美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
2009_0728_malaysia 102
Pink Mosque @ Putrajaya
マレーシアに行ってきました。またぼちぼちと食べたものなどを記録しておきたいと思います。


<Malaysia 2009 index>
■ 旅の始まり…機内食 (往路)
■ 旅の終わり…機内食 (復路)

スポンサーサイト
2009_0622 365
ハワイで買ってきた小麦粉系食品。Love'sのCherry Pie、大好き~。インチキくさいチェリージャムがたーーっぷり詰まっています。

2009_0630 004
ブルーベリーマフィンは二個入りで1ドル65セント。いいお値段です。

2009_0630 006
Love'sのプレーンベーグルは、若干チープなお味なんだけど、それがまた良い。朝ごはんにして食べました。

2009_0630 008
アボカドをペースト状にして塩コショウを混ぜたもの、卵焼き、厚切りトマト、ベーコンを挟んで。美味しかった♪

2009_0815 036
10年ぶりのハワイにはいろんな種類のマカダミアナッツチョコレートが売られていてびっくらこいた!
気づけば、老舗のHawaiian Hostのものばかり。ダークチョコレートのが美味しかったかな。

2009_0622 374
右端のマカダミアナッツはコナコーヒー味のキャラメル掛けになっていて、なかなか美味しいのです。2缶買って来たけれど、連れがポイポイ食べてしまうのであっという間に終了しました。

2009_0815 025
西瓜味ガム。湿度の高い日本に持ち帰ったら、ガムが湿気で溶けちゃって(!)、強烈な色の赤い液体が染み出してきました。こわいーー。

2009_0622 369
石鹸派の連れが「石鹸買ってきてね~」と言ってたような気がしたので、ラベンダーとミントの石鹸。それからスポンジボブの絆創膏。NHKでスポンジボブの放送が終わってしまい、最近とっても寂しい。。。
2009_0723 005
甘いものが食べたい~!と騒いでいたら、買ってきてくれたのは東京駅の駅中商業施設グランスタにあるFairycake Fairのカップケーキ♪久しぶりに食べました。

2009_0723 007
私が食べたのは、ストロベリークリームチーズだったかな?クリームが固くてこってり濃厚でした。もう少し柔らかいフロスティングみたいなクリームの方が好みだ。
ちゃんと説明書を読まずに、冷蔵庫から出してすぐに食べてしまったのも良くなかったみたい。常温でしばらく置いてから食べると、クリームも柔らかくなるそうです。なにはともあれ、見た目がかわいいから許す!

過去記事 【東京駅】 Fairycake Fair 2008/01/16

Fairycake Fair
千代田区丸の内1-1-1 JR東日本東京駅構内B1

2009_0815 006
ああ、チャンポン(韓国の)が食べたい!ということで、久しぶりに新大久保へ。車を止めた駐車場の近くにも韓式中華の店があったけれど、一度来てみたかった楽園餅家がやってるらしい韓式中華の多利園へ行ってみました。

2009_0815 004
店内は狭く、1階は10数席しかないのですが、2階に御座敷もあるそうです。店内ではオーナーらしきオジサンが延々と大音量で世間話に花を咲かせていました。言葉が理解できないとただの雑音(笑)なのですが、恋人曰くなかなか興味深い話だったとのこと。ふーーむ。

2009_0815 003
待つこと15分。
普通この手の店は、ちょうど麺を打ってたとしても10分以内で出てくるから、15分って結構長い。「丁寧に作っているのかねぇ??」と不安になる。だってさ、チャジャンミョンって丁寧に作りようがない気がしますもの。ほほ。

2009_0815 001
どどーん!と豪快な外見のこちらは、恋人が注文したチャジャンミョン。「大」を注文しちゃったもんだから、すごい量でした。

2009_0815 002
私はいつものごとくチャンポン。こちらのチャンポンは桜エビみたいな小さい乾燥海老が入っていて、海老のだしが効いたスープでなかなか美味しかったな。辛さは、ジャジャンハウスよりも控えでした。

