パクチーを盛りつけて完成!やっぱり美味しい海南鶏飯~。
2009_0610 048
中華が食べたい!と騒いで、とりあえずディンタイフォンで小龍包を食す。ここの生ビー、いまいち!

2009_0610 050
針生姜と黒酢ベースの醤油を混ぜてスタンバイ!もっと黒酢がとんがっててもいいのに、と思います。

2009_0610 049
そして食べる!小龍包の蒸篭を二枚だけ注文して、麺類やチャーハン等のご飯ものはパスしました。

2009_0610 051
被写体に迫りすぎて、湯気で曇るレンズ。レンズに悪そうだ・・・。

2009_0610 053
〆は羊肉串と写真にはないけど、刀削麺。

2009_0610 054
羊はやっぱりうまいのだ~。ごちそうさまでした。
2009_428 083
コストコで購入したベイビーキャロット。これ好きなのです。ぼりぼりそのまま齧ったり、アメリカでよくこのちび人参についてたランチドレッシング(Ranch Dressing)みたいなこってり系ドレッシングにディップして食べたり。この日はハンバーグの付け合わせにそのまま出してみました。
2009_428 019
浦和にあるおフランスなケーキ屋さん<パティスリー・アカシエ>へ車でGo!周辺にはコインパーキングもあるので便利でした。外観もおフランス。

2009_428 021
こちらのお店、外観もおフランスなら、ケーキもすごーくフランス!なのです。これはアントワネットというサントノーレ(680円)。普通のケーキの1.5倍、あるいは2倍弱あるかな?という大きさ。上の薔薇の花弁は食用ではないということで、取り外して食べます。

2009_428 024
このピンクは、ストロベリーではなくてバラなのですが、くどいバラ味ではなくてほのかな香りとシューの中に詰まったちょっぴり酸味のあるクリームが爽やかです。このサントノーレ、脳天直撃型の甘さなのですが、不思議と嫌ではない。二人でひとつを食べたのですが、食べ終わると若干疲れる。それも嫌ではない、なんだか不思議なお菓子。

2009_428 022
こちらはラムレザン(450円)。これも濃厚チョコレートがみっちり詰まったケーキ。断面図をもう少しちゃんと取ればよかったのですが、ビターチョコレートとホワイトチョコレートがむっちり。ケーキの名前の通り、ラムレーズンもたっぷり。450円のお値段分も材料を使っていそうなパワフルなお菓子です。

2009_428 039
フレジエ(460円)。アカシエのストロベリーショートケーキは、正方形でちょこんとしていて可愛い。

2009_428 041
フランスでショートケーキとやらが食べられているのかどうか、私は存じませんが、ここのショートケーキはいまいち。スポンジの気泡が荒くて、ざわざわした食感。他のケーキが個性があって美味しかっただけに、ショートケーキも美味しいだろうと思った私は完全に肩透かしを食らった感じ。アカシエは、シンプルな定番ケーキより個性的なフランス菓子を食べた方が正解かも。

2009_428 040
中でも一番美味しいと思ったのが、このシューキャラメル(290円)。キャラメルクリームが濃厚で、甘さ控えめ。最高でした。パークハイアットのキャラメルシュークリームが好きで、その後オークウッドにも食べに行ってみましたが、いまいち満足できなかったという顛末があるのですが、アカシエがあるじゃないか!と嬉しくなりましたー。また食べたい。

2009_428 026
ケーキの並ぶケースの上に常温で販売されていたトロペジェンヌ(290円)。いわゆる菓子パンですかね。ブリオッシュ生地にクリームとフランボワーズのジャムをはさんだシンプルながら、高カロリーっぽい堂々たるお姿。でも同じお値段ならば、断然シューキャラメルがお勧め。

2009_428 043
そしてマカロン。右上から時計回りにマリー・アントワネット(240円)、フランボワーズ(240円)、パッション・バナーヌ(240円)、ピスターシュ・グリオット(240円)。マリー・アントワネットはバラフレイバー。ここのマカロン、大ぶりで食べ応えがあって、すっごく美味しかった!私の中では(そんなに色々食べてはおりませんが)一番美味しいという印象。3日・4日ほどそのままの食感で持つのも好印象。小さいお菓子ながら、丁寧に作られていて、ケーキみたいです。パッション・バナーヌなんて、パッションフルーツのトロピカルな酸味がほのかに効いた生地に、ねっとりとしたバナナのフレッシュなクリームで、とてもユニーク!

