FC2ブログ

美味しいもの探訪

食にまつわるあれこれ。今日も美味しく食べてます!ただいま更新休止中。。。

雲呑麺

雲呑麺ドライ。これ、以前ちょろっと書いた「あまり好きではない福建系の雲呑麺」です。
本当に福建系なのかどうか真相はわかりませんが、福建系チャイニーズが多く住む地域ではこんな感じの雲呑麺しか売られていないので勝手に福建系雲呑麺と命名してみました。なんだか麺が太めでごわごわしているのです。定番の青菜や叉焼と一緒にフィッシュケーキ(笹かまぼこ風)や雲呑も大雑把にごそっと混ざったパワフルな雲呑麺。外見からしても良く知られた雲呑麺と大分違いますよね。肝心の味はといえば、やっぱり大雑把な味で、まるで素人がお昼ご飯に自宅で作ったような感じ。KLなどで売られている普通の雲呑麺のほうが断然美味しい、当たり前だけどプロの味がする。

では何故食べたか?
それは、通りがかって立ち昇るカンスイをたっぷり含んだであろう麺を茹でる匂いに惹かれたからなのです。そして立ち止まって作っている様子を覗いてみたら、麺が細く美味しそうに見えたのだ。約2年ぶりに買ってみました。でも実際家に帰ってきて食べてみたら、以前「美味しくないなー」と感じたあのままの味でした。思えば福建系の食べ物って肉骨茶にしても福建麺にしても、素朴でパワフルでお腹さえいっぱいになればいいよな!というノリの労働者の食事、おふくろの豪快料理という雰囲気が強いような気がする。広東系や客家系の食べ物だと、趣向を凝らしたものやお店で食べるからこそ美味しいものが一杯あるのに。(言い換えると家庭では面倒で作らないような食べ物。たとえばヨントウフとか)
とはいいながら、福建系の田舎風がっつり系も結構好きなんだけどね。ちなみに良く福建系チャイニーズに間違われる私。やっぱり田舎っぽいですか。そうですか。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://eateat.blog25.fc2.com/tb.php/137-0e14c235