2009_0815 005
でも麺のぷりぷり具合はジャジャンハウスの方が好みかなあ。

■ 多利園
新宿区大久保1-16-24
2009_0815 022
カラッと湿度が低く天気が良かったお盆休みに久しぶりにマクドナルドへ行ってみた。
日差しが強いからテラス席で食べる人なんて皆無なんだけど、太陽を浴びてコーラを飲んでいると、なんだか日本ではないどこかにいるような気分になれるのでした。

2009_0815 024
私はquarter pounder cheese burgerを。お腹にたまる~~。
2009_0622 392
一人お留守番していた恋人と、久しぶりに新大久保へ。アメリカ(ハワイ)もいいけれど、血中アジア濃度が低下してしまったので、チューカが食べたい!タイ料理が食べたいっ!ということで、百人町の屋台村へGO!

2009_0622 380
こちら、恋人がマレーシアメニューから選んだサンバル・プロウン。生ビールと一緒に。しかしこれ、ちょっとイマイチ。

2009_0622 384
私はマレーシアンより中華!な気分だったので、中華メニューより皮つき豚ローストを注文。これは当たり!パリパリの皮と、チリソースが絶妙。ぐびっとビールをお代りします。

2009_0622 387
一皿一皿が結構ボリューミーなので、〆はタイメニューからガパオチャーハン。これもガツンと大盛り仕様(デフォルト)です。べちゃっと水っぽい炒飯でしたが、これが食べていくうちにはまる美味しさ。みじん切りにされた青唐辛子がピリッと辛くて美味しい~!

やっぱりアジアンものを食べないと落ち着かないわ!とほっとするのでありました。

百人町屋台村
新宿区百人町2-20-25
2009_0728_malaysia 183
モニターとしてメビウスの最新機種を使わせていただいたこの90日間。
別段パソコンに強いわけではないので、苦し紛れに素人の私がハード面などパソコンそのものについてレポートするよりは、旅行に携帯するのに便利か否かという素人視点からメビウスPC-NJ70Aについて考察したいと思います。

モニター期間中の90日間、旅行に携帯する機会は数回あったのですが、最後に一緒にマレーシアに行ってみました。

■ ハワイにはなぜ持って行かなかったのか?
  ネットブックとはいえ意外と大きく重たいので、3泊程度の短期リゾート滞在には持参する気がしなかった。ハワイにはiPod touchを持って行きました。ワイキキもWiFiが使える場所が多かったので、ちょっとバッグに忍ばせて、暇な時にメールをチェックしたり便利でした。

■ マレーシアにはなぜ持って行ったのか?
  滞在が比較的長かったため。マレーシアも特に都市部ならば街中に溢れるカフェやファストフード店、公共施設など様々な場所で無料のWiFiを使用することができます。メールの添付ファイルを開く、長い文書を書く等の必要がある場合は、やはりi Pod touchよりもPCの方が便利。

マレーシアで使ってみて一番不便だと思った点は、南国の強い日差しを浴びて、光センサー液晶パッドの部分の反応が激しく鈍くなってしまうこと。これは致命的です。タッチペンを使ったり努力はしましたが、なんだかなー・・・と不満に思いました。
この既存のマウスバッド部分を光センサー液晶パッドにしたというのは、PC-NJ70Aのセールスポイントなわけですが、はっきり言って私には不必要に感じます。

この程度のメモリでwindows vistaが入っているのも重たくて仕方がない。戸外で使うときってさっと立ちあげてメールをチェックして、という軽い動作が求められるわけですから、xpバージョンも出すべきだと思います。

2009_0610 124
写真左は今回のモニター機。右は2003年に購入したノートパソコンです。私にとってネットブックは、携帯しやすければしやすいほど好ましいと思うのですが、どうもPC-NJ70Aのコンセプトはそういうわけではないらしい。
<お手頃価格で色々遊べますよ!>ということなのでしょうが、この<色々遊べる>という機能、私には不必要です。お手頃価格で、最小限の機能しかないけれど、メールチェック、インターネット、文書作成などができる、そんなネットブックが欲しいなあ。