2009_428 033
齧ったあとで大変恐縮ですが、一番美味しいと思ったマリー・アントワネット。中のクリームがバターのように濃厚でとても美味しかったなー。また買いに行きたい…。

■ Patisserie Acacier
埼玉県さいたま市浦和区仲町4-1-12プリマベーラ1F
2009_428 002
三田というよりは赤羽橋?慶應大学近くの華都飯店にお祝いの会で久しぶりに行きました。由緒ある中華料理店なのですが、古いけれど品のあるマンションの地下にひっそりと入っているお店です。中に入ると壺などの調度品が並んでいたり、中庭があったり。昭和な品の良さです。お皿や店内もブルーが基調で素敵なのです。

2009_428 003
注文はお任せしたので、自分では食べないようなものが食べられて良かったです~。こちらは前菜メニューの冷製蒸し鳥の玉ねぎソースとかいうお料理。海南鶏飯のチキンなみに皮と肉の間のゼラチン質がぷるーんとしてて、臭みもなくて美味でした(比較対象がチープですね・・・笑)。この玉ねぎソースがまた美味しいんだ。若干鶏が嫌いという人もパクパク食べてました。

2009_428 004
華都のアボカドスープ!これだけは自分でリクエストして注文しました。コースなどにも入っているこの店の定番。
アボカドとふかひれという組み合わせは、ちょっと意外に思われるかもしれませんが、これがすごーーく美味しいんだな。KLの麗苑(中華料理店)などにもアボカドクリームがあるし、意外と中華ってアボカドを使うのだろうか。これはとにかくお勧めのスープです。

2009_428 006
乾杯はビールでしたが、途中から甕出し紹興酒へ。ひとり一合ほど飲んだかなぁ。これが美味しかったな~。
お料理はイカとアスパラの炒め物(絶品!)、干焼蝦仁。

2009_428 008
春っぽい空豆と黄ニラとホタテの炒め物。これ、ネーミングからしてとても美味しそうだと思ったけれど、意外といまいちでした。イカとアスパラの炒め物と同系列の味で、だったらイカとアスパラの方が美味しいかな~という感じ。それから奥にあるのが黒酢の酢豚。

2009_428 009
まだ食べます。こちらは麻婆豆腐。ここのお店は麻婆豆腐が名物らしいのですが、うん、確かに美味しい。でも若干日本的でもあります。もう少し痺れる辛さでもいいなあ。

2009_428 010
こちらもやっぱり名物の坦坦麺。4人までぐらいならば、ひとつを小椀に取り分けてくれます。うーーん、これも私はもっと汁が少なくてからーいものの方が好みです。

2009_428 012
最後にどーんと蟹チャーハン。これ、美味しかったなあ。最後に炒飯ってお腹がいっぱいなんだけど、ついつい食べまくってしまいました。

2009_428 014
デザートは杏仁豆腐。上に乗っていたのは愛玉子?烏龍茶ゼリー?なんだったかなぁ。食べた時は「!」と思ったのですが、もうすっかり忘れてしまいました。
自分の過去記事を見たら、どうやら酸梅ゼリーだった模様。そうだったかなぁ。

2009_428 013
「本日のデザート」はいちご乗せ杏仁豆腐。こちらも美味しかったです。

2009_428 015
確かこの日は天皇皇后陛下の結婚50周年の日だったようで、東京タワーも特別なライトアップに。
ようは、そんな時期のお話でした。

* 過去記事 2006年4月16日

■ 華都飯店
港区三田2-7-1 シャトー三田ビル B1
2009_0610 116
先日、シャープ・メビウスの最新機種であるネットブックのモニターに選出されました。というわけで、早速お題目の感想について記したいと思います。

2009_0610 119
第一印象黒い箱に銀色で書かれたロゴが、良い感じ。
とりあえず、箱から出して、中身を確認。今では小さいPCも多いのでそんなに小さくも感じませんが、B5サイズでそれなりの重さでスペックもそこそこなのでちょうど持ち歩きできるPCだと思います。表面もぴっかぴか。写真を撮るのに、自分が写りこんじゃうし、困りました…。