モニター応募した時は、PC-NJ70Aの大きさが良く分からず、海外携帯用に使っている右のノートより小さくて軽量なことを期待していました。しかしふたを開けてみると、現実はすでに持っているPCと同程度の大きさと重さだったため、我が家の定番モバイルPCとして使うにしても、ちょっと中途半端な感じかなー。未だにどっちを国内移動に持参しようか迷ってしまいます。

結論としては、自宅にデスクトップしかないご家庭や、B5ノートを持っていない方などにはいいかもしれないけれど、そうでない場合は、ネットブックの利点はあまり感じられないというのが本音です。もっと潔く不必要な機能を削ぎ落としたシンプルなマシンだったらなあ。外見がスマートなのですから、中身もシンプルだったらいいな~。MURAMASAみたいな潔いシンプルなネットブック、シャープなら作れると思うんですけどね。
2009_0622 347
ホノルルの空港は、自分が10代の時初めて降り立ったときからなにも雰囲気が変わらない。ウッディで開放的で、あたたかい。最近、世界的な建築家が作る無味乾燥な空港が世界中に溢れていて、非常につまらない訳ですが、この空港は古ぼけた温かさがいいんだよなー。

2009_0622 355
楽しかったハワイよ、ばーい!

2009_0622 358
空港までの記憶ははっきりあるんだけど、機内に乗り込んでからの記憶がきれいさっぱり消失しています。
機内食?うーーん。忘れてしまった。たぶんほとんど食べずに寝てしまったのかなあ。

2009_0622 360
到着前の軽食が蕎麦だったということも、この写真を見ても思い出せない。遊びすぎて頭が疲れていたのかな~。
2009_0622 343
帰国当日の午前4時に寝た私ですが、気合いで午後6時半に起床。まだお酒が残っていてだるーーい体を引きずって、恋人に頼まれたキッチングッズを買いにFood Pantryまでひとっ走り。朝から開いてることは確認していたので、助かりました。Jamba Juiceでスムージーを飲んで目を覚ましてからホテルの部屋に戻ってパッキングの続きをして、午前11時、空港に向かいました。

2009_0622 344
空港ではさすがにお腹が空いたので、何を食べようか迷って中華デリでがっつり食べることにしました~。
オレンジチキン(ザ・アメリカン中華!)とチャップスイをおかずに、フライドライス。

2009_0622 345
そうそう!このブラウンライスっていうのかな?アメリカのマズ旨のこのご飯が懐かしかったのだ~。ぱさぱさ粉っぽくて、日本米が好きな人は苦手だと思うのですが、ピラフとかタイ米が好きな方は、このアメリカンライスもなかなか美味しく食べられると思います。
はー懐かしかった。

2009_0622 363
同じフードコートエリアにあったピザハットでパーソナルピザ(ベジ)を恋人のお土産に購入してみた。
帰国してオーブントーストターで温めなおして食べても美味しかったです。本当はミート系が良かったけれど、検疫で駄目でしょうから(偉い!)ベジにしてみたけど、ベジも美味しかった!
2009_0622 326
飲みに来たのはWaikiki Beach WalkのYard Houseというパブ。久しぶりにIDチェックされましたよ。IDが必要になる気がしたので、結婚式用の小さなポーチに無理やりパスポートを忍ばせてきた訳ですが、良かったー!しかし、友人1がパスポートを持参し忘れたので、年寄りアピールをして通してもらえたけれど「シリアスマターなんだよ!」とチクリと釘を刺されました。まぁそうでしょうけど、持参した私がお小言をもらうなんてー!理不尽よね(涙)。日本も英語でnon-drivers licenseみたいなのを発行したらいいのになぁ。

2009_0622 329
お料理も色々ありましたが、ここ、ビールの種類がたくさんあってすごく良いです!地ビールがとても美味しかった。また飲みたいなあ。
深夜2時頃まで飲んで、新郎たちはまだ飲むと言うので、新婦らと一緒に部屋に戻ってまったり過ごす。新婦らはメインランドから来ていたし、友人1も日本在住ではないので、翌朝はそれぞれが自分の国に帰りバラバラなので、また寂しくなるねぇとしんみり。しかしそうもしてられない。帰ってパッキングせねば!ということで、深夜3時半一人ワイキキの夜道を帰る。本当は危ないのかな。部屋に戻ったら、男友達がつけてた男性用のレイが私の首に掛かっていた!あれ?いつの間に…。男性用のレイって木の実?のような黒い球体のものと、いい香りのする緑の葉っぱでできていて、お花のレイよりシックで素敵でした。ああ、疲れたけれど、長い楽しい一日でした。