さて、箱から出してネットにとりあえずネットに接続し、アップデートや諸設定を行いました。アップデートやQuickTimeやDivx, Winzip, MSOfficeなどの基本的なソフトをインストールしたらかなりの時間になりました。
2009_0610 121
ポインティングデバイスとしての反応が悪い。外付けマウス使えばいいんだろうけど、光センサー液晶パッド自体はシャープの一種の挑戦だと思うので仕方ない面もあるとしても、タッチパッドの入力デバイスとしての不完全さは少し気になった。私の操作がなれないせいかカーソルを動かそうとしてクリックになる事があり、タッピング機能(タッチパッドの面をたたくとマウスのボタンをクリックしたのと同じ挙動をする機能)を無効化できたらと思いましたが、光センサー液晶パッドは「HID準拠マウス」として認識されておりそのような調整は出来ないようでした。専用アプリの「SHARP液晶パッド設定」でもマウスに関してはあまり細かい調整機能が提供されていないようです。今後のアップデートで最適化されることを期待したいと思います。

画面はさすがシャープという感じで美しいです。しかしWindowsのコントロールパネルなどの設定画面を開いたりするとたまに下段が切れてしまうことがありまして、VISTAを使うにはモニターの解像度が少し狭い気もします。とりあえず、気になるところろとしては処理速度だったのですが、ネットなどの使った感じだと安定しており、速度も早くLANDISKに保存してあるテレビの録画動画を再生してみましたがコマ落ちもなく、音もよく聞こえ綺麗に再生出来ました。また細かいところですが、ファンクションキーと「Fn」の組み合わせで無線LAN、Bluetooth、音声ののオンオフが可能ですが、これらの制御時に表示される画面(アイコン?)もそつなくまとまっていて、しかもその反応も軽く他の作業に余計な負担を与えていない様子で気に入りました。

我が家にはOSがVistaのデスクトップPCの他に、XPのA4サイズのノートとB5サイズのノートPCも使っていますが、それらのPCと比較しても発熱も少なくや音も静かでバッテリ持ちも想像よりは良い感じ。性能面では満足しています。

さて今回のお題は「手書きイラスト機能について」なので、その感想について。
「Mebius・PC-NJ70A」の最大の特徴であろう光センサー液晶パッドを使って文字やイラストを利用した感想ですが、その前に、本機の特徴の一つでもある付属のタッチペンを紹介したいと思います。
2009_0610 136

こんな風に左側にペンが収納されているのです。このへんの作りもシャープらしいところで、昔のザウルスを思い出します。
「Mebius・PC-NJ70A」では、光センサー液晶パッドを使って、文字を書いたり、絵を描くことができます。この(タッチモードの)手描き入力機能を使ってみました。
2009_0610 139
こんな風に付属のペンを使っても勿論Okay.

2009_0610 129
指で直接書くのももちろんOkay.

2009_0610 131
取りこんだ画像などに、スタンプを押すように★やハートを描くことが可能。

2009_0610 134
完成した写真や絵などは、液晶パッドの保存アイコンやメールに添付して送るアイコンをタッチすることで可能に。直接的で分かりやすい作りになっていますし、何よりアイコンをタッチしてからメーラーが立ち上がるまでスムースで、使いやすいと思います。

とはいえ、普段私はパソコンで絵を描くことなどはなく、パソコンでやっているのはインターネットで動画やニュースを見たり、調べ物をしたり、メールの確認くらいです。実は家にペンタブレットがありますが、一度も使っておらずタブレットは初体験でした。絵を描いてみたところペン入力は割と使えました。しかし、文字を書こうとしたところ、慣れないせいか上手くいかなかったです。でもまぁ、マウスよりレスポンスも速く、自分が行った操作が即座に反映されるのですぐに慣れました。想像より快適でおもしろかったです。一つ残念なのは、せっかくのマルチタッチ機能を生かした操作性があれば普通のタブレット以上のものになったのではないかと思います。今後も時間を掛けもっと絵も描いたりして遊んでみます。

注: 便宜上投稿の日付が6月11日になっていますが、実際の投稿日は6月10日です。
2009_0401 421
こちら、Trader Joe'sで購入したチョコレート類。下のオレンジ色のチョコレートが、唐辛子粉をまぶした乾燥マンゴーのチョコレート掛けという罰ゲームみたいなお菓子。売場のポップには“very interesting taste!”とあって、「面白い味」ってつまりまずいってことかしら?と興味津津で購入す。上の青パッケージは、王道的なチョコレート掛けアーモンド。ミルクチョコレートとダークチョコレートの二種類入り。これは安定した美味しさ。