Yard House
Waikiki Beach Walk L-148
226 Lewers St.
Honolulu, HI 96815
2009_0622 295
wedding party後、ワイキキに戻ってきて、新郎新婦のお部屋にお邪魔してグダグダしてみたが、あまり長居をして邪魔しちゃ悪いということで、二次会までの時間は女三人モアナ・サーフライダーのビーチバーに行くことに。

2009_0622 296
バニヤン・ツリーが立派です。

2009_0622 297
荷物をほっぽり出してビーチで遊んでみたり。砂がサラサラで楽し~い♪

2009_0622 314
夕焼けを見ながら、トロピカルなカクテルを飲んで、しっとりと幸せについて考える(笑)。

2009_0622 317
パイナップルと傘飾りがハワイ~って気分を盛り上げますなあ。すっかり真っ暗になってしまったので、浮かれモードでレイをつけたままのアホ3人はモアナ・サーフライダーを後にすることに。

2009_0622 321
二次会開始までまだしばらく時間があったので、友人のホテルの部屋に行ってグタグタ過ごす。

The Beach Bar
Moana Surfrider
2365 Kalakaua Avenue,
Honolulu, HI 96815
2009_0622 133
今回の旅の目的、それは友人の幸せな一日に参加させてもらうこと。いい天気に素敵な場所で、ほーーんと美しい結婚式でした。

2009_0622 138
挙式は、既に教会内に着席している親族や友人の前で一度リハーサルをしてから、本番へ。練習も本番も一緒くたなカジュアルな雰囲気ってとてもよいー!
リゾート地の結婚式に出席させてもらうのは、これで二回目なのだけど(一度目は沖縄)、どちらのお式もアットホームで暖かくて、笑いが絶えなくて、リゾートウェディングいいな~~と思いました。

2009_0622 193
教会の周りも、そこら中がベストスポットって感じで、どこで写真を撮っても絵になるのだ。椰子の木もそよそよ。
新郎新婦が乗るリモに同乗させてもらって(ひゃっほー!)、パーティー会場となるレストランへ。

2009_0622 250
さて場所を移してWedding Banquetです。シャンパンで乾杯して、二人の幸せを祝福します。なんだか本当に嬉しくなりました。

2009_0622 253
生ハム&メロン、スモークサーモン&クリームチーズ、アヒのマリネ?の前菜。どれも美味。

2009_0622 268
パリッとローストされたバジルが美味しいラザーニャ。

2009_0622 274
メインはお魚とお肉。一つのお皿で両方が楽しめる!お魚は鯛だったかな。

2009_0622 275
こちらからみるとちゃんとお肉です。

2009_0622 285
幸せのおすそ分け。生ケーキ、美味しかった~。暑いので冷たい白ワインがとても美味しかったな。
途中から、「ボトル、テーブルに置いておいてください」とか頼む始末(笑)。
2009_0622 125
ハワイ3日目。友人同僚に色々教えてもらったお勧めレストランの中から、パンケーキで有名なエッグスンシングスに行くことになりました。9時半にお店の前で集合という約束で前の晩に別れたけれど、きっと遅くなるだろうな~という予想のもと、私はお店の向かいにある郵便局に行ったりして用事を済ませてから、パンケーキ屋の行列にレジスター。こちらのお店では、順番待ちのお客さんにペイジャーを渡してくれるます。ペイジャーがぶるっと振動したら、席に案内してもらえる仕組み。
私もペイジャーをもらって椅子に座ってボーっとすること20分。友人1&2が到着(笑)。その頃ちょうど手元のペイジャーがぶるっとしました。ナイスタイミング!

2009_0622 120
さて注文したパンケーキ来了。

2009_0622 122
私はストロベリーパンケーキにしてみたのですが、むはーー!っとすごいボリュームに撃沈。10分の1も食べられなかった…。ここのストロベリーちゃんは、シロップ煮?のため水っぽくて、パンケーキがべちょべちょになってしまうのが残念。Searsのような生イチゴの方がいいなー。
そしてそもそもそんなに甘いものが好きではなかったんだ、私!ということにはたと気づく(笑)。
友人1はフライドエッグ&ソーセージにプレーンパンケーキ3枚の朝定、友人2はプレーンワッフル。

2009_0622 123
シロップを見るだけでくらっとする始末。結局最後までシロップは使いませんでした。

2009_0622 124
小さいお店にはお客さんがたくさん!行列も絶えない人気店だそうですが、テーブルが小さくて詰め込む感じがイマイチ。でもま、有名店にゃぁ一度は行ってみたいという根っからのミーハーですので、満足しました~♪
本音としては、一度で十分かなあ。
食後はまた解散。午後は今回の旅の目的、結婚式です。ちょっとワイキキをぶらっとしてから、各自ホテルに帰って着替えて集合しました。

Eggs 'N Things
343 Saratoga Road
Honolulu Hawaii 96815
2009_0622 114
夕食を食べているあたりから、その日に到着した友人2がとても眠たそうで、疲れのピークだったので、9時半ごろ解散することに。しかし元気が有り余るわたくしは、ワイキキ界隈を一人で散策。Macy'sをみたり、コンビニを覗いたり。ABC Storesでマカダミアナッツフレーバーのコーヒーと、パウダードーナツを購入してホテルへ戻る。10代の時はこの手のパウダードーナツが大好きだったのですが、今となっては「自分はなぜあの時あんなに好きだったのだろう?」と首をかしげる味でした。一口サイズのドーナツですが、一つしか食べられず。無念!
2009_0622 107
8時頃ワイキキに戻り、さてディナーはどこで食べようかと迷う。若干疲れているので、近場で済まそうと、Duke's Canoe Clube Waikikiに行ってみれば、食事をするにはずいぶん待つということなので断念。そうだ、金曜の夜だったのだ。ビーチそばでシーフード食べたかった…。店内のトロピカルなバーからは、生パイナップルの良い香りがしていて、グッときただけに残念。
というわけで、ロイヤル・ハワイアンをぶらぶらし、Paradiso Seafood & Grilleというレストランに適当に飛び込む。こちらは金曜の夜だというのに、悲しいぐらい空いていました。まずはローカル・ビールのロングボードで乾杯。まずはオイスターをオーダー。ウォルフギャングで食べた物の方が美味しかったけれど、こちらも悪くない。

2009_0622 113
料理をオーダーすると、ものの5分で温かいお料理が全てが出てきた…。お店がいくら空いているとはいえ、さすがに早すぎます。しかもアペタイザーもメインとしてオーダーしたパスタなども同時にサーブされて、ちと困った。

2009_0622 109
シーフードカラマリ。
あまりに早く提供されたので、「作り置き??」なんて疑いもしましたが、ちゃんと揚げたてのサクサクでした。意外や美味。

2009_0622 112
シーフード・トリオというプラター。ホタテ、ロブスター、あとなんだったかなあ。温野菜が美味でした。

2009_0622 110
ソフトシェルクラブのトマトソース・フェットチーネ。オマール海老でオーダーすると「それは今ない」と。「蟹は?」と尋ねると「それもない。でも、ソフトシェルクラブがお勧め!」というので、ソフトシェルクラブにしてみました。シーフードレストランを謳いながらも、けっこうゆるい雰囲気に、ハワイにも東南アジアに通じるものを感じます(笑)。でもソフトシェルクラブもサクサクとして美味しかった!