2009_0401 418
日本にいて何が恋しくなるかって、アメリカの激甘フロスティング!日本のスーパーマーケットでもインスタントケーキミックスなどは輸入販売されていますが、何故か、このフロスティングって販売していないんですよね。不思議です。今回は真っ白なフラッフィー・ホワイトというフロスティングを購入してみました。カップケーキでも作って、たっぷり上に乗せて食べようと思います。ああ、でぶの道。あとは手軽に作れるブルーベリーマフィンの素。これ、あまり美味しくないんだけど、なんとなく買ってみました。

2009_0401 415
あとはフルーツテープやらガムやら、そんなものを細々と。あとギラデリのチョコレートも。
あ、そういえばギラデリで買ったチョコレートファッジの写真を撮るの忘れた!それはまた後日に。
2009_0401 406
まだ続くか、サンフランシスコ編。この記事と次の記事で終わります、あいすいません。
さてこちらはWhole Foodsで買ってきたベーグル二種。左は全粒粉ベーグル。右はプレーンで各6個入り。

2009_0401 408
チシャ猫みたいなキャラクターがかわゆい。

2009_0401 411
プレーンをトーストして、バター&はちみつで食べました。ああ、久しぶりに美味しいなあ。ニューヨークの道端で買い食いしたベーグル、また食べたいなあ。

2009_0401 394
さてそんなベーグルにべったり塗りたくって食べたのは、このディップ。
これはいったい何でしょうか。

2009_0401 416
じゃーーん、これはフムスでした。赤い方はトマト&バジルのフムスで、緑の方がシラントロ&ハラペーニョフムス。トマト&バジルは、ベストマッチな相性だし想像が容易にできる安定した美味しさ。クリーミーなひよこ豆ペーストのフムスとすごく合ってて、美味しかった~。シラントロ&ハラペーニョは、つまりパクチーと唐辛子のペースト。たぶんこちらはメキシコ風フムスなのでしょうが、食べていると東南アジアの味がするという不思議(笑)。ま、パクチーと唐辛子って言ったら、東南アジア風とも言えるからなー。これらはTrader Joe'sというスーパーマーケットで購入。オーガニックサワークリームもついでに買ってきちゃいました。

2009_0401 414
こんがりトーストしたベーグルとフムスの朝食。
ガラス製牛乳瓶が可愛かったので、あちらでぐびっと飲みほして、えっちらおっちら日本まで運んできたんですけれども、1か月ほど使用した頃、連れが牛乳瓶を熱湯消毒しているときに割れてしまいました。耐久性があるものと思っていただけに、ちょっとショック!ああ、残念。さようなら~。
2009_0401 387
規則正しく毎回毎回ジントニックを飲む私。JALのFAさんは、丁寧にその場でジントニックを作ってくれて感動。某馬航空だと、ビール・ウィスキーの水割り以外のものを頼むと非常に面倒臭そうに処されるのよね(笑)。

2009_0401 377
空港の売店で購入した新聞を読む。

2009_0401 389
何を食べたかさっぱり忘れてしまいました…。ビーフシチュー&フェットチーネがメインだったかなあ。お稲荷さん×2個に、パンってやり過ぎ炭水化物!

2009_0401 391
朝食は、チーズラビオリだったかなあ。
隣席の通路側にアメリカンギャル(子持ち)が座っていて、フライト半ばから立ったり座ったりが面倒になったのか、通路に赤子を寝かせておしめ換えたりし始めてビックリいたしました。赤子もミルク飲み人形みたいにフライト中にミルクを2リットルぐらい飲ませられていて、よく飲むなー、よく出るなーと驚きました(笑)。アメリカンギャルの子育て(ちび二人も連れているのよ!)は、たくましかったなあ~。
2009_0401 373
最後の夜は、ホテルのダイニング、Kuleto'sでイタリアンを食べることにしました。最後の最後で肉を食べるのだ!