全体的に80年代のハワイアンレストランみたいな雰囲気で、食べながら飲むような気になれず、食後はすぐにお会計。

■ Paradiso Saefood & Grille
Royal Hawaiian Center, Bldg B, Ground Level, B108a
2233 Kalakaua Ave B108,
Honolulu, HI 96815
2009_0622 104
海で泳いだ後は友人の参列用カジュアルドレスを見立てようと、アラモアナSCに移動。ハワイ好きの友人の同僚さんたち(独身男性!)にお勧めレストランを聞いたところ、こちらも素敵だというので高級デパート・ニーマンマーカスに入っているマリポサ(スペイン語で蝶の意)に行ってみました。

2009_0622 105
天井にはおしゃれなシーリングファンがロティサリーロースター(鶏の丸焼きを焼くやつ)みたいにぐるぐる回っていました(笑)。

2009_0622 103
人気の高いレストランだそうですが、お昼時を外した午後3時ごろだったので、テラス席に座ることができました。

2009_0622 090
さてまずはローカルビールを。ダークでなかなか美味しかった~。

2009_0622 088
しばらくするとpop-over breadというパン?がサーブされました。これ、シュー生地のようなパンでして、ストロベリー味のホイップド・バターをつけて食べるそうですが、ビールを飲んでいた私にはいまいちでした。甘いのがねぇ。でもユニークな味わいでした。人気があるらしいのですが、食事には合わないかなあ。

2009_0622 093
デミタスカップでサーブされたコンソメスープは濃厚な味わい!丸ごと鶏を煮出しましたという味がしました。

2009_0622 096
==SEARED AHI NIÇOISE==
Hawaiian tuna, haricot vert, fingerling potatoes, sliced boiled egg,
niçoise olives, and red wine vinaigrette
18.00USD

2009_0622 098
3人でシェアした前菜は、アヒのニース風サラダ。おしゃれなマグロのたたきサラダですな。エディブルフラワーが散らされて、見た目がとってもガーリー。この食べられる花、金木犀のようなオレンジのようなかぐわしい味がしました。

2009_0622 099
==LAKSA SEAFOOD CURRY==
clams, black tiger shrimp, fresh fish, vegetable julienne, and steamed rice
22.00USD
こちら私のチョイス。ハワイまで来てラクサ(マレーシアの国民的食べ物)食べちゃってます(笑)。実は、メニューを眺めてもあまり食指が動くものがなかったというのが本当のところ。バーガーもステーキも前日に食べてしまっているし、かといってあまりパシフィック・リム系の料理って食べたい!という気分にならんのですが、せっかくなのでトライしてみました。
しかしこのお料理は、ラクサではなく、正確にはタイ風シーフードカレーのようなもの。ココナツミルクがこってりしすぎでした。写真には写っていませんが、日本米が平皿にどーんと出されて、ちょっと「?????」となりました。こういうカレーはねっちょりした日本米はとことん合わないのだ。シーフードは美味しかったのですが、残念。

2009_0622 100
==ORECCHIETTE PASTA==
with housemade Italian sausage, roasted eggplant, cherry tomatoes,
broccolini, olive oil garlic sauce, and crumbled goat cheese
18.00USD
こちら友人①のオーダーしたパスタ。自家製イタリアン・ソーセージというのが、ミートボール風でがつん!とした一品。食べても食べてもオレキエッテがなくならない(泣)と言いながら、食べてました。美味しくなくはないけど、とびきり美味しいわけでもない微妙な一皿。

2009_0622 101
==THE MARIPOSA BURGER==
melted cheddar, basil-tarragon aïoli, grilled onions, lettuce, and tomato on a potato roll
14.00USD
こちら友人②がオーダーしたマリポサ・バーガー。この手のお店で14ドルとはお手頃です。無難なバーガーはやっぱり美味しい。アメリカに来たら、やっぱりアメリカンが美味しいと痛感す。
友人①と、バーガーについているポテトをつまみながら「やっぱ芋だね」とうっとり。

Mariposa
Neiman Marcus, Level Three
1450 Ala Moana Blvd.
Honolulu, HI 96814
2009_0622 059
爽やかな朝。ハワイ二日目です。到着初日に夜中までご飯を食べていたので、2日目の待ち合わせ時間は10時と遅めに設定。待ち合わせ場所はKuhio Avenueにあるオハナ・ワイキキ・マリアのIHOP。IHOP(International House of Pancakes)は、その昔日本にもあったパンケーキのファミレスです。学生時代、今回一緒の友人ともよく行って、夜中まであーでもない、こーでもないと話した懐かしの場所です。

2009_0622 061
お店に行くとすでに友人が居たので、早速注文。

2009_0622 060
私はほうれん草とマッシュルームのオムレツ。どどーんとアメリカンなオムレツは、なかなか美味しいんだけど、お皿の淵にほうれん草の灰汁が見えるぐらいで、ちょっとワイルドテイストなんだよな。残念。マッシュルームもフレッシュで、炒め具合が甘い!もう少し火を通してくれないものか・・・と若干思う。ほうれん草の灰汁で歯がギシギシするんだもん。

IkIhYLeDr47sCNBM3603ks3kskXL01.jpg
こちらは友人のオーダーしたカントリー・オムレツ。
オニオン、ハム、ハッシュドポテトが入ったオムレツに、チェダーチーズとサワークリームという高カロリーっぽいオムレツですが、これがまた美味しかったなあ。二人でそれぞれのオムレツを半分ずつにしたので、飽きずにちょうど良かったです。

2009_0622 065
オムレツには有無を言わさずパンケーキが3枚付いてまいります。一枚半は食べたかな。

2009_0622 066
こういうデザート系パンケーキも食べたかなったなあ。残念。

2009_0622 068
IHOPのコーヒーは、Never-empty-coffee potというゴールドに輝く魔法瓶で提供されます。というわけで、好きな時に熱いコーヒーをジャブジャブマグカップに注いで飲めるのです。これは日本のIHOPでもやってたなあ。当時のファミレスではドリンクバーなんてなかったから、学生には嬉しい限りでした。

2009_0622 063
ローカルのミルクカンパニーのハーフ&ハーフを入れて。食後はコーヒーを飲みながら、前日にWal★martで買った絵葉書に、共通の友人に宛ててメッセージを書いたり、本日の予定を立てたり。

2009_0622 072
今日は新たにもう一人日本から到着する予定なので、とりあえずお昼ごろにその子と合流できればいいやね、とざっくりした予定を立ててWaikiki Beach Walkあたりをふらふらすることに。暑い…。

2009_0622 079
日本から到着した友人(とはいってもこの時が初対面)と無事合流した後、とりあえずワイキキ・ビーチで泳ぐことに。時間がないため、ワイキキ・ビーチにしか行けませんでしたが、本気で泳ぎます。しかしサーファーが多くて、泳いでいるとサーフボードに首を刈られそうになる。危険だなぁ~、ワイキキ・ビーチ(笑)。
エネルギーと過剰摂取ぎみのカロリーを消費すべく泳いだ後は、濡れた水着を乾かすべく木陰で風にあたる。シャワーも浴びずに着替えもせずに、そのままアラモアナ・センターへ移動します。

IHOP
2211 Kuhio Avenue
OHANA Waikiki Malia
Honolulu, HI 96815-2834
2009_0622 041
Wolfgang'sではデザートを食べなかったので、チーズケーキ食べちゃうー?!とThe Cheesecake Factoryに行くことに。夜の10時に肉食って、まだ食うンか!とお叱りを受けそうですが、まだ食べます。それも4人で3個のケーキを注文するという体たらく♪

2009_0622 042
まずは定番のストロベリー。

2009_0622 043
死ぬほど甘いダッチアップルパイ・キャラメルチーズケーキとかなんとか。キャラメルソースが、やりすぎ感を加速度的にアップさせます。鼻血が出そう。

2009_0622 044
Devil's Food Cakeだったかなー。これはチーズケーキではなく、チョコレートケーキ。意外とこれが一番コーヒーとマッチして美味しかったかな。

KDwCcYdnUJEolgYR7T03ks3kskXL01.jpg
チーズケーキファクトリーは11時半ごろにラストオーダーらしいのですが、「すぐ食べるから!」と入店させてもらい、一番良いテラス席に案内してもらいました。SFと同じく、ここも早い時間帯はすごく混むみたいですねぇ。夜中に行ったので、チーズケーキを突きつつハイテンションで笑い転げて最高に楽しい夜でした。初対面なのに、昔からの友人のように感じられた友人の同僚さんたちは、やはり友人の同僚なんだなあとしみじみ思いました。社風がいいんだろうな。
1時ごろに店の前で解散。ぷらぷらと一人夜風に吹かれながらホテルまで帰りました。ほぼ貫徹なのですが、フルで遊んで満足!