2009_0401 363
ヴィラフロンテーヌホテル一階のイタリアンレストランKuleto'sは、日中の太陽光の中で見るとそんなに素敵でもないけれど、夜の間接照明で見るお店はとても雰囲気が良かったです。

2009_0401 362
今宵も白ワイン。今まで赤ワインの方が好きでしたが、爽やかなカリフォルニアワイン(白)を飲んでいたら、白が好きになってきました。歯に色もつかないしね(笑)。

2009_0401 361
イタリアンレストランっぽく、グリッシーニなどいろんなパンをオリーブオイル&バルサミコヴィネガーにディップしてつまみながら、ワインを飲む。おいしいー。

2009_0401 374
==Linguine alle Vongole==
Thin pasta ribbons, Manila clams, house made pancetta, parsley, white wine

こちら、リングィーネのボンゴレ。こちらのお店、朝食で食べたベーコンも美味しかったけれど、このパスタに入っていた手作りパンチェッタもとてもいい味でした。

2009_0401 369
==Nodino di Vitello==
Grilled natural veal chop, grilled trumpet mushrooms, Meyer lemon pine nut gremolata
私のメインはヴィール・チョップ!焼いたエリンギを敷いた上に、グリルした子牛のお肉をのせ、そこにマイヤーレモンとミンスドナッツを和えたものをトッピングしたお料理。

2009_0401 371
このヴィール・チョップ、肉好きのわたくしにはたまらないシンプルな味付けで、とてもとても美味しゅうございました。トランペット・マッシュルーム(エリンギ)も肉厚で美味しかったけれど、レモンとナッツのドライソースが斬新でした。マイヤーレモンは最近日本でもよく見かけますが、レモンとオレンジを掛け合わせた?酸味と甘みのバランスが、オレンジに近い柑橘類。これが爽やかで美味しかったな~。
白ワインをおかわりしていい気分。

2009_0401 375
デザートまではたどり着けなかったので、カプチーノを飲んでおしまいに。

Kuleto's
221 Powell St. San Francisco,
CA 94102
2009_0401 352
オーガニックスーパーのWhole Foodsのデリが結構好きです。というわけで、ミッドナイトスナックを購入しに行きました。

2009_0401 355
こちらヤム芋のフライドポテトとジンジャーチキン。米国人って結構ヤム芋好きですよね。
ねっとり甘いヤム芋のフライは、スパイシーなスパイスが掛かっていて、甘さと辛さが絶妙。

2009_0401 356
トルティーヤの中身だけ食べたかったので(笑)、カルネアサダ(牛肉)、メキシカンライス、サルサ、サワークリーム、パクチー、それから何の脈絡もなくファラフェル(ひよこ豆で作られた中東的コロッケ)も一つ。こういう食べ物を気軽に食べられる環境、いいな~。どれもとても美味でした。

2009_0401 360
それからフルーツカップ。

2009_0401 358
特にフレッシュベリーカップが美味しかったなあ。日本だと高級な生のラズベリーなどがお手軽価格なのが嬉しい。冷凍と違って、ほのかな甘みとジューシーさがとても美味しかった。
2009_0401 345
チャイナタウンの中華ベーカリー、金門餅家は私のお気に入り。SFに行く度になんかしら寄ってはつまみ食いするのです。ここの鶏尾包(げーみーぱお)は私の青春の味です。今回は夕方に訪れたので、もう売り切れていました…。残念。

2009_0401 346
夕方でも次々焼きあがる蛋撻と、月餅を購入してみました。ここは港式ベーカリーなので、店内は広東語が飛び交っていますが、広東語は出来ないので、マンダリンで注文してみる。広東語だと、「一個」は「ヤッコイ」?でも二個以上の数が分からん…。悲しい。
相変わらずここのエッグタルトは卵風味が優しくて美味しかったなあ~。アンティ、ありがとう!

■ 金門餅家 Golden Gate Bakery
1029 Grant Ave, San Francisco
94133 CA
2009_0401 336
Powell St.にあるイタリア風ホテルVilla Florence Hotel‎に投宿したら、ホテルのダイニングでの無料朝食クーポンを頂きました。というわけで、こちらでアメリカン・ブレックファストを。オレンジジュースの後は、ベーコン、ポテト、卵、トースト。ベーコンは、スモーキーな香りがとても芳しく、ぶ厚めのベーコンをカリッと焼いてあって、ある意味完成された一つの料理でした!
とはいえ、すごいボリュームで朝から胃が持たれるんだなあ。

2009_0401 335
こっちはソーセージ。ソーセージも美味しかったのかな?