The Cheesecake Factory
2301 Kalakaua Avenue
Royal Hawaiian Center, 1st Level
Honolulu, Hi 96815
2009_0622 031
あろーは!お久しぶりです。ハワイとはまったく異なる趣の南国へ行っておりました。さて、ハワイの記事の続きです。
初日のディナーは、友人の同僚たちが別口で結婚式出席のためにワイキキにいるということで、4人で一緒に食事に行くことになりました。ハワイ通のお二人(男性)が肉を食べよう!とWolfgang's Steak Houseを予約しておいてくれました。
明日帰国する二人からビーチ用のゴザやガイドブックを受け取り、ゴザを持ったままパリッとしたテーブルクロスが美しいレストランに入店するのはいかがなものか…という状態でしたが、さすがハワイ。あまりウルサイことは言わないのですね。無事に入店できました(笑)。

2009_0622 027
4人いるから色々食べられるね!ということで、アペタイザーに生ガキとロースト・ロブスター、サラダなどを注文。オイスタークラッカーがすごい量で提供されるあたりが、アメリカンダイニング!という感じ。もちろんタバスコも巨大サイズだし、ホースラディッシュもこんもりもり!

2009_0622 032
ハワイでオイスター?美味しいのかな?と若干懐疑的に思っていた私ですが、たぶん空輸しているのでしょうか、大ぶりながらとても美味しいオイスターでした!6個のオイスターは、私と友人が「美味しい!」を連発するので、二個目を食べる権利を譲ってもらい美味しく頂きました。ありがとうございます。

2009_0622 029
ロースト・ロブスターも美味なり。ロブスターって絵になる豪華さがありますなー。

2009_0622 033
ウォルフギャング・サラダというハウスサラダを。しかし凡庸なサラダでいまいち。

2009_0622 034
マンハッタン・クラムチャウダーは、あさりの味わいがじんわり。しかしこのあたりからお腹がいっぱいに…。ビールから白ワインにスイッチ。

2009_0622 035
メインのステーキは、for one, for two, for three, for fourと人数分に合わせてサイズが変わるので、初めは4人だしfor fourにする?と話していたのですが、アペタイザーも食べるし、for twoにしようということに。それでもこの量ですよ。写真からはあまり伝わらないけれど、とにかく凄い量なのだった。
お肉はお皿ごとオーブンで焼かれているのか、テーブルに運ばれてからもしばらく油がぱちぱち爆ぜて、お皿の下に小さい台を置いてお皿が斜めになるようにテーブルにセッティングされます。ちょうどサムギョプサルのように斜めにすることで油がお皿の下部にたまるのですが、そのたまった油をスプーンでお肉に掛けてから、一人ずつサーブしてくれます。

2009_0622 037
付け合わせはスピナッチとマッシュド・ポテト。
お肉はアメリカンな、ジューシーでいて歯ごたえがありとても好みのタイプ。友人は肉らーではないので、芋担当になり、私はガンガン肉を攻めさせていただきました。ほほほ。美味しかったなあ~。でも最後は、一同当分はお肉はいいね・・・という状態に陥るのであります。しかし夜の10時にこのボリュームのステーキ。やばすぎます。

こちらのレストラン、ウェイターたちがとてもフレンドリーで、ワイキキらしいちょっぴり退廃的な?雰囲気の方たちが多くて話していておもしろかったです。世界中をまたにかけてフードビジネスをしていたけれど97年のアジアの経済不況を受けて失業し、タイで一年沈没してた人とか(マレーシアにも2年住んでいたそう!)、ウェイターは仮の姿で実は東京でも個展を開いたことがある写真家のおじいさんとか、話せば話すほど奥の深い人たちでした。
とはいえ、我々もアジアのあちこちに住んでいたりするということで「あんたたちは変わった日本人だね」と言われるのであった。

Wolfgang's Steak House
2301 Kalakaua Avenue
Royal Hawaiian Center, 3rd Level
Honolulu, Hi 96815
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。