Kuleto's
Villa Florence Hotel‎
221 Powell St, San Francisco
CA 94102
2009_0401 343
Westfield Shopping Centreの地階にあるフードコートでコリアンBBQプレート。アメリカ的中華ファストフードのように、カウンターでおかず類を目視しながら、御飯に好みのおかずを盛ってもらいます。ここで驚くのは、チャプチェもおかずのカテゴリーにあるということ。ものすごい炭水化物祭り。
リブアイカルビも二枚ペラっと。すごい量です。
全体的に大味で美味しくありませんでした。。。
2009_0401 331
SFのチャイナタウンゲートからBush Streetを東側へ進んだBelden Placeと呼ばれる小道にあるフレンチビストロのPlouf。この細い路地には、フレンチ、イタリアンなどのレストランがひしめき合って、路地にまでテーブルを出して賑やか。他のお店にも心惹かれましたが、何よりもムール貝がいっぱい食べたかったので、こちらのフレンチシーフードのお店に行くことに。店員さんはボーダーTを着ていかにも「フランス人です!」という雰囲気(笑)。

2009_0401 330
予約もせずに訪れましたが、名前を告げて横丁をブラブラしていたら、すぐに席に案内してもらえました。例の如く、店内は暗いので写真は赤みがかっています。

2009_0401 323
カルパッチョを前菜に、白ワインを頂く。ボトルで頼もうかと思ったけれど、同行者が一杯以上は飲まないというので、グラスで。アメリカのレストランって、お酒(特にワイン)を頼むと、一緒に氷水を出してくれたりします。なぜ?

2009_0401 321
==CARPACCIO OF HOKKAIDO SCALLOPS with Citrus- Endive Salad and French Olive Oil==

北海道産ホタテのカルパッチョ。これがとても美味しかった~。安いキャビアが散らされていたけれど、これも結構美味しかった!

2009_0401 325
==Prince Edward Island Mussels Mariniere Sauces with Pommes Frites==

お待ちかね!のムール貝+ポンフリ!こちらのムール貝はカナダのプリンスエドワード島産だそうです。味付けは以下の6種のソースから選べます。
PLOUF : ROASTED GARLIC AND SHERRY VINEGAR
MARINIERE : GARLIC, WHITE WINE, PARSLEY
PROVENCALE : TOMATO CONCASSEE, BASIL, GARLIC AND BELL PEPPERS
COCONUT BROTH : LIME JUICE, GARLIC, CILANTRO, CHILI AND COCONUT MILK
PASTIS: with Shallots, Garlic, Cream, and parsley
POULETTE : SHALLOTS, BACON, WHITE WINE, PARSLEY AND CREAM

「お勧めはどれ?」と聞いてみたら、「ココナツ味だよ!」との答えでした。が、やっぱりここはオーソドックスなものが食べたかったので(なら聞くな!)、マリナラというガーリック、白ワインビネガー、パセリのシンプル味付けのものにしました。
ムール貝はもちろんのこと、ポンフリがサックサクでとても美味しかった~!日本でも食べられるムール貝のワイン蒸しだけど、数が少なくさみしい。やっぱりこれぐらいバーンと食べたいものです。

2009_0401 329
==Seafood Pasta with Bay Scallops, Baby Shrimp Smoked Bacon, Tomato, and Arugula==

メインは小粒なホタテと海老が入ったトマトクリームパスタ。これはいまいちでした。
ここはやっぱりムール貝をバケツでモリモリと食べるべきですな。

Plouf
40 Belden Place
San Francisco, CA 941
2009_0401 241
1969年創業の24時間営業ダイナー、パインクレスト・レストランにて朝食を食べることに。

2009_0401 242
フレッシュミルク、ケチャップ、塩胡椒はダイナーの定番。

2009_0401 240
私はスクランブルエッグとハッシュドポテト、ベーコンにホールグレインブレッドのトースト。シンプルでありながら、めっちゃボリューミーな朝ごはん。なんて言いながらも、実は朝からブレックファスト・ステーキを食べようか、ものすごく迷いましたが、やめておきました。でも朝から肉、食べたかったなあ。

2009_0401 243
窓の外から見えるGeary St.には小さい演劇ホールなどが並んでいたりして、夜はドレスアップしてカクテルを飲む人たちなどをよく見かける通り。小さい通りなのに、文化的!

■ Pinecrest Restaurant
401 Geary St,
San Francisco 94102
